酵素ドリンクの作り方を学んで、健康美人になる秘訣

酵素ドリンクの作り方を学んで、健康美人になる秘訣
酵素ドリンクを飲むと健康によいと言われていますが、酵素ドリンク自宅で作るのは難しいですよね。そこで酵素ドリンクの作り方を学んで健康美人になりたいと思いませんか。

酵素ドリンクとは砂糖につけた果物を発酵させた飲み物ですが、発酵と腐敗は紙一重ですし、きちんと発酵してもおいしくなければ飲み続けることはできません。

高い果物を買って腐らせたのでは何のことやら、ということで市販品の酵素ドリンクに頼っている方は多いのでは?あるいは、自分で作ってみたいけど、酵素ドリンクの作り方に自信がなくて作り始めるのを躊躇しているという方も多いかもしれません。

どうやったら酵素ドリンクを上手く作ることができるのか、ということで今回は酵素ドリンクの作り方を学んで健康美人になる秘訣をお伝えします。

 

酵素ドリンクの作り方を学んで、
健康美人になる秘訣

 

下準備は丁寧に!容器を煮沸消毒しアルコールで除菌すること

酵素ドリンクの一番の大敵は「腐敗菌」です。酵素ドリンクは果物を発酵させた飲み物ですが、果物につくのが腐敗菌の場合、酵素ドリンクではなく果物が腐った液体ができます。これはとても悲しい結末、容器のふたを開けた瞬間、涙が出てしまいますよ。

ということで、酵素ドリンクの作り方では、果物を腐敗させないために最初の下準備を丁寧に行いましょう。酵素ドリンクを漬ける容器を煮沸消毒し、さらにアルコール除菌をします。煮沸消毒するので、容器はガラス瓶がよいですね。

 

材料は無農薬の果物を選び、きちんと洗うこと

酵素ドリンクの材料は果物です。レモンなどの柑橘類やリンゴがおすすめですが、お好きな果物を選んでください。果物を選ぶときには、国産無農薬のものを選びましょう。

少々値は張りますが、酵素ドリンクは果物を皮ごと漬けて作ります。皮に農薬や消毒薬が付いていると、健康美人になるための酵素ドリンクで農薬を飲む羽目になるので、ケチらないでくださいね。酵素ドリンクの作り方では、まず用意した果物を洗います。

無農薬でない果物で作るときには、重曹水に1分程度漬けておきましょう。洗った果物は清潔な布で拭き、発酵しやすいよう一口大に切ります。

 

白砂糖と果物を交互に重ねること

果物を漬けるときの砂糖は白砂糖がおすすめです。黒糖だと、酵素ドリンクに黒糖の色がついてしまいますし、黒糖に含まれるミネラルが発酵を遅らせてしまいます。酵素ドリンクの作り方で失敗しないコツは、白砂糖と果物を交互に重ねることです。

白砂糖と果物は重量ベースで1.1:1の割合で漬けます。果物よりもちょっと多めの砂糖を用意するという感覚でよいですね。

まず、容器の底に白砂糖を入れます。その上に果物を入れたら、次は白砂糖。白砂糖と果物をミルフィーユ状に交互に重ね、最後は白砂糖で蓋をします。こうすることで、果物に均等に砂糖がいきわたるので、発酵がうまく進みます。

 

酵素ドリンクの容器を温かい場所に置くこと

酵素ドリンクの作り方では、いかに上手くスムーズに発酵を進めるかがカギです。果物と砂糖を漬け込んだ容器に蓋をしたら、容器を温かい場所に置きましょう。

35℃程度、人肌程度の温度が発酵には最適です。容器をタオルで巻いたり、お湯につけるなどして温めてくださいね。この状態で1、2日置いたら、果物から水分が出てきます。

水分が出てきたら、発酵がすすむよう、中身をかき混ぜ空気を含ませます。これ以降は、日が当たらない涼しい場所に容器を置いてください。2週間程度で、酵素ドリンクが完成します。細かい泡がシュワシュワと出てきて、果物が浮いてきたら完成のサインです。

 

完成した酵素ドリンクは冷蔵庫で保管すること

完成した酵素ドリンクは中身を濾し、冷蔵庫で保管しましょう。これ以上、発酵がすすまないようにするためです。この酵素ドリンクは原液なので、水やソーダ水などで割って飲みます。原液は1日60mlを目安に飲むとよいですね。

自宅で手作りすると、ついついいくらでも飲んでしまいますが、酵素ドリンクを飲みすぎるとお腹の張りや下痢を引き起こすことがありますし、太る原因にもなります。飲み過ぎには注意しましょう。また、酵素ドリンクは朝飲むのがおすすめ!寝起きの酵素ドリンクで体に栄養をチャージしてください。

 

いかがでしたか。以上が酵素ドリンクの作り方を学んで健康美人になる秘訣でした。酵素ドリンクの作り方では、果物を腐敗させないことが何よりも大切です。漬ける前の容器の消毒は念入りにすること!果物もきれいに洗いましょう。

漬けるときには、白砂糖と果物を交互に重ね、温かい場所に容器を保管します。こうすることで、短期間で果物の発酵がすすむので、腐敗菌の入り込む隙がなくなります。それに早く飲みたいですしね。

完成した酵素ドリンクは冷蔵庫で保管し、毎日の朝食やおやつに飲みましょう。水で割ったり、ソーダ水で割ったり、レモンやショウガ、ミントの風味を加えてもよいですね。色々アレンジして楽しめるのも酵素ドリンクの作り方の魅力です。

まとめ

酵素ドリンクの作り方を学んで健康美人になるためには

・ 下準備は丁寧に!容器を煮沸消毒しアルコールで除菌すること
・ 材料は無農薬の果物を選び、きちんと洗うこと
・ 白砂糖と果物を交互に重ねること
・ 酵素ドリンクの容器を温かい場所に置くこと
・ 完成した酵素ドリンクは冷蔵庫で保管すること


連記事
美容料理
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会