勉強法を改善するだけでストレス無く目標を達成できる!

勉強法を改善するだけでストレス無く目標を達成できる!
勉強法が間違っていると、どれだけ時間を費やしても期待通りの結果がでずがっかりですよね。頑張った分評価されないとやる気がなくなり、勉強嫌いになってしまう可能性だってあります。では早くしかも効果的に勉強法を身につけるには、どのような秘訣があるのでしょうか。

良い成績を残し良い大学に行き一流企業に就職なんて理想の道を進むのはほんの一握りの人しかいません。でも今の成績よりももっと結果が良くなれば、自分の自信につながり勉強のストレスが軽減されていきます。少しでも興味を持てれば頭を使うことは楽しいことだらけ。

そんな効率的な学習をするためには、ストレスを減らす勉強法を習得しないといけません。そこで本日は目標を達成するためのオススメの勉強法の改善についてお伝えします。

 

勉強法を改善するだけで
ストレス無く目標を達成できる!

 

記憶力を高める習慣をつけましょう

勉強法には色々な数式や単語、年式など様々な記憶する作業が欠かせないですよね。いきなり本を開いて何度も読んでいても記憶力そのものが弱いと時間の無駄になるだけなのです。

いくら覚えたつもりでもテストのときになると頭が真っ白。ついさっき読んでいた本に書いてあったことが思い出せないという経験が皆さんありますよね。

集中力を高めるのは、勉強法の土台でもありますので普段の生活の中でどんどん強化していきましょう。例えば人の名前をすぐに覚える、物が置かれた場所を暗記するなど、それとなくつねに自分の周辺で記憶するチャンスを増やしてください。

 

勉強机以外の環境を活用しましょう

勉強法は自分の性格に合わせて効率的にやるのが理想ですが、テスト前などどうしても限られた時間で勉強するのはストレスになりますよね。

勉強机に向かってひたすら本を見るのはとても苦痛な作業です。学校のような緊張感があり、これではリラックスして勉強ができません。

ストレスを無くす勉強法は机に無理に向かわない点がポイントで、ダイニングのテーブル、応接間のカウチ、自分のベットの上などリラックスしやすい環境も活用してください。好きな雑誌を読むような構え方ができると、勉強も効率的に進みます。

 

スラスラできる時間を最大限に使いましょう

朝まで徹夜で勉強しても必ず100点満点がとれるとは限りませんよね。頭がよい人の勉強法は限られた時間内で集中していることが特徴です。今日はここまでやると決めていても、予定通りに勉強が進まない場合も必ずやってきます。

そんな時に無理に予定を達成するために勉強をしても効果がでないのです。勉強はタイミングによりスラスラ身につく瞬間がありますので、頭がすっきりしている状態や好きな科目などは意欲的にどんどん進めましょう。

疲れた時は頭を休めて気分転換を行い、勉強の予定にこだわらずに余裕を持ちできるところから始めてください。

 

違うことを繰り返し行い脳を活性しましょう

勉強法を改善するには脳を活性化して効率をアップしないといけませんよね。同じ勉強法を繰り返しても結果は同じで、時間の無駄になってしまうばかり。脳を活性化するためには違うことを何度も繰り返し、あらゆる内容に臨機応変に対応できるようにしましょう。

例えば数学の場合ですが、公式通りに計算をするだけでなく答えから逆に数式を出すような逆の勉強方法も大切です。

一方通行の勉強法では違った方向から質問された場合答えがわからなくなってしまい、せっかく記憶したこと意味がなくなってしまうのです。練習問題、教科書など色々な勉強ツールをプラスするのもメリットになります。

 

勉強時間を生活リズムに組み込みましょう

嫌々勉強を始めるのは、とてもストレスになり勉強中も意識が集中ができません。時間があったらやる、勉強したくなったらやるという心の持ち方では、しっかり身につけることはできないのです。目標を達成するためには、勉強時間を生活の一部として取り込み習慣化していきましょう。

勉強は洗濯するみたいに溜め込んで一気にできるものでなく、コツコツと努力した人が一番効果がでるのです。一日30分~1時間でもよいので集中して勉強する時間を必ず設けてください。そうすれば日課として自然と勉強するタイミングができますので、嫌々夜中から本を開くこともなくなります。

 

いかがでしたか。勉強法を改善すればストレスがなく、楽しみながら勉強ができるようになります。好きな科目だけでなく苦手を克服するには、必ず達成できると自信をつけてから勉強に臨んでください。

知らないことをたくさん吸収するのは、かけがえのない財産ですし努力して目標に向かう姿は勉強以上に自分に与えるメリットがあります。勉強時間を作るのはあくまでも自分の意思ですから、言い訳をせず通勤時間、通学時間を利用したり、朝早く起きて勉強するなど「クセ」をつけると効果的です。

少しづつ達成しながら手ごたえを感じてください。無理に頑張る勉強からストレスがない快適な勉強法へ早速今日から改善していきましょう。楽に目標達成するには、今まで通りのスタイルから目的意識を持った勉強法へ改善が必要です。

まとめ

勉強法を改善し目標達成するには

・ 記憶力を高める習慣をつけましょう
・ 勉強机以外の環境を活用しましょう
・ スラスラできる時間を最大限に使いましょう
・ 違うことを繰り返し行い脳を活性しましょう
・ 勉強時間を生活リズムに組み込みましょう


連記事
学び勉強法
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会