人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかを学べる5つの方法

人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかを学べる5つの方法
メールやSNSなど文字や絵文字のコミュニケーションに慣れてしまうと、直接人と対面することや、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いか不安になりますよね。人見知りの方などは、幼い頃から集団行動に対して苦手意識や悩みがあるのではないでしょうか。

けれど、社会の中で生きていく以上、他の人と全く接しないという訳にはいきません。人と話すのが苦手なのはどうすれば良いか、自分に合った解決方法を見つけて少しずつでも克服していく努力が必要です。

ただ、努力するといっても具体的にどうすれば良いのか、自分なりの克服方法を見つけるのは簡単ではありません。そこで今回は、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかを学べる方法をお伝えします。

人と話すのがどんな風に苦手なのかを知りましょう

人と話すことに限らず、苦手なことに対してどのように対処していけば良いのかは、自分がそれをなぜ苦手なのか、もしくはどんな風に苦手なのかということを自問してみる必要があります。

人と話すのが苦手なのはどうすれば良いのか漠然と考えていても、克服する方法や慣れていくコツなどは見つかりませんよね。冒頭でお伝えした、自分に合った解決方法を見つけるためには、自分の苦手の性質やポイントを知ることがとても大切になのです。

“人と話すのが苦手”といっても、様々な状況が考えられます。口ベタだという自覚があって上手く話せないのか、そもそも口数が少ないのか、相手の目を見て話すことが苦手なのか…。また、自分がそんな風に苦手になってしまった原因のようなものはあったのかなど、まずは自己分析をしてください。

 

音声入力のあるスマホなどで話す練習をしてみましょう

最近は色々便利になって、音声で色々なことができるようになっています。音声入力による検索サービスなどが身近ですよね。音声で正しくスムーズに入力するには、言葉の発音をはっきりと、端的に分かりやすい文章にすることがコツです。

人と話すのが苦手なのはどうすれば良いか悩み、人と対面することにも消極的になっているのであれば、まずは機械やAI相手に話す練習をしてみましょう。できれば、検索などの短い言葉ではなく、日記やブログなどある程度の長さがある文章を音声入力で書いていくのです。

先ほどもお伝えしましたが、音声入力は言い淀んだり曖昧な言葉になったりしていると正しく認識されない可能性があります。

頭の中で書きたいことを整理してまとまった文章にし、実際に言葉にするということは意外と難しいものです。自分の伝えたいことをスムーズに言葉にすることができれば、人と話す際の意識も変わりますよ。

 

会話している場に積極的に参加して“聞き役”に徹しましょう

先ほども少し触れましたが、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかと悩むあまり、人と対面する機会そのものを減らせれば…と考えてしまうこともあるでしょう。“口は災いの元”なんて言葉もありますし、不安になりますよね。

けれど、苦手なのであるならばむしろ積極的に、雑談などの輪に参加するようにしてください。そして、聞き役に徹するのです。人と話すことが好きな人は、自分の話を聞いて欲しいという気持ちが少なからずあります。そういう人たちの話をしっかりと聞いてあげましょう。

自分から積極的に話をしなくても、“会話”にはちゃんと参加できていることが実感できるはずです。さらに“聞き上手”になって相手の話を引き出すことが得意になれば、人と話すことに対する苦手意識も薄まりますよ。

また、話している人を観察して、話の内容が解りやすい人や面白い人を見極めることで、相手に伝わる話し方の参考にすることもできます。大切なのは、会話の場から逃げないことです。

 

話すことが上手な人と仲良くなって直接学びましょう

先ほどお伝えしたように、雑談などの会話になるべく参加するようにしていると、話上手な人が見つかるはずです。人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかと悩んでいる方にとっては、苦も無く会話できるだけで話上手に思えるかもしれませんね。

そういう人を観察して自ら学ぶことも大切ですが、可能であれば仲良くなってその人と話しながら少しずつ苦手意識を克服していきましょう。もちろん、苦手ながらでも話ができる友人などがいるのであれば、それが理想的です。

ここで重要なのは、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いか悩んでいることを正直に話すことです。仲の良い相手であれば、そんなに言葉を交わさなくても分かり合えることがあるかもしれません。

けれど、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかを学び、改善していきたいと考えるのであればそれを伝えて協力してもらいましょう。

 

道を尋ねるために知らない人に話しかけてみましょう

人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかと悩んでいる間にも、話をしなければならない状況は突然に訪れます。思いがけず話しかけられることもよくありますよね。例えば、道を聞かれることは珍しくないことです。しかも相手は全く知らない人。

気心の知れた相手とは大丈夫になったとしても、初対面の人と話すのが苦手な方はなるべく遭遇したくないかもしれません。けれどこのような経験も、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかということに対して大きなヒントをくれるものです。

ですから機会を見つけて、知らない人に道を聞いてみてください。目的があって自分から話しかけるのであれば準備もできていますし、想定外の答えや質問が返ってくることもほぼ無いでしょう。

最初は交番の警察官や駅員など、職業的に何らかの返答をしてくれる人が良いかもしれません。接客が職務に深く関係している人々の対応から人との接し方や話し方を学ぶこともできますよ。

 

さて、人と話すのが苦手なのはどうすれば良いかを学べる5つの方法を5つお伝えしました。人と話すことは、当然のことですが相手あってのことですよね。たった1人、頭の中だけで悩んでいても、決して解決することではありません。

結局は、今回お伝えしたような方法やアプローチから、会話の場に身を置かなければなかなか克服することはできません。人と話すのが苦手なのはどうすれば良いのかわからないからといって、人とのコミュニケーションに対して消極的にならないようにしましょう。

大切なのは、苦手と自覚しながらでも、人と話す場に飛び込んでいく勇気です。繰り返しになりますが、今回お伝えした方法を参考にして人と話すことに対する苦手意識を無くしてください。

まとめ

人と話すのが苦手なのはどうすれば良いか学ぶには

・ 人と話すのがどんな風に苦手なのかを知りましょう
・ 音声入力のあるスマホなどで話す練習をしてみましょう
・ 会話している場に積極的に参加して“聞き役”に徹しましょう
・ 話すことが上手な人と仲良くなって直接学びましょう
・ 道を尋ねるために知らない人に話しかけてみましょう


連記事