洞察力を高める練習で、仕事の業績を3倍にする5つの方法

洞察力を高める練習で、仕事の業績を3倍にする5つの方法

洞察力とは、人や物事、問題点の本質を見抜く力、目には見えない部分を的確に捉え理解する力と言われていますよね。

洞察力に優れた人は、仕事はもちろん、人付き合いが上手だったりするので、周囲からの人望が厚く信頼される人が多いと言われています。誰しも、「自分にもそんな洞察力があれば、仕事でもっといい業績を出せるのになあ」と思うでしょう。

洞察力が優れている職業といえば、刑事やカウンセラー、経営者など、より多くの人と日常的に接している特殊な人ばかりたちで、自分には到底真似できそうにないように思えますが、実はちょっとしたコツと練習で洞察力を鍛えることが可能なんです。そこで今回は、洞察力を高め、仕事の業績をアップさせる方法をお伝えします。

 

洞察力を高める練習で、
仕事の業績を3倍にする5つの方法

 

人や物事を「観察」する癖をつけ、洞察力を高めよう

洞察力に対して、観察力は一般的には真逆のスキルとされており、見えないものを見抜くのが洞察力、表面的な現象を見るのが観察力と言われていますよね。ですが、観察力も洞察力の一部であると考えると、洞察力を向上させることができるでしょう。

まずは日常的に自分の周囲をよく観察して、人の持ち物、動きの癖、言葉遣い、コミュニケーションの取り方、物の扱い方など表面的な情報を得る練習をすることで、洞察力を底上げしていくことを怠ってはいけません。仕事の業績をアップさせるためには、「観察すること」を理解し、洞察力とどう違うかを体感することが重要なのです。

 

洞察力を高めるために思い込みを捨て、身体と頭を柔らかくしよう

洞察力とは物事の本質を捉える力ですが、思い込み、固定観念やにとらわれない柔軟な身体性と思考力が必要不可欠ですよね。

頭脳と身体も相反するような言葉に見えますが、頭脳も結局は身体の一部であることを忘れてはいけません。毎日軽い運動やストレッチを行いコンディションを整え、余計な緊張をほぐしましょう。

もともと身体が硬いという人は、意識して深呼吸をしたり、1日のうち5分間程度の瞑想する時間を設けてみてください。しなやかな発想から生まれる洞察力は、普段の仕事にも柔軟性をもたらすでしょう。

 

人の行動や出来事の結果を逆算して原因とその心理を想像しよう

洞察力を高めるには、人の行動や様々な出来事の結果から逆算する癖をつけましょう。その原因をつきとめ、人の心理に想像力を働かせることで、人や出来事の本質を見出せるようになり、仕事上での失敗から効果的な対応策や、新しいアイディアが生まれるかもしれません。

外的な情報から逆算していくことは、本質に迫ることでもあります。顧客や上司、部下の意見や声から、その奥にある本当の欲求を逆算にして導き出せるようになると、より良い商品やサービスを生み出せるようになり、仕事の業績アップにもつながっていくでしょう。

 

人や出来事を様々な角度で、視点を変えて見てみよう

洞察力を鍛えるには、人や出来事、物事に対して、常にいろんな角度から考える癖を付けましょう。洞察力とは見えない部分を見る力なので、常に隠れている部分を意識することが大切ですよね。

都合の良い、口当たりの良い言葉を並べている人がそのとおりに行動しているとは限りません。洞察力とは物事の本質を立体的にとらえる力でもあります。

相手や物事の本質の正体を把握することが出来れば、どんな仕事を振られても余裕を持って対応することができ、周囲からの信頼を得ることにもつながるでしょう。

 

洞察した本質に対して臨機応変に対応できる精神的余裕を身につけよう

洞察力は物事の本質を立体的にとらえることができると説明しましたが、どんなに大きな問題が降りかかっても、精神的な余裕を持って対応できなければ意味がありませんよね。

仕事で発生する問題には、誰かの意図、お金、感情、モノ、会社の付き合い、本音、タテマエなど様々な情報が入り組んでいることが多いですが、それらを総合的に見た時、どこで糸がもつれているかを探っていきます。

自分の立場を考慮しつつ、自分がどう動けば最善の結果に繋がるかも含めて洞察することができれば、あなたは職場で必要不可欠な人材になれるでしょう。

 

いかがでしたか。

洞察力を鍛えるには、「受け取る力」つまり「感受性」を磨くことです。一見すると、感性がみずみずしい若い人のほうが優れているようにも感じますが、若者の直感だけではそれが正しいことなのかわかりづらいですよね。

このような直感を補助、修正するためには経験から得た知識、普段の観察から得た情報が頼りになります。経験と直感を土台とした確かな感受性が洞察力を高めることになるでしょう。

また、洞察力を高めると、今まで見えていなかった情報に気づくことができるので、自分では当たり前であると思っていることも、実は誰も気づいていなかったことかもしれません。

最終的に、自分自身も含め洞察することができれば、誰も思いつきもしないサービスや商品の開発、新しい発見や制度、しくみを構築していくことも夢ではなくなるでしょう。

 

まとめ

洞察力を高めるための練習とは

・ 人や物事を「観察」する癖をつけ、洞察力を高めよう
・ 洞察力を高めるために思い込みを捨て、身体と頭を柔らかくしよう
・ 人の行動や出来事の結果を逆算して原因とその心理を想像しよう
・ 人や出来事を様々な角度で、視点を変えて見てみよう
・ 洞察した本質に対して臨機応変に対応できる精神的余裕を身につけよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました