面接の質問に備えて、本番で実力を発揮する5つの方法

面接の質問に備えて、本番で実力を発揮する5つの方法
面接の質問はいくらしっかり準備をしておいても当日は緊張して、簡単な内容でもしっかり答えられないほど不安になりますよね。筆記試験に合格して、あとは面接を突破するだけ。そんなプレッシャーを抱えるとさらに面接の質問もうまく答えようと力が入ってしまいます。

面接で緊張するのは当たり前のことで、少しでも実力を発揮するためには事前の準備と、緊張感のコントロールが大切です。面接は一発勝負でやり直しができない為、突破するには色々な点を意識しないといけません。しかし実際は満足して面接ができたと、手ごたえを感じられる人は少ないようです。

では本番ではどんな点に注意したら良いのでしょうか。そこで今日は、面接の質問に備えて自分の力を発揮する5つの方法をお伝えします。

 

面接の質問に備えて、
本番で実力を発揮する5つの方法

 

会社の情報をしっかり入手しておこう

面接の質問はそのまま答えていいものか、相手の意図が読めない内容もたくさんありますよね。しかし一番大切なのは相手に好感を持ってもらう点で、どれほど入社を希望しているか、その情熱を会社側が知りたいのです。

そんな気持ちをアピールするには、受ける会社の情報をたくさん収集して勉強したことを伝えないといけません。

会社のウエブサイトに書かれてある企業ヒストリーや現在販売高、取引先など、社員として心得て得おくべき点以外にも、その会社の商品やサービスを利用するお客さんの目線からも情報をしっかり収集しておくと安心です。

 

声のトーンを明るくしよう

面接の質問の返答に困ってしまうと、つい自信がなく声も小さくなり面接官が聞き取れないなんて状態になってしまいますよね。性格は人それぞれですが、面接では恥ずかしいとか気が弱い、という部分はできるだけ隠して意欲的にアピールしないといけません。

面接の質問対策など問題集なども多く販売されていますので、皆さん多少の準備はしていると思います。お決まりの志望動機から趣味や自己PRなど、なんども練習したはずが本番では緊張してうまく答えられません。

こんな時でもはっきりとした話し方や明るいトーンだと、面接官に好感を与えやすく質問返答内容よりも前向きな態度に評価ポイントがつきます。

 

入社した後にやりたいことをアピールしよう

面接の質問ではあらゆる項目で「やる気」がチェックされています。どこでもいいから合格すればいい、という態度は自然と面接の質問の受け答えでも表れてしまいますよね。

ここでポイントをあげる為には入社したら自分はどんな仕事をしたいか、スキルアップやキャリアアップの具体的なプラン、また会社の気になる部署についてなどをアピールして、入社の意欲を伝えることが大切です。

せっかく面接を突破してもやる気がない社員では会社は困りますので、わずかな面接という時間が要点を抑えたチェックポイントになるのです。自分がどうしてもやりたい仕事がある、または即戦力になる点をを質問の答えにも取りれてください。

 

会社の立場になって答えを考えよう

面接の質問はひっかけ問題のようなタイプがいつくかありますが、そんな時こそ評価をアップするチャンスになりますよね。

例えば営業職を希望して面接を受けたのに、「万が一工場勤務で採用になったらどうしますか?」なんて意地悪な質問をされたらどのような返事をしたらいいと思いますか。こんな時は会社の立場になって的確な返答を考える必要があります。

本音では工場勤務は嫌だけと、自分の意思をアピールしすぎるのはチームワークが足りないと思われてしまいます。そんな時は会社側が期待するような「工場勤務でも精一杯頑張ります」という前向きな答えをすると好感アップします。

 

最後に必ず質問をしよう

面接時間の最後はほとんどの場合、面接官から「最後にご質問はありますか」というお決まりの質問コーナーがありますよね。ここでいくら知りたいことをすべて把握しているとしても、必ず会社に対して興味がある姿勢を示すために質問をしましょう。

ここで注意したいのは会社のパンフレットやウエブサイトではっきりと書かれている内容は避けて、実際の職場の雰囲気や製品についてなど、簡単な内容でもいいのです。知っておくべきことを質問すると勉強不足だと思わる可能性もありますので、面接前に事前に質問事項をいくつか用意してください。

 

いかがでしたか。面接の質問ひとつひとつにしっかり受け答えするのは、緊張感との闘いですよね。でも失敗しても逆に人間味が溢れそれが評価の対象になる場合もあります。

まずは深呼吸して相手の目をしっかり見つめ、練習の成果が出るようにリラックスして面接に臨んでください。質問の答えの当たりはずれを気にするよりどのように受け答えするか、またどれほど入社したい気持ちがあるのかを面接官はチェックしています。

本場で実力を発揮するためには安心できるまで事前の下準備、そして当日は自分らしさを大切にしてください。わずか数分間の面接では質問の答えだけでなく、身だしなみや言葉使いなど社会人としての最低マナーもチェックされていますので、マイナス点になることはできるだけ除外してください。

まとめ

面接の質問に備えて実力を発揮するには

・ 会社の情報をしっかり入手しておこう
・ 声のトーンを明るくしよう
・ 入社した後にやりたいことをアピールしよう
・ 会社の立場になって答えを考えよう
・ 最後に必ず質問をしよう


連記事
面接仕事
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会