好きな人を振り向かせる効果抜群!5つの告白の仕方

好きな人を振り向かせる
片思いをしていると、好きな人を振り向かせるにはどうすれば良いかものすごく悩みますよね。好きな人から気にかけては欲しいけど、その気持ちが強いあまりに不自然な態度になり相手からの印象が悪くなってしまっては意味がありません。

その一方で、ある程度は印象に残らないと“その他大勢”の中に埋もれてしまいます。何もしないで自然に好きな人を振り向かせるなんてことはかなり難しいと言えるでしょう。何らかのアクションを起こさなければいけません。

最も効果的なアクションとしては、やはり告白する事です。ただ、せっかく告白するのであれば、好きな人の心に残る印象的な告白をしたいですね。そこで今回は、好きな人を振り向かせるために効果抜群な告白の仕方をお伝えします。

“当たって砕けろ”は高リスクなので避けましょう

まず、自分のことをどう思っているのかわからない状態で、好きな人を振り向かせるというのは大変です。告白というのは本当に勇気がいりますね。どうせ思い切らなければいけないからと、当たって砕けろという感じで告白する方がいるかもしれませんが、それはオススメできません。

好きな人を振り向かせるためには、告白の前から少しずつ良い関係性を築いておくことが大切です。普段の会話の中でも「そういうトコ、好き」とさり気なく相手の良いところを褒めたり、相手の意見に同意したりして気楽に話せる良い友人という間柄になれれば理想的でしょう。

特に親しくない状況でいきなり告白したとして、確かにインパクトはあるかもしれなせんが、それは好きな人を振り向かせるというよりは、困惑させてしまいます。友人として良い関係を築くところから始めましょう。

 

メールやLINEに頼らず自分の言葉で伝えましょう

老若男女がいつも携帯電話を持ち歩き、メールやLINEなどのSNSが生活に浸透している現代ですが、それでも好きな人を振り向かせるには自分の口で告白することが大切です。顔の見えない文章とは気持ちの伝わり方が違いますね。

オーソドックスですが、好きな人を振り向かせる告白としてはやはり効果的です。SNSなどの発達によってリアルタイムの文字によるコミュニケーションが生活に定着している今の時代だからこそ、面と向かって直接伝える方ことにちょっとした特別感もあるのでしょう。

好きな人を目の前にすると緊張して上手く伝えられないかもしれないと心配になる方がいるかもしれませんが、そうした普段は見せないような姿が、言葉以上に気持ちを伝えるものなのです。

 

丁寧な言葉を使って真剣な気持ちを伝えましょう

好きな人を振り向かせる効果的な告白の工夫として、1つは丁寧な言葉を使うということが挙げられます。綺麗な言葉づかいで話されることが嫌な人ってあまりいませんよね。特に、普段は気さくでちょっと砕けたような話し方をする人が、あらたまった感じで話をするとちょっとドキッとしてしまいませんか?

丁寧な言葉で伝えることで、真剣な気持ちもより伝わるはずです。また、好きな相手を目の前にして緊張のあまり上手く話せないという場合でも、例えば、敬語で話すと意外にちゃんと言葉が出てくることもありますよ。ただ、いくら丁寧な言葉づかいでもよそよそしくならないように注意が必要です。

また、いわゆる“猫をかぶる”ような感じにはしないでくださいね。自分らしい言葉で自然に思いを伝えるのも良いですが、好きな人を振り向かせるには良い意味で印象を残すために、より真剣さや誠実さがより伝わる言葉や話しかたで告白しましょう。

 

日付や雰囲気など告白に適したタイミングをはかりましょう

先ほどもお伝えしましたが、好きな人を振り向かせるには告白した際に相手の印象に残らなければなりません。思いを伝えても心に残らなければ意味がありませんよね。なるべく相手の印象に残る告白をするために、シチュエーションやタイミングにも気を配りましょう。

例えば、夕方から夜にかけての時間が、告白が成功しやすい時間帯だと言われていますし、相手の誕生日やバレンタインなど何か意味のある日を選ぶのも良いかもしれません。また、イルミネーションなどの普段とは違う雰囲気に手伝ってもらって特別感を演出するのも一つの方法です。

ただ、この普段とは違うという演出は過度にならないように注意してください。恐怖を強く感じる場面や困難な状況で出会った相手に恋愛感情を持ちやすくなる“吊り橋効果”というものがありますが、これは、後に冷静になると急に気持ちが冷めてしまうことがあるからです。ちょっと背中を押してもらうくらいの雰囲気づくりが良いですね。

 

告白したら早急な返事を求めないようにしましょう

さて、無事に告白することができたら、すぐに返事を求めるのではなくしばらく様子をみてください。好きな人を振り向かせるためには、押すだけではなく引くことも大切ということですね。相手に悩んでもらう時間を設けるのです。

答えを待っている間はドキドキして気が気ではないかもしれませんが、しばらくはグッとこらえてください。相手が真剣に悩んでくれているとすれば、返事を急かすようなことをしてしまうとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

もちろん、いつまでも返事をしてもらえないのは、告白をした側としてはとても辛いので期限を決めておくのが良いでしょう。

 

以上、好きな人を振り向かせるために効果抜群な告白の仕方を5つお伝えしました。告白するということは勇気がとても必要ですよね。それも、相手が自分のことをどれくらい意識してくれているのか確信が持てない状態であれば尚更です。

それでも、好きな人を振り向かせることを望んで告白することを選んだのですから、その前向きな行動力に対しては自信を持ちましょう。また、告白の方法の中でもいくつかお伝えしていますが、好きな人を振り向かせるためには決して性急になってはいけません。

好きな人が自分のことを意識していないだけならまだしも、他の女性が気になっている可能性だってあるのです。それを踏まえて長期戦の覚悟も持ってください。そして、今回お伝えした方法を参考にして、好きな相手の印象に残る自分らしい告白をしてくださいね。

まとめ

好きな人を振り向かせるには

・ “当たって砕けろ”は高リスクなので避けましょう
・ メールやLINEに頼らず自分の言葉で伝えましょう
・ 丁寧な言葉を使って真剣な気持ちを伝えましょう
・ 日付や雰囲気など告白に適したタイミングをはかりましょう
・ 告白したら早急な返事を求めないようにしましょう


連記事
タイトルとURLをコピーしました