仕事したくないときに試す、身心を休息させる5つの方法

仕事したくないときに試す、身心を休息させる5つの方法
仕事したくないと感じる日や、やる気満々の日、私たちの毎日は同じでなくその時によって気分が違うものですよね。いつも集中力があって仕事を楽しくできる環境は理想的ですが、時には仕事したくないと気分が落ち込むこともあります。

一生懸命頑張るほどその価値が報われない時、すべてを投げ出したくなる瞬間もあるでしょう。どうすれば仕事に対してもっとやる気を出せるのかその答えはたった一つ、身体も心もリラックスして気分を入れ替えすることなのです。

でも毎日朝起きて仕事に行くライフスタイルを突然変えるわけにはいきません。仕事したくない時はちょっとしたコツを使ってモチベーションをアップさせてみませんか。そこで本日は、仕事したくない時に身心を休息させる方法をお伝えします。

 

仕事したくないときに試す、
身心を休息させる5つの方法

 

家に仕事を持ち帰るのはやめましょう

仕事したくない時に限って、なぜか作業が山積みになってしまいますよね。早く片付けないといけない仕事、次々にやってくる新しい仕事、そんな忙しい生活では身心ともに疲労がたまってしまいます。

ここでがんばりすぎると仕事のミスも増え、逆に時間がかかることになりますのでメリハリをつけて作業をしましょう。まず始めたいのは家に仕事を持ち帰るのをやめること。

家はリラックスする場所で余計なストレスや不安をできれば持ち込みたくはありません。なんとか仕事を終わらせるために家で作業をするならば、ちょっと早く出勤して仕事をスタートした方が気分的にも能率的にもはかどります。

 

集中力をアップさせるために適度な休憩をとりましょう

仕事をずっと続けると次第に集中力がなくなり、なかなかはかどらなくなる時間がありますよね。こんな時はミスをしやすいため、気持ちを引き締める為にも休憩をしましょう。毎時間たった5分間だけでもいいので、手を休めて歩き回ったリトイレに行くなど、この休憩時間がさらに仕事能率をアップさせるために必要なのです。

忙しい時はなおさら休憩時間をうまく取り入れて集中力を高めましょう。仕事は身体的な疲労よりも精神的なストレスや疲れが多くたまり、知らない間に健康にダメージを与えてしまいます。数分間の休憩こそ仕事を早く正確に終わらせるために重要です。

 

生活リズムを規則正しくしましょう

仕事したくないと、朝目を覚ますのも大変億劫になりますよね。そんな経験は皆さんあると思いますが、仕事したくない時こそ生活リズムが狂いやすいのです。仕事が終わった後、気分転換で仲間と飲みに行くこともあるでしょうし、深夜まで家でお酒を飲む時もあります。

事の時間が取れない、ぐっすり寝れないなど生活のリズムが狂い始めると自分の健康が一番心配になりますので、元気に仕事をするためにはまず規則正しい生活リズムを意識しましょう。その日の疲れはその日に必ず回復させることを心がけてください。

 

小さなゴールをひとつずつ達成していきましょう

仕事したくない時は何をやっても楽しめず、気分的にふさぎ込みやすくなりますよね。こんな時は仕事時間だけでなくプライベートもつまらなくなりますので、小さなゴールを作って生活してみましょう。目標がないと達成感が感じられず、毎日の努力が無意味になってしまいます。

今日は残業しない、家でゆっくりお風呂に入ろうなど、どんな小さなことでもいいので自分で決めたゴールをひとつひとつクリアしてください。仕事に振り回されていると感じる生活はとても負担になるので、自分がコントロールできるという自信をつけることが大切です。

 

休みの過ごし方を見直しましょう

仕事したくない時は、もっと意欲的に働けるように気分転換が大切ですよね。休みの日をただ寝て過ごすだけでは時間の無駄になりますので、どんな過ごし方が自分に合っているか見直してみましょう。

運動不足の人はエクササイズ、食べるのが好きな人は一日キッチンで料理など、やりたいこと、普段できないことをするチャンスです。

どんな過ごし方をしても、最終的に充実して自分が満足できればそれでよし。オンとオフの切り替えがうまくできるようになると、身心を休息させながら仕事に対するモチベーションもアップできるのです。

 

いかがでしたか。仕事したくないときに我慢して頑張った自分にはご褒美をあげたくなりますよね。それが身心を休息させるための原動力になり、毎日一生懸命生活している自信へとつながります。

仕事は生活のため、やりがいを感じるためなど、皆さん違う見方があると思いますが共通して言えるのは、毎日楽しいことばかりではないという点です。

仕事したくない、休みたいと弱気になるのは誰でも同じこと。そんな時に精神力を強く維持するためにも日頃のリラックスや仕事に対するモチベーションの出し方が大切なのです。

たまには旅行や欲しかったものを買うのもよいでしょうし、友達や家族と楽しく会話するだけでも気分転換になります。仕事したくない時こそ日頃のエネルギーチャージが効果を発揮します。

まとめ

仕事したくない時に試す身心の休息方法とは

・ 家に仕事を持ち帰るのはやめましょう
・ 集中力をアップさせるために適度な休憩をとりましょう
・ 生活リズムを規則正しくしましょう
・ 小さなゴールをひとつずつ達成していきましょう
・ 休みの過ごし方を見直しましょう


連記事
ストレス仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会