彼女と別れるときに誠意をもって心を伝える話し方

彼女と別れるときに誠意をもって心を伝える話し方
彼女と別れるのは簡単ではありません、告白するよりもエネルギーが必要です、彼女に対する気遣いも必要です、そして、言いにくいことを言うわけですから勇気や覚悟も必要です。とはいえ、気遣いや勇気は告白するときも必要ですよね。

では、別れ話と告白の最大の違いは何でしょうか。それは告白の先にはバラ色の未来が待っている一方、別れ話では嫌な気持ちになることが確実だということ。

バラ色の未来が待っている場合もありますが、その前には必ず、嫌な・暗い・罪悪感に満ちた気持ちにならなければいけません。

このため、彼女と別れるときは告白するときよりもエネルギーが必要な一方で、モチベーションが全く上がりません。こうなると、人間、ついつい楽な方向に走ってしまいがちですが、彼女と別れるときは安易に楽な道に走るのは×です。

面倒くさかろうが、気が進まなかろうが、きちんと誠意ある方法・態度で彼女に別れを告げましょう。ここでは、彼女と別れるときに誠意をもって心を伝える話し方をお伝えします。

 

彼女と別れるときに誠意をもって
心を伝える話し方

 

別れ話を切り出すときは、直接会って話しましょう。

彼女と別れるとき、面と向かって別れ話を切り出すのは辛い。彼女が別れることを納得してくれず、話がこじれたら面倒くさい。だったらいっそう、LINEやメール、電話で彼女に別れを告げてしまおう、なんてことを考えていませんか?

「面倒くさいから」は論外として、「彼女の悲しむ顔を見るのが辛い」「彼女はプライドが高いから、僕の前で泣いたり取り乱したりしなくないだろう」「あれこれ理由をつけて彼女に別れることを納得させようというのは卑怯だ」なんて理由をつけたとしても、会わずに別れ話を済ませてしまってもよい理由にはなりません。

それは「誠意や優しさ」に見せかけた「卑怯」です。彼女から逃げているだけ、彼女と別れるときは彼女と直接会って、別れを伝えましょう。

 

別れ話を切り出すときは、一対一で話しましょう。

彼女と別れ話をするとき、「まさか」とは思いますが、友人や彼女の女友達の手を借りてはいませんよね。別れ話の場に緩衝材として彼女の女友達を呼ぶ、あるいは彼女が別れ話を拒んだりこじれたりするのを防ぐために自分の友人を連れて行くなんてことは、スムーズな別れ話には効果的ですが、誠意のある別れ方とはいえません。

誠意をもって別れを告げたいのであれば、彼女と一対一で話し合いましょう。カフェや学校内などで切り出すのも×です。周囲の目が気になって、彼女は言いたいことも言えません。

あなたが意図していようとしていまいと(意図的でないなんてことはないと思いますがね)、人目の多い場所での別れ話は彼女の口を塞ぐも同然です。

あなたが言いたいことだけを言って「はいさようなら」は誠意ある別れ方ではありませんよ。あなたからの別れ話に彼女がどのような反応をするにしても、それを受け止める覚悟くらいはしておきましょう。彼女の言動をコントロールしようなんて企みは卑怯以外の何物でもありません。

 

別れに理由はいらない!彼女を責めるくらいなら言葉少なに別れましょう。

彼女に別れを告げるとき、彼女を説得しようと、別れたい理由をご丁寧に一つずつ挙げて説明する人がいます。本人にとっては、彼女に別れることを納得してもらうため、あるいは彼女に「君のせいではない」ということを分かってもらうためにやっていることなのでしょう。

しかし、どのような言葉を選ぼうとも、「彼女と別れる理由=彼女を嫌う理由」です。曰く、「女に見えなくなった」曰く、「君のマイペースな性格に付き合うことができなくなった」「君のわがままを受け入れられるほど度量の広い男じゃないんだ」彼女にとっては、別れを告げられた挙句、自分の欠点・嫌なところを一つずつ挙げられて事細かに説明されるのと同じこと。

説明し終わったとき、別れを告げる側はすっきりするでしょうが、彼女からしたら「どうしてここまで言われなきゃいけないの」という腹立たしさと悲しさでいっぱいになります。

別れ話に多言は無用!ぐだぐだと説明するのは×、「別れたい」の一言で十分です。別れたい理由は彼女から求められたときだけ、口にしてください。

 

別れ話を切り出すとき、無理やり悪者になってはいけません。

別れ話を切り出すとき、「悪いのは全部自分だ」と言って、ことさら自分を悪者に仕立てようとする男性がいます。男性からすれば、「別れる原因が彼女にあるといえば、彼女を余計に傷つけてしまうから、自分が全てを背負ってあげよう」という優しさなのでしょう。

しかし、これは自分に酔っているだけ!彼女の目には誠意ある言動とは見えません。交際しているとき、あなたと彼女は対等な関係だったはずです。

あなたが一方的に彼女を守ったり、あるいは彼女を子供扱いすることはありませんでしたよね。それなのに別れのときだけ、「弱い君を僕が庇ってあげる」というのは、なしですよ。

誠意ある別れ方をしたいのであれば、別れる理由・責任はあなたと彼女で等分に受け持ちましょう。もちろん、浮気や不倫があったのなら、話は別ですが。

 

別れ話に不意打ちは×!事前に用件を伝えておきましょう。

彼女が悲しい思いをする時間をできるだけ短くしてあげたいから、なんて理由をつけて、事前に「別れ話をしたい」ことを告げずに彼女を呼び出すのは誠意ある別れ話とはいえません。

別れ話をするときは、事前にその旨を伝えておきましょう。彼女にだって心の準備はありますし、言いたいこともあるでしょう。

不意打ちの別れ話では、彼女はあなたに何も言い返せないまま、別れることが決まってしまうことになります。あなたにとってはスムーズな別れ話ができて万々歳といえるかもしれませんが、卑怯な手といわざるをえません。

 

いかがでしたか。以上が、彼女と別れるときに誠意をもって心を伝える話し方でした。誠意を示したいのであれば、まずはきちんと会うことが大切です。電話やメールに逃げてはいけません。

また、会う前には今度の用事が「別れ話であること」を伝えましょう。ウキウキデート気分でやってきた彼女に別れをつきつけるのは、誠実なやり方とはいえません。そのうえで、「彼女と別れる」ときには余計な言い訳は不要です。

「好きだけど別れるのがお互いのためだから」なんて言い方もしてはいけません。別れたいのであれば、「君のためだから」なんて見え透いた嘘は言わず、「別れたい」の一言で十分です。

また、ヒーローよろしく責任を全て負うなんてパフォーマンスもやめてくださいね。あなたが格好をつければつけるほど、あなたの誠意は彼女には伝わりませんよ。

 

まとめ

彼女と別れるときに誠意をもって心を伝えるには

・ 別れ話を切り出すときは、直接会って話しましょう。
・ 別れ話を切り出すときは、一対一で話しましょう。
・ 別れに理由はいらない!彼女を責めるくらいなら言葉少なに別れましょう。
・ 別れ話を切り出すとき、無理やり悪者になってはいけません。
・ 別れ話に不意打ちは×!事前に用件を伝えておきましょう。


連記事
別れ 恋愛
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました