説明が下手な人の特徴を知って自分のスキルを上げるコツ

説明が下手な人の特徴を知って自分のスキルを上げるコツ
説明が下手な人の特徴を理解して、自分の説明の仕方に活かすと人間関係もさらにスムーズになりそうですよね。頭でわかっていても、それを他人に説明するのは簡単ではありません。

なかには人に十分伝わっているはずだと誤解している人もいますので、コミュニケーション不足の原因にならように自分のスキルは正しく理解しておきましょう。皆さんは説明が下手な人の特徴といったらどんなタイプを思い出しますか。きっと自分の周りに一人は必ずこのタイプの人がいると思います。

しかし油断してはいけないのは人を厳しく指摘する前に、自分のスキルが十分かどうか。説明が下手な人の特徴を知り改善すべき点を発見してみましょう。そこで本日は、どうしてもうまくできない説明が下手な人の特徴を理解して、スキルアップするポイントをお伝えします。

絶対に外せない箇所をまとめよう

説明が下手な人の特徴は自分が理解していることを、すべて相手に伝えようとして要点がわからなくなってしまうことですよね。説明不足で後からクレームがつかないように必死になるのはわかりますが、相手に伝えるべきことは自分の頭のなかに入っている情報すべてではありません。

そのなかから何が大切なのか、もっとも重要な点やぜったいにはずせないことを優先して説明しましょう。説明が下手な人の特徴は周囲からの評価を気にしやすい共通点があります。

もっと素直になり聞き役になって客観的な説明スキルを習得しましょう。話の基礎となる「どこで・いつ・誰が・どうやって・なぜ」を土台にする点が大切です。

 

相手が理解しやすいスピードで説明しよう

説明が下手な人の特徴は、人前で緊張しやすい性格の人が多いですよね。自分ではわかっているけど、誰かに話そうとすると緊張して思わず早口になってしまうのです。聞いているほうはあまりのスピードなので、一か所聞き漏れしてしまうとそのあともすべて理解できないまま。

説明するのは自分の満足度よりも相手が満足して理解することがなによりも大切です。早口では話のどの部分が重要なのか、もしくは不要なのか判断もしかねてしまいます。ゆっくりしたスピードで、説明を受ける人の年齢なども考慮してあげるとよいでしょう。

 

誰でもわかる簡単な言葉使いを意識しよう

いくら頭がよくて理解力がずば抜ている人でも、いざほかの人に説明するとなるとうまくいかない場面がよくありますよね。プライドが高い人も同様に自分の都合良く物事を理解していますので、相手のレベルで話ができない場合があるのです。

例えば難しい単語を並べて説明してしまう人、流行語を使って説明する人など。言葉使いは相手の理解力を高めるためにも重要な要素になりますので、簡単な単語やわかりやすい表現力を意識しましょう。

そしてだらだらと長文が続く説明方法も、相手が飽きてしまう要因です。短文で完結にポイントを抑えるとさらにわかりやすくなります。

 

わからない部分は質問してもらう

説明が下手な人の特徴は、説明が終わるとそれで自分の役目が終わりホッとしてしまうことですよね。相手がどの程度理解してくれたか、必要なことが伝わったかどうかよりも、自分の仕事が終わり安心してしまいます。

人になにかを伝えるときは、説明して終わりでなく確認してあげるのも大切なポイントです。相手が理解しきれいない部分、または説明不足な部分がないかどうか、説明後必ず質問を受けるようにしてください。

理解力は皆さん違いますので、それぞれに合わせて説明するのは大変です。でも最後に確認作業として質問のやりとりをすれば、確実に相手も納得できるでしょう。

 

結論を先に話して説明をプラスしよう

説明が下手な人の特徴はどこが話の結論なのか、明確でない点ですよね。長い説明を聞いて、「一体何が言いたかったの?」という不完全燃焼の場面があります。説明が得意でない人は相手の興味を引くためにも、最初に結論から説明しましょう。

文章は頭のなかで組み立てながら話をするのは大変で、結論にたどり着く前に話がそれてしまう場合がよくあります。話の流れをつかむ自信がない時は、結論や重要ポイントを先に伝達して、それにプラスするように説明をしていくとよいでしょう。

 

さて、説明が下手な人の特徴はコミュニケーションのスキルが低くなり、いつしかそれがコンプレックスになっていますよね。話上手は聞き上手といわれるように、説明が下手な人は上手な人のスキルを真似してみるのもよいでしょう。

仕事のプレゼンなどをはじめ、何かを「説明」するのは友達や家族などあらゆる人が対象になります。人間関係をより良くするためにも、伝達力をアップする点はとても大切といえるでしょう。まず失敗しないためには自分の理解力を高め、正確に情報を把握してから説明してください。

苦手や得意に関係なく、私たちは生活のあらゆる場面で説明を求められる瞬間があります。そんなときに相手にすんなり理解してもらえるように、自分のスキルを磨いてください。

まとめ

説明が下手な人の特徴を知りスキルアップするには

・ 絶対に外せない箇所をまとめよう
・ 相手が理解しやすいスピードで説明しよう
・ 誰でもわかる簡単な言葉使いを意識しよう
・ わからない部分は質問してもらう
・ 結論を先に話して説明をプラスしよう


連記事