シンプルに暮らす事で幸福度を高める、日常生活改革術

シンプルに暮らす事で幸福度を高める、日常生活改革術

シンプルに暮らすとは、質素で貧しい生活をすることではありません。むしろ、シンプルに暮らすことで、日々の生活はより豊かに、幸福に満ちたものになります。現代は物が溢れている時代ですよね。

一昔前ならいざ知らず、大抵のものであれば大した労力をせずとも手に入る時代に生まれ育った私たちが、物質的な豊かさで幸せを感じるなどどだい無理な話です。

人間関係においても同じこと、仲間や恋人といつでも連絡をとりあえる・見ず知らずの相手とでも簡単に友達になれる時代では、友達の多さが幸せの指標となることはありません。

むしろ、溢れたもの・張りめぐされた人間関係に私たちは息苦しさすら感じてしまいます。シンプルに暮らす事を始めてみませんか?ここでは、シンプルに暮らす事で幸福度を高める日常生活改革術をお伝えします。

 

シンプルに暮らす事で幸福度を高める、
日常生活改革術

 

不要なもの・余計なものは手放しましょう。

シンプルに暮らすために必要なものは多くはありません。今の自分に不要なもの・持ってはいるけれど実際は使っていないものは手放しましょう。

ものを手放した結果、部屋にできた余白はそのままあなたの心のゆとりを表します。心のゆとりはあなたの生活の幸福度を高めてくれます。

持ち物が少なければ少ないほど幸せになれるというものではありませんが、両手いっぱいに抱えた荷物の重みで息が切れてしまいそうなときには、ちょっと荷物を下ろして「余計なものがないかしら」と見てみるとよいですよ。「全部、必要なもの」と思っていても、知らず知らずのうちに不要なものが増えているものです。

 

見栄やプライドは捨てましょう。

シンプルに暮らすときに不要なものは、「人と比べてあれこれと思い悩むこと」です。幸せな生活に他人の評価は必要ありません。

周囲に「羨ましいな」と思われる必要はないのです。周囲に羨ましいと思われたい、そんな見栄やプライドはシンプルに暮らすためには一切必要ありません、捨ててください。

見栄を捨てた結果、宝石や高価な服は必要なくなりますよね。見栄を張るために使ってきた労力やお金は、これからはシンプルに幸せに暮らすために使ってくださいね。

 

先のことをあれこれと思い悩む必要はありません。

聖書にこんな一節があります。「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる」必要なものは全て与えられるのだから、明日のことで思い悩むな、という意味です。

持ち物が増えてしまうのは、将来のことを考えてしまうからですよね。「働けなくなったら、お金がなくなったら、災害にあったら」心配をしては、せっせとため込んでしまいます。

しかし、必要なものはその都度与えられるものです。最低限の備えは大切ですが、先のことを思い悩み、あれもこれもとため込んでいては、肝心の現在の生活の質が落ちてしまいます。

シンプルに暮らすとは、今日一日の営みに満足するということ、先々のことに思い悩むばかりでは幸福になることはできませんよ。

 

思い出は心の中に、物への執着を捨てましょう。

思い出の品、一つや二つなら、ふとしたときに手に取って思い出を懐かしむこともできるでしょう。しかし、あまりに多くの思い出はあなたの重荷となってあなた自身を雁字搦めにします。

シンプルに暮らすとき、あまりに多くの思い出の品は不要です。あなたを幸せな気持ちにしてくれる思い出の品だけを残し、残りは捨てましょう。思い出は心の中に、物への執着は捨てるのです。

思い出の品がなくなったとき、気持ちがすっと楽になるでしょう。そして、思い出に縛られることがなくなったあなたはかつてないほど前向きな気持ちになれるはずです。

 

今あるもので満足しましょう。

シンプルに暮らすうえで最も大切なことは、「今あるもので満足すること」です。物にしろ、友達や恋人にしろ、または仕事でもそう、あれもこれもと手を出すとすぐに元の木阿弥、あなたの周りに不要なものが積み重なり幸せになろうとするあなたの足を引っ張ります。

シンプルに暮らすべく、一度不要なものを捨てたのであれば、今度はもうものを増やしてはいけません。今あるもので満足しましょう。

不要なものを抱え込んで頭を悩ますことがなくなります。また、満足するということは、すなわち「不足していないということ」、満ち足りていない飢餓感からも解放され幸福な毎日を送ることができますよ。

 

いかがでしたか。

以上が、シンプルに暮らす事で幸福度を高める日常生活改革術でした。上記の通り、まずは不要なものを捨てましょう。人間関係も同様、腐れ縁はきっぱり切り捨てます。

不要なものがあふれかえり息がつまりそうだった部屋がすっきり片付けば、風通しもよくなり楽な気持ちになりますよ。不要なものを捨てたら、今度は再び増やさないことが大切です。も

のが溢れ、瞬時に人とつながることができる現代社会、油断すればすぐにものは増え、いらぬ人間関係が構築されてしまいます、気を付けてくださいね。

また、シンプルに暮らすためには、見栄やプライド、先への不安にとらわれてはいけません。シンプルに暮らすとは、「今あるもので満足する」ということ。今あるもので満足することで、幸福になることができますよ。ぜひ、シンプルな暮らしを実践してみてください。

 

まとめ

シンプルに暮らして幸福度を高めるには

・ 不要なもの・余計なものは手放しましょう。
・ 見栄やプライドは捨てましょう。
・ 先のことをあれこれと思い悩む必要はありません。
・ 思い出は心の中に、物への執着を捨てましょう。
・ 今あるもので満足しましょう。


連記事