人付き合いが苦手なら必見!人間関係を良くする5つの言葉

人付き合いが苦手なら必見!人間関係を良くする5つの言葉
人生、人付き合いが苦手より、得意な方が絶対に得ですよね。生きていれば、人と関わらないで生活するというのは、絶対に出来ないのですから、人間関係を良好に保つためにも、人付き合いが苦手というのは、克服しなくてはいけない課題のひとつとも言えるでしょう。

特に、社会人になると、人間関係が仕事の評価にも繋がります。仮に、頑固な職人さんなら、人付き合いが苦手でも、腕一本で仕事が出来るので、評価云々は問題ありませんが、それ以外の人は、上司や取引先などとの付き合い方で、仕事が成立するかが決まってきます。

そして、その結果が評価となり、最悪の場合、会社にとって必要がない人になってしまう可能性があるのです。そこで今日は、人付き合いが苦手な人に届けたい、人間関係を良くする5つの言葉をお伝えします。

 

人付き合いが苦手なら必見!
人間関係を良くする5つの言葉

 

①おはよう

挨拶は、コミュニケーションの基本です。もし、人付き合いが苦手だからと、挨拶もまともに出来ないような人のことを、あなたは信用出来ますか。

それは、私たちが、子供の頃から挨拶をきちんとしましょうと教わり、それを守って成長してきたからです。その為、きちんと挨拶が出来ない人は、印象が悪く、付き合いたいとは思えないこともありますよね。

しかし、思春期を迎えた頃から、声を出して挨拶をすることが恥ずかしくなってしまったり、面倒だという人が増えてしまいます。

でも、声を出して、「おはよう」と言えば、相手からも「おはよう」と返ってきますが、会釈では相手の想いが伝わってこないもの。どんなに人付き合いが苦手でも、挨拶が出来れば大丈夫。人間関係を良くしたいのなら、気持ち良い挨拶を心がけてくださいね。

 

②ありがとう

感謝というのは、きちんと言葉にしないと伝わらないものです。あなたも経験がありませんか。手伝ってあげたのに、何も言われずに寂しい思いをしたり、やらなければ良かったと後悔したこと。

それと同じことを、あなたもやっているかもしれませんよ。特に人付き合いが苦手なら、会話も少ない為、心では感謝していても、言葉にするのを忘れてしまいやすいのです。これは、絶対に直したいですね。

「ありがとう」の一言で、相手の行動の満足度がグッと上がり、人付き合いが苦手な為に、コミュニケーションが取れていない人とも雰囲気が良くなります。

些細なことでも、「ありがとう」という言葉を伝えれば、笑顔で相手も答えてくれるので、あなた自身も今までよりも良好で、踏み込んだ付き合いが出来るようになるでしょう。

 

③頑張りましょう

一生懸命頑張っているのに、「頑張ってね」と言われると、やる気が無くなったり、腹が立ったりしませんか。もちろん、素直に頑張ろうという時もありますが、自分の限界に近い状態で、手も足も出ないような時に、この言葉を掛けられると、辛くなってしまうという人が多いのです。

しかし、「頑張りましょう」という言葉であれば、一緒にやろうとか、手を差し伸べてくれている安心感を得やすいので、うれしいという気持ちの方が強くなります。

だから、人付き合いが苦手な人は、「頑張りましょう」、「頑張ろう」という言葉を使うことによって、コミュニケーションが不足していても、相手との一体感や信頼を得ることが出来る為、人間関係が良好になりますよ。人との繋がりを「頑張りましょう」という言葉で繋げていきましょう。

 

④すごいですね

誰だって、褒められれば悪い気はしませんよね。もちろん、お世辞だというのが、わかるようなのは嫌ですが、多少の照れくささはあったにしても、気分がいいし、仕事ならやる気が湧いてきます。

と言うことは、「すごいですね」という言葉を使えば、人付き合いが苦手な人でも、人間関係を良くすることが出来るということです。教えてもらう時や雑談中に、自然と「すごいですね」と言えば、相手も気分が良いし、場の雰囲気も和みますよ。

人付き合いが苦手な人は、緊張からか、一生懸命発言しても、場を白けさせてしまうことが多いので、無理して何か言うよりも、「すごいですね」の一言だけの方が、確実に周りに馴染むことが可能です。自然な褒め言葉は、相手の話をどんどん引き出してくれるので、使ってみてくださいね。

 

⑤好き

人間関係を良くする為に、「好き」と告白しましょうと言っているわけではありません。この「好き」という言葉は、人からの問いかけに対して、相手の気分を害することなく、でもあなたの意志も伝えることが出来る便利な言葉なんですよ。

例えば、「これ、どう思う?」と聞かれた時に、人付き合いが苦手だと、返答に困ってしまうことが多いはず。ですが、「私は、好きですね」と答えると、同じ様に相手が思っていれば喜ぶし、逆であれば、そういう意見もあるのだと、否定的ではない答えに好感を持ってくれます。

もし、これが、「いいですね」という答えなら、どこが良いのかを言わなくてはいけなくなり、それを適当に答えると、確実に雰囲気が悪くなるでしょう。それなら、「私は、好きですね」と言った方が全て丸く収まりますよ。

 

いかがでしたか。一見、フレンドリーな雰囲気を醸し出している人でも、人付き合いが苦手を言う人が意外と多いのです。しかし、社会人なら、そんなことは言ってられません。

会社、取引先、そして住んでいる近隣の人々…人間関係は良い方が、楽に過ごすことが出来ますよね。それでなくても、今のストレス社会は、ビックリするようなことやイライラすることがてんこ盛り状態です。

しかしそれは、人間関係が良好だと、未然に防げたり、波風を立てずに片付けることが出来ます。だから、人付き合いが苦手だからと、逃げてばかりいてはいけません。

少しでも、コミュニケーションを取るように心がけ、人間関係をスッキリと気持ちよいものに変えていってください。例えば、「○○さん、おはよう」と、本日、お伝えした言葉の前に、相手の名前を加えるだけで、確実にいい関係に変わるので、ぜひ言ってみましょう。

まとめ

人付き合いが苦手な人に使って欲しい言葉とは

・ ①おはよう
・ ②ありがとう
・ ③頑張りましょう
・ ④すごいですね
・ ⑤好き


連記事