緊張しない方法を学んで、希望の試験に合格する秘訣

緊張しない方法を学んで、希望の試験に合格する秘訣
緊張しない方法を身に付けて希望の試験に合格したいものですよね。もしかしたら、試験に合格するために今自分に必要なのは試験勉強よりも緊張しない方法だ!という方もいるのでは?もしくは試験の何日も前から緊張してしまって、試験勉強にすら集中できないという方もいるかもしれません。

緊張すると頭が真っ白になる、お腹が痛くなる、周りが全て天才や優等生に見えてしまうという緊張体質の方や自分に自信のない方が試験本番で持てる力を全て発揮するのはとても難しいことですが、緊張しない方法を学ぶことで試験に合格する確率がぐっと高くなりますよ。

ということで今回は緊張しない方法を学んで、希望の試験に合格する秘訣をお伝えします。大切の試験を控えて胸がドキドキしている方、ぜひ参考にしてください。

 

緊張しない方法を学んで、
希望の試験に合格する秘訣

 

試験前に「自分はできる」と成功のイメージを頭に植え付けておくこと

緊張しない方法の一つ目は、「自分はできる」という自己暗示、いわゆるメンタルトレーニングです。緊張する方の多くが、試験本番に向けて失敗することばかりを想像してしまいがち、試験が始まるまでに頭の中にはしっかりと失敗や不合格のイメージができてしまいます。

これでは、試験日当日、緊張や不安から実力を発揮できません。緊張体質の方は放っておけば、すぐに悪い方悪い方に頭が考えてしまいますので、試験に向けては意識して、成功するイメージを頭に植え付けるようにしてください。

鏡の前に立ち、鏡の自分に向かって「自分はできる、自分が一番だ」と言い聞かせます。あるいは夜布団に入ったら、合格して「ばんざーい」と喜んでいる自分の姿をイメージしましょう。

こうすることで、試験当日には試験に合格することがあたかも既定路線のように、頭は無意識のうちに考え始めています。

 

自分の努力を記録しておくこと

自分の試験勉強や試験の準備に「これで足りるかしら」と不安を持つと、本番で自信がなくなり緊張してしまいます。ということで、緊張しない方法の二つ目は自分の努力を記録しておくこと

毎日、「今日はどんな勉強をして、問題集を何問解いたのか」を記録しておきましょう。試験前日や試験当日の朝、その記録を読み直せば「これだけがんばったのだから合格できるはず」「他の受験生よりも勉強してきたぞ」という自信を持つことができるはず、緊張せずに試験に向かうことができますよ。

 

模試を利用して自分のルーティンを確立しておくこと

試験当日の朝こそ、普段通りに過ごすことが大切!とはいえ、大切な試験を控えて普段通りに過ごすなんて無理ですよね。また、試験当日は「受験票を持った?」「電車やバスの時刻表は確認した?」「朝食は胃に優しいものを食べて頭に栄養を!」など、普段とは違う朝の準備や行動をしなければいけないこともあります。

試験当日の特別仕様スケジュールで緊張感が高まらないわけがない!訓練なしでそんなことができるのは仙人か坊さんくらいなので、凡人の我々は試験当日の朝、なるべく平常心を保つために模試を利用して、試験当日の朝の過ごし方を練習しておきましょう。

模試を繰り返すうちに、あなたなりのルーティンができるはずです。試験当日までにそのルーティンを確立し、「こんなふうに模試の朝の準備をしたら模試でよい結果を得ることができた」という成功体験を作っておきます。そして試験当日の朝は、試験用の朝のルーティンを行います。「ただの模試のつもり」で行うことがポイントです。

 

試験前は軽く体を動かして緊張をほぐすこと

緊張しない方法の四つ目は、試験が始まる前に軽く体を動かすことです。体を動かすことで、ガチガチにかたまっていた筋肉がほぐれ体も頭もリラックスします。

試験会場に到着したらとりあえずは自分の席を確認!その後は、廊下を歩いてみたり、自分の席で腕や肩を回したり上げ下ろしして緊張を和らげましょう。

体を揺すったり、貧乏ゆすりをおすすめです。体を動かすと緊張がほぐれるだけでなく、体や頭の血行がよくなるので、頭に新しい血液が回りやすくなります。とはいっても、脳貧血を起こしたり心臓がドキドキするような激しい運動はやめてくださいね。

 

試験開始直前に深呼吸をすること

緊張しない方法の五つ目は深呼吸!試験用紙が配布され、いよいよ試験が始まるぞという瞬間、最も緊張感が高まりますよね。このとき、目を閉じゆっくり深呼吸してみてください。試験開始直前の緊張を和らげることができます。

試験開始の合図とともに、目を開けましょう。最初に答案用紙に名前を書きますが、このとき、汚い字で乱暴に書くよりは一字一字丁寧に書く方がおすすめ!焦りをほどよく解消することができ、落ち着いた気持ちで試験問題に取り組み始めることができます。

 

いかがでしたか。以上が、緊張しない方法を学んで希望の試験に合格する秘訣でした。試験で緊張しない方法では、試験当日よりも前日以前の過ごし方が大切!頭に成功イメージを植え付けたり、自分の努力を記録するなどして自信をもって試験当日を迎えられるように準備してください。

試験当日の朝の過ごし方も、それまでの模試と同じように過ごした方が緊張しないので、模試の機会を利用して試験仕様の朝の準備を確立しておきましょう。

試験直前で緊張しない方法のポイントは、とにかく体と頭をリラックスさせることです。体を動かしたり深呼吸をして緊張をほぐしましょう。焦りやパニックは緊張感を高めてしまうだけなので、字を慌てて書くなど焦りやパニックを招くような行動は控えてください。

まとめ

緊張しない方法で希望の試験に合格するためには

・ 試験前に「自分はできる」と成功のイメージを頭に植え付けておくこと
・ 自分の努力を記録しておくこと
・ 模試を利用して自分のルーティンを確立しておくこと
・ 試験前は軽く体を動かして緊張をほぐすこと
・ 試験開始直前に深呼吸をすること


連記事
ストレス学び
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会