洞察力を鍛えて仕事の人間関係をうまく維持する5つの方法

洞察力を鍛えて仕事の人間関係をうまく維持する5つの方法
洞察力は仕事を進めるうえでとても大切ですが、同時に職場や得意先など仕事の場面で、人間関係にも重要な要素がある物ですよね。洞察力は個人差がありますので、鋭く見抜けない人はあらゆる場面で損をしているときもあります。

そもそも洞察力とは物事を見極める、または推測する能力のことでちょっと特殊なスキルのようなイメージがあります。しかしちょっとしたコツにより誰でも洞察力を磨くことは可能で、毎日の仕事をさらにスムーズにできるのです。

では一体なにから始めたらよいのだろう、と難しく考えてしまう方もいるかもしれません。そこで今日は、洞察力を磨き鍛える為に必要な5つの方法と、仕事で人間関係をスムーズにするポイントについてお伝えします。

 

洞察力を鍛えて仕事の人間関係を
うまく維持する5つの方法

 

洞察力が仕事に必要な理由を理解しましょう

洞察力は仕事に関係があるのか、なんとなくピンとこない人も多いですよね。そこで洞察力を鍛える前に、なぜ必要なのか理由をしっかり把握しておきましょう。

洞察力とは物事の特徴や性質、そしてトラブル原因の見極めを行う能力のことですが、近年ではビジネスに必要なスキルとして注目を集めています。

洞察するということはその場の雰囲気や問題が起こる流れを察知できるため、仕事をスムーズに進める為に大切です。同様にストレスになりやすい職場の人間関係をスムーズにする為にも観察する力を養い、快適に仕事ができる環境作りにメリットになるのです。

 

日常を観察して相手の情報を収集しましょう

洞察力がまったくない、と諦めている人もいますよね。しかしこのスキルは磨きをかければ誰でも発揮できるものなので、まずは自分の周囲に意識をはらうことからはじめましょう。

洞察力を高めるヒントはごく普通の日常生活に隠されています。例えば気になる人の関係やビジネスで大切なつながりを持つ相手とうまく付き合うためには、いかに相手の情報を多くゲットするかがコツになります。

そのためにも日常生活で発見できる些細なクセや趣味、行動パターンなど細かい情報こそが大切になります。洞察力が欠けている人はトラブルにも巻き込まれやすいため、日ごろからアンテナを張り続けないといけません。

 

その場の空気を察知しましょう

どんな職場でもそうですが、人間関係が基盤となりますので一人だけ孤立してしまうと仕事もうまく進みませんよね。また仕事環境はプライベートの時間とは異なりますので、その場の雰囲気に合わせた行動や対処が求められています。

人によっては空気が読めないタイプがいますが、これでは人間関係をうまく築くことも難しくなります。洞察力を鍛えるには自分の置かれた雰囲気や状況を瞬時に判断し、適切な行動がとれるように意識してください。

ここで必要になるのが観察力。ぼーっとしている人よりも常に周囲に気を配り、状況を把握できる人のほうがトラブル回避がしやすいのです。

 

洞察力を使いトラブル回避しましょう

洞察力を鍛えると相手の気持ちもすぐにわかるようになり、人間関係にはとてもメリットになりますよね。仕事は楽しいけれど人間関係がうまくいかない、という環境に置かれている人もいると思いますが、相手の言葉の先に何があるか、または本心はなにか、すぐに読み取れないと仕事上にも問題が出てしまいます。

例えば急ぎの仕事を頼まれても、相手は気を使って「無理をしないでいいよ」と言ってくれるかもしれません。しかしここで洞察力がある人ならば状況を判断して、急いで仕事をする先回りができるのです。洞察力は自分の立場が悪くなる状況を避ける目的もありますのでうまく活用してください。

 

思い込みをなくし推測しましょう

思い込みがあるとどうしても思考パターンが一定になりますよね。ネガティブな人、のんきな人など色々な性格がいますので洞察力を鍛えるには、まず自分の思い込みをなくすことから始めてください。

洞察力は物事を湾曲させずに見る能力が必要になりますので、変なこだわりや思い込みがある人だとどうしても偏った判断しかできない傾向があります。

それを回避するためには、状況を判断する時に必ず考え直してみましょう。外が暑そうに見える、という状況は自分の思い込みで実際は涼しいかもしれません。判断する時は必ず裏付けをとり正確に見極める力を養う点が重要です。

 

いかがでしたか。洞察力を鍛えたら仕事もうまく進み、さらに苦手な人とも上手に付き合えるようになります。仕事をする上で人間関係はとても大切な要素なので、少しでも好感を持たれる人になる点も重要ですよね。

洞察力を1日で鍛えるのは難しいことですが、毎日の生活の中で今まで気が付かなった物事に興味を持ってみましょう。ふと見落としていたものに大切なコツが隠されています。

仕事中にカッとなるとき、イライラして集中できない場合もありますが、こんな時こそ洞察力を使い自分の置かれた状況を冷静に判断することで、感情のコントールもできるようになります。

仕事の成績を伸ばしたい、もっと好かれる人になりたいと思った時は周囲で起きていることに人一倍敏感になってください。

まとめ

洞察力を鍛えて仕事の人間関係をうまくするには

・ 洞察力が仕事に必要な理由を理解しましょう
・ 日常を観察して相手の情報を収集しましょう
・ その場の空気を察知しましょう
・ 洞察力を使いトラブル回避しましょう
・ 思い込みをなくし推測しましょう


連記事