嫉妬深い男の心理を知って、トラブルを防止する5つのコツ

嫉妬深い男の心理を知って、トラブルを防止する5つのコツ
いくら好きな彼氏でも、彼氏が嫉妬深い男だと困りますよね。彼氏が嫉妬深い男だと、他の男と挨拶を交わしただけで嫉妬されるし、してもいない浮気を疑われる、しかも嫉妬深いことを本人は愛情の大きさだと勘違いしているのだから手に負えません。

嫉妬すればするほど、本人は恋人のことを愛したり心配しているつもりなのです。もちろん、嫉妬は愛情の裏返しなのですから、彼氏の嫉妬をうれしく思ったり、そこに彼氏の愛情を感じることもあるでしょう。

彼氏に嫉妬されること自体は嫌いではないという方もいるかもしれません。しかし嫉妬深いゆえにトラブルが起きると、少し困りますよね。ということで、今回は嫉妬深い男の心理を知ってトラブル防止するコツをお伝えします。

嫉妬は愛されている自信がないから!「愛している」と伝えること

嫉妬深い男は自分が彼女から「愛されている」という自信がないことが多いです。愛されている自信がないから彼女が自分のもとから去っていくのではと不安になったり、彼女の興味が自分以外の男に向くと嫉妬してしまうのですね。

愛されている自信がないために嫉妬する彼氏には「愛しているよ」と伝えてあげましょう。1度では信じてくれなくても、毎日繰り返し伝えれば彼氏もあなたの愛情を信じられるようになります。嫉妬も徐々におさまるでしょう。

 

嫉妬は自分に自信がないから!ほめて伸ばすこと

嫉妬深い男は彼女の愛情だけでなく、自分自身に対しても自信がないことが多いです。自分に自信がない、自分が彼女にふさわしい男だと思えないから、他の男性に嫉妬したり彼女に愛されなくなる不安におびえてしまうのですね。

自分以外の男性を敵視するあまりに、トラブルを起こしてしまうこともあります。その結果、「つまらないことでトラブルを起こしてしまった」「彼女の前で失態をおかした」「もう愛想を尽かされたに違いない」といって、ますます自分に自信がなくなってしまうという悪循環に陥ることも。

彼氏が自分に自信を持てずにいるのなら、あなたが彼氏の長所やすばらしいところを彼氏に教えてあげましょう。

あなたが好きになった男性なのですから、あなたの目には彼氏のよいところが見えているはずですよね。あなたが見つけた彼氏のよいところを彼氏に教えてあげる、そしてよいところをほめてさらに伸ばしてあげることで、彼氏は自分に自信を持つことができます。

 

嫉妬は疎外感のあらわれ!彼氏を仲間はずれにしないこと

あなたが自分の家族や友達とあまりに楽しそうにしている、自分はその輪の中に入っていけないし、話にもついていけないというとき、彼氏は疎外感や寂しさから嫉妬深くなります。

「自分が恋人にとって一番大切な存在のはずなのに」という気持ちや「恋人の隣という自分の居場所を他の人にとられた」という気持ちがつのると、嫉妬だけでなくあなたの周囲の人に攻撃してしまうことも!また、電話を邪魔するなどしてあなたを家族や友達から切り離そうとすることもあります。

彼氏が嫉妬深い男になったときには、彼氏の嫉妬に憤るだけでなく、自分が彼氏との時間を大切にしてきたか、もう一度振り返ってみましょう。そういえば最近彼氏と一緒に過ごす時間が減っていた、デートの約束を断ってばかりいたというときには、彼氏との時間を大切にしてみてください。

 

嫉妬は支配欲のあらわれ!適切な距離を保つこと

彼氏が嫉妬する裏には「恋人を支配したい」という支配欲が潜んでいることがあります。恋人を自分のものという意識があるから、恋人が自分以外の男と話していたり自分の知らないところで楽しむことが許せなくなるのですね。

このとき、嫉妬深い彼氏の機嫌をとろうとしたり彼氏の言いなりになると、彼氏の支配欲はますます強くなります。そのうち、あなたが友達と遊んだり自宅に帰ることすら嫌がるようになるかもしれません。あなたの友達や家族と彼氏の間でトラブルが起きることもあるかもしれません。

彼氏の嫉妬が支配欲ゆえのものであるのなら、「恋人は自分のもの」という彼氏の考えを、それは誤っている・勘違いだと思い知らせる必要があります。

彼氏との距離をこれ以上縮めず適切な距離を保つこと、あなたのプライベートに彼氏を踏み込ませないこと、必要であるならしばらく会わないことも検討した方がよいです。

 

嫉妬は焦りのあらわれ!二人の将来を話し合うこと

先の見えない恋愛や将来に対する焦りが嫉妬としてあらわれていることがあります。また二人の現状に「このままでいいのか」「そのうちだめになってしまうのではないか」と不安を覚えていることもあります。

彼氏が嫉妬深い男になったときはこれまでの付き合い方を見直すチャンス!二人の将来について話し合ってみましょう。

二人の新しい将来や目標を見つけることができたら、彼氏はあなたの愛情やあなたとの関係に安心感を持つことができますし、過去の楽しかった時期ではなく明るい将来に目を向けることができます。嫉妬で喧嘩するよりは、二人の将来を考えたり話し合う方がずっと楽しいですよ。

 

以上が嫉妬深い男の心理を知ってトラブルを防止するコツでした。嫉妬深い男は恋人の愛情や自分自身に自信を持てないことが多いです。「愛している」と伝えてあげること、彼氏のよいところを教えてあげることで彼氏の嫉妬を小さくしていくことができますよ。

彼氏は疎外感から嫉妬深くなっているのかもしれません。彼氏を仲間はずれにしたりお留守番ばかりさせていては嫉妬は深まるばかり!彼氏との約束を優先してみてください。彼氏の嫉妬が支配欲のあらわれだとしたらこれ以上彼氏との距離を縮めることは危険です。

適切な距離を守ること!彼氏の支配欲が強くならないようにします。彼氏が嫉妬深い男になったときは二人の関係や将来を見つめなおすチャンスです。二人の将来を話し合ってみましょう。

まとめ

嫉妬深い男の心理を知って、トラブルを防止するためには

・ 嫉妬は愛されている自信がないから!「愛している」と伝えること
・ 嫉妬は自分に自信がないから!ほめて伸ばすこと
・ 嫉妬は疎外感のあらわれ!彼氏を仲間はずれにしないこと
・ 嫉妬は支配欲のあらわれ!適切な距離を保つこと
・ 嫉妬は焦りのあらわれ!二人の将来を話し合うこと


連記事
タイトルとURLをコピーしました