仕事のモチベーションをチームワークを使い向上させる方法

仕事のモチベーションをチームワークを使い向上させる方法
仕事のモチベーションを保つのは難しい、保つだけでなく向上させるとなるとよりいっそう難しいですよね。自分一人で仕事のモチベーションを向上させるのは難しいですし、途中で息切れしてしまいがちです。

でも、仕事を一緒に行っている同僚や仲間と一緒なら仕事のモチベーションを維持したり向上させるのも一人のときよりは難しくありません。

仕事のモチベーションが落ちてきたとき、困難な仕事に直面したときには同僚や仕事仲間と一緒に、チームの力で難局を乗り越えていきましょう。

とはいえ、チームには仲間割れやつまらないごたごたがつきもの、些細なつまづきでチームワークが乱れて仕事のモチベーションが下がってしまうこともあります。これではうまくいくはずの仕事もうまくいきません。

ということで、今回はチームワークをうまく仕事のモチベーションにつなげるための、仕事のモチベーションをチームワークを使い向上させる方法をお伝えします。

 

仕事のモチベーションを
チームワークを使い向上させる方法

 

チーム内で同じ目標を持つこと

仕事のモチベーションをチームワークで向上させるためには、チームのメンバー全員が同じ方向を向いて仕事に取り組む必要があります。

各々好き勝手な方向に向いてつっぱしったり、仕事の内容や目標に関する見解が異なっていては、チームワークで仕事のモチベーションを高めるどころか、チームワークそのものが乱れてしまいますよね。

仕事のモチベーションをチームワークで向上させるためには、まずはチーム一丸となって一つの目標に向かって行くことが大切!

チーム内で同じ目標を持つようにしましょう。目標が途中でコロコロと変わってはチームワークが乱れる元なので、チームを結成したとき、あるいはチームで仕事に取り組み始めるときにチーム皆で目標を共有します。

 

自分の担当分だけでなく仕事全体に目を向けること

チームで一つの大きな仕事をするとき、まずは仕事を小分けにして各自で分担しますよね。このとき、自分が担当した仕事に責任を持つことは大切ですが、チームで仕事をするときには自分の担当分だけに目を向けていてはだめ。

自分の仕事をしつつ全体の進捗状況はどうなっているのかなと仕事全体を視野に入れておかなければいけません。自分の仕事さえやっておけば文句は言われないだろうという考えでは、チームで仕事をしていてもチームワークは発揮されず、結果的に各自の仕事のモチベーションは下がってしまいます。

自分の担当分をきちんとこなすのは当たり前、それに加えて「他の人はスケジュール通りに仕事を進めているのか」「どこかでトラブルが起きていないか」「仕事全体の進捗状況は?」と仕事全体に目を向けるようにしましょう。

そうすると、自分がチームの一員であるという自覚を持つことができ、「チームのために仕事をきちんとやろう」と仕事のモチベーションを向上させることができます。

 

報連相をきちんと行い、チーム内で情報を共有すること

チームワークを保つためにはチーム内で情報を共有することがとても大切!「報(報告)連(連絡)相(相談)」をチームの決まりごとにして、チーム全員で情報を共有するようにしましょう。

チーム全員で情報を共有することによって、メンバーの誰かが抱えてしまったトラブルをチーム全体の危機と感じることができ、チームワークでトラブルに対処することができます。

また、「こうするとうまくいったよ」という情報を共有することで、チーム全員の仕事が円滑に進みます。自分の仕事をしていても、それが自分だけでなくチームのためになることを実感することで仕事のモチベーションを向上させることができます。

それに、「One for All,All for One」がチーム内で徹底することで自分がトラブルに遭っても、チームに助けを求めることができます。自分一人でトラブルを抱え込まないことで、仕事のモチベーションを落とすことなく仕事に取り組むことができますよ。

 

仕事以外でのコミュニケーションも大切にすること

チームワークを使い仕事のモチベーションを高めるためには、あなたはもちろん、チームのメンバー全員が、そのチームにいて楽しい、チームのために仕事をすることにやりがいを感じるというように、チームに対して愛着を持つことが大切です。

チームといっても、中身は人間同士のつながり、チームワークを使い仕事のモチベーションを高めたいときにはまずはメンバー同士が互いに仲良くなりましょう。

飲み会や親睦会でメンバー同士の距離をぐっと縮めるのもよし、親睦会を開けないときにはランチタイムやちょっとした休憩時間に仕事を離れた話題で雑談をしたり、会議の合間にお菓子やコーヒーで一服しながらコミュニケーションをとるのもよいですね。会話のきっかけに、旅行のおみやげを職場に持って行ってみてはいかがでしょうか。

 

チームのメンバー同士、お互いをリスペクトし合うこと

チームワークで仕事のモチベーションを高めるためにはメンバー同士、お互いにリスペクトし合うことが大切です。誰だって、「君のおかげだよ」とほめられたり「ありがとう」と感謝されれば、仕事のモチベーションはぐっと高くなりますよね。

それがあなた自身がリスペクトしている上司や同僚からの言葉であれば、さらにモチベーションは上がるというもの!チーム内でリスペクトのよいサイクルが生まれれば、メンバーそれぞれ、最高のパフォーマンスをすることができチーム全体の仕事効率もぐっと高くなります。

反対に、チームの中で、お互いをけなし合ったり、足を引っ張り合っていたのでは、仕事は暗礁に乗り上げてしまうばかりか、チーム自体が空中分解!ということもありますよ。

チームワークで仕事のモチベーションを高めたいときには、お互いをリスペクトし合うこと!チームの中に「あなたのおかげ」「手を貸してくれてありがとう」「あなたってすごいのね」というほめたり感謝する文化を作っていくことが大切です。

 

いかがでしたか。以上が、仕事のモチベーションをチームワークを使い向上させる方法でした。チームワークで仕事のモチベーションを高めるためには、まずはチーム全体で一つの目標に向くことが大切です。

チームのメンバーそれぞれがてんでばらばらの方向に向かって突っ走ったのではチームワークは発揮できません。さらに、仕事の最中は自分の担当分に責任を持つことはもちろん、チームの一員であるという自覚を常に持ち、チーム全体の仕事の進捗状況に目を向けるようにしてくださいね。

「自分さえうまくできればよい」という考えでは、いざあなたの仕事がうまくいかなくなったとき、あなたにとってチームやチームワークはモチベーション向上のきっかけになりません。

チームの一員であるという自覚を持ちメンバーを信頼する、そのうえで「このチームのために仕事を成功させたい」という気持ちが生まれると仕事のモチベーションはぐんぐん向上します。

まとめ

チームワークで仕事のモチベーションを高めるためには

・ チーム内で同じ目標を持つこと
・ 自分の担当分だけでなく仕事全体に目を向けること
・ 報連相をきちんと行い、チーム内で情報を共有すること
・ 仕事以外でのコミュニケーションも大切にすること
・ チームのメンバー同士、お互いをリスペクトし合うこと


連記事
タイトルとURLをコピーしました