顔が赤くなる悩みを軽減する、シンプルな対人関係のつくり方

顔が赤くなる悩みを軽減する、シンプルな対人関係のつくり方
顔が赤くなる悩みを抱えていると、新しい友達を作ったり他人とコミュニケーションをとることに臆病になってしまいますよね。

友達は多いほどよいなんて神話を信じている方は今ではそう多くはないでしょうが、顔が赤くなる悩みを抱えている方の多くはとても真面目な性格の持ち主、友達を作ったり人前で話すのが苦手なくせに「苦手だからと逃げてはだめ」「人並にこなさなきゃ」と、まるで自分に試練を与えるがごとく苦手を克服しようと努力します。

その結果、顔はますます赤くなり、悩みはますます深まります。顔が赤くなるといって悩んでいる方、あえて自分に試練を与える必要はありません。

もっと肩の力を抜いて、楽に他人と向き合ってみてください。ここでは、顔が赤くなる悩みを軽減するシンプルな対人関係のつくり方をお伝えします。

 

顔が赤くなる悩みを軽減する、
シンプルな対人関係のつくり方

 

会いたくない人には会わないこと

「この人、苦手だ」「この人の前に立つと、顔が赤くなる」など、特定の人に対して苦手意識を持っているときには、その人に会わないようにしましょう。

苦手を克服するぞ!と無理して、顔を合わせたり関係を保つ必要はありません。対人関係とは、とかく冷たく生きにくい社会や世間の中で自分にとって居心地のいい場所を作るための一つの手段ですよね。

対人関係の中にまで苦手や嫌いな人・ものを持ち込む必要はなし!自分にとって居心地のいい人・話していてリラックスできる人だけを選んでシンプルな対人関係を作っていきましょう。

 

顔が赤くなることを気にしないこと

顔が赤くなる、いわゆる赤面症は、気にすればするほどひどくなります。他人の前で顔が赤くなることを悩んでいる方、顔が赤くなることを気にしないようにしましょう。

と、言葉で言うのは簡単ですが、気になるものを気にしないようにすることほど難しいことはありません。ですので、ここではあえて、気にしていることを打ち明けるのが得策!

友達に「顔が赤くなることを悩んでいるの」と悩みを打ち明けましょう。悩みを打ち明けることで、顔が赤くなる自分を自分自身で受け入れることができますし、それ以降友達の前で顔が赤くなっても取り繕う必要がなくなります。弱みはあえて晒す、それが弱みを弱みにしない一番の得策ですよ。

 

顔が赤くなって何が悪い!と開き直ること

次は「顔が赤くなることを気にしない」からもう一歩進んで「顔が赤くなって何が悪い!」と開き直ってみましょう。顔が赤くなることを悩んでいる方、あなたは友達の前や職場でクールなキャラクター、物事に動じないキャラクターを演じていませんか。

そのキャラクター、今のあなたには合っていません。ガラでないキャラクターを演じるがために顔が赤くなる自分が許せないのです。

素の自分で友達や同僚と向き合ってみましょう。顔が赤くなる自分や上がり症で他人の前では挙動不審になる自分、素に近い自分を友達や同僚に見せることで、顔が赤いことで悩む必要がなくなります。

「顔が赤くなって何が悪い!」と開き直ることで、顔が赤くなるというだけで他人に対して劣等感を抱いてきた自分を捨てることができます。

顔は赤くなるけれどだからといって他人と比べて何が劣っているわけではないと考えることができるようになるので、顔が赤くなるという悩みが悩みではなくなりますよ。

 

人前で話すのは苦手と公言しておくこと

一対一で話すのは何でもないのに、人前で話すとなると途端に顔が赤くなるというタイプの赤面症もいます。人前で話すのが苦手なら、それは得意な人に任せればよし、あなたは裏方でがんばる道を選びましょう。

このためには、日頃の対人関係の中で「人前で話すのが苦手キャラ」を周囲に徹底しておく必要があります。たとえば、グループでプレゼンをするときグループの誰もがあなたにマイクを握らせようとは考えない、そのくらいまであなたのキャラを周囲に徹底することができれば、顔が赤くなって困ってしまうという機会もぐんっと少なくなりますよ。

顔が赤くなる方は真面目な方が多いので、「苦手から逃げてはだめ」とあえて人前に立つ道を選んでいきますが、苦手なものはいくら努力しても苦手なままです。

そして世の中には、あなたが苦手とすることをいとも簡単にやってしまう人がたくさんいます。人はそれぞれ自分の得意分野でがんばればよいのですから、あなたはあなたの得意分野で自分の力を発揮し、人前に立つという苦手分野は他人に丸投げしてしまいましょう。

あなたがこれから最優先で行うことは、人前に立つことを至上の喜びとする人間の友達になることです。

 

多少の不快感を与えても構わない!メガネやマスクで顔を隠すこと

友達や恋人であれば素のあなたで向き合うことも大切ですが、仕事仲間や単なる知人程度の関係の人間に対しては素で向き合う必要はありません。

顔が赤くなるのであれば、赤い顔を隠して向き合えばよいのです。メガネやマスクで赤くなった顔を隠しましょう。メイクもおすすめ!

コンシーラーやファンデーションを厚めに塗っておけば、多少頬が赤くなっても相手には気づかれません。顔が赤くなると悩んでいる方は、いつでも誰に対しても素の自分で向き合わなければいけない・他人には誠実に向き合わなければいけないと真面目に考えてしまいがち。

しかしあなたにとって大切でない対人関係についてはそれほど真面目に取り組む必要はなく、適当にやり過ごせばよいのです。

マスクや伊達メガネに対してうるさく言う人もいますが、そんな人の声は無視すればOK、多少相手に不快感を与えたとしてもあなた自身がリラックスできるのであればマスクやメガネで顔を覆ってもかまいません。

 

いかがでしたか。以上が、顔が赤くなる悩みを軽減するシンプルな対人関係のつくり方でした。友達や恋人などあなたにとって大切な人の前で顔が赤くなる方、「私は顔が赤くなる人間なのです」と相手に打ち明けましょう。

打ち明け、開き直ることで、それ以降は顔が赤くなってもいちいち気にせずに済みますよ。人前で顔が赤くなる方、できるだけ人前に立たないよう、日頃から対人関係を築いていきましょう。

人前で話すのが楽しくて仕方ないという友達を一人作っておくのがおすすめです。対人関係と一口に言っても、その中身は色々、あなたにとってかけがえのない人もいれば、仕事だから・ご近所だから仕方なく付き合っている人もいますよね。

あなたにとってそれほど大切でない人に対しては、あなたが楽なやり方で向き合うのが一番です。顔をマスクやメガネで覆うことで、リラックスして向き合うことができるのであればマスクやメガネを着用してください。多少相手に変に思われても気にしないことです。

まとめ

対人関係で顔が赤くなる悩みを軽減するためには

・ 会いたくない人には会わないこと
・ 顔が赤くなることを気にしないこと
・ 顔が赤くなって何が悪い!と開き直ること
・ 人前で話すのは苦手と公言しておくこと
・ 多少の不快感を与えても構わない!メガネやマスクで顔を隠すこと


連記事