親友がいないと悩む人に奨める、深い人間関係をつくる秘訣

親友がいないと悩む人に奨める、深い人間関係をつくる秘訣

親友がいない人生、楽しいことうれしいことがあっても、それを話す人がいなければ空しいものですよね。また、誰かの相談に乗ったり面倒事に巻き込まれるのはうっとうしいものではありますが、自分を必要としてくれる親友の存在には励まされることもあります。

普段は一人の休日を満喫しているあなたも、青春ドラマを見た後は、「親友がいるのもいいな」という気持ちになるでしょう。そんなときにはたと思うのが、「親友ってどうやって作るんだ?」です。

親友どころか、知り合い以上の深い人間関係の築き方も「?」という方もいるのでは?ここでは親友がいないと悩む人のために、深い人間関係をつくる秘訣をお伝えします。親友が欲しい方、ぜひ参考にしてください。

 

親友がいないと悩む人に奨める、
深い人間関係をつくる秘訣

 

色々な人に会ってみましょう。

友達以上の深い人間関係を築きたい、親友を作りたいからといって、相手は誰でもよいわけではありませんよね。親友がいない方、あなたに今親友がいないのは、あなたの友人・知人の中に、あなたが親友にしたいと思う人材がいないからです。

まずは、あなたが「この人と親友になりたい!」と思う人を探しましょう。学校や会社など、これまでいた自分の世界を飛び出して、色々な人に会ってみてください。

世界は広いです。「俺のことを理解してくれる人なんてこの世にはいない」なんてことはありませんよ。必ずあなたとフィーリングが合う人がいます。深い人間関係をつくるには、まず色々な人と会ってみること、そこから始めましょう。

 

プライドがあなたの周りに壁を作っている!弱み・悩みを打ち明けましょう。

せっかく「この人だ」という素敵な人を見つけても、あなたのこれまで通りの方法で接していたのでは、その人と深い人間関係を築くことはできません。

親友がいない方に共通するのが、「他人に自分の弱み・悩みを見せられない」こと、つまりいい格好しいなのですね。悩み事ができたとき、誰にも知られたくない・自分一人の力で解決しようとしていませんか。

悩みが深まるにつれ、ますます他人を寄せ付けなくなり、気づくとそれまで仲が良かったはずの友達に自分以外の友達ができていたなんてことも、もしかしたらあるかもしれませんね。

映画やドラマで、主人公とヒロインが危機に瀕したとき、二人の距離がぐっと縮まるように、弱み・悩みを見せあうことであなたと友達の距離はぐっと近くなります。

反対にいえば、弱み・悩みを見せられないような友達はしょせんは表面的な付き合い、ご近所付き合いとかわりません。まずは、あなたから友達に悩みを打ち明けてみましょう。

 

友達のために骨を折ってみましょう。

無償で他人のために働く、なかなかできることではありませんよね。しかし、親友のためならできるはずです。親友がいないと悩んでいるあなた、今まで友達や他人のために働いたこと、骨を折ったことはありますか?

友達からの相談に親身になって乗ったことがありますか?今度、あなたの友達が悩み事を相談してきたら、友達のために骨を折って働きましょう。たしかに面倒くさいは、面倒くさいです。

しかし、友達の悩み事が解決したときには、自分のことのようにうれしい気持ちになりますよ。深い人間関係とは、「相手と自分を同化すること」、つまり相手の気持ちにどれだけ寄り添うことができるか、です。「面倒くさい相談は持ちかけてくるな」という態度では、親友はできませんよ。

 

深い人間関係には我慢は不要!嫌なことは嫌だと伝えましょう。

深い人間関係をつくることが苦手な方の多くは、我慢する癖がついています。相手に嫌な思いをさせたくないから、相手に嫌われるのが嫌だから、嫌なことを嫌だと言えなくなってしまうのです。

あなたが我慢すれば、表面的には波風の立たない友人関係が続くでしょう。しかし、あなた自身はどうでしょう?我慢ばかりでは疲れてしまいますよね。

友達と一緒にいるときよりも、自分の部屋で一人でいる方が楽になってしまうと、あなたの方から友達から少しずつ離れていくことになります。親友がいないあなた、友達の前で我慢をするのをやめましょう。

自分の考え・気持ちをきちんと言葉にして伝えるのです。もしかしたら、相手は嫌な顔をするかもしれません。あなたから離れて行ってしまうこともあるでしょう。

しかし、それで友達でなくなるのなら所詮それだけの関係だったということ、あなたが我慢したとしてもいずれ離れてしまうことになっていたでしょうから気にする必要はありません。次に行けばよいのです。

 

本音をぶつけあうことも大切!ケンカを避けてはいけません。

あなたが嫌なことを嫌だと言えば、当然、相手から言い返されることもあるでしょう。これまで親友らしい親友がいないあなた、相手が言い返してきたら、その場をおさめるために自分の意見を引っ込めてしまいがちです。しかし、ここでケンカや、二人の関係に波風が立つことを避けてはいけません。

親友も、恋人や夫婦と同じように、お互いの本音をぶつけ合いケンカを重ねることで、「ああ、こいつはこういう奴なんだな」と相手を理解できるようになるのです。深い人間関係にケンカはつきもの!ただし、仲直りはきちんとしてくださいね。ケンカ別れは×ですよ。

 

いかがでしたか。

以上が、親友がいないと悩む人に奨める、深い人間をつくる秘訣でした。これまで親友らしい親友がいなかった方、とりあえずはこれまであなたがいた世界とは違う新しい世界に飛び込んでみてください。

新しい世界には、あなたがこれまで会ったことのないような色々な人がいます。きっと「この人となら一生仲良く付き合っていける」という友達を見つけることができますよ。

友達との関係を深めるためには、多少の面倒・骨折りは必要です。これまであなたに親友がいないということは、あなたはどちらかといえば一人で何でもできてしまう、

友達に相談したりされたりということが苦手な性格なのでしょう。もしかしたら、自分の弱みを見せることを格好悪いと考えているのかもしれません。

しかし、「この人なら」という友達を見つけることができたのなら、思い切って相談してみましょう。また、相手から相談を受けたら、面倒くさがらずに骨を折ってみてくださいね。

 

まとめ

親友がいないと悩む人が人間関係を深めるには

・ 色々な人に会ってみましょう。
・ プライドがあなたの周りに壁を作っている!弱み・悩みを打ち明けましょう。
・ 友達のために骨を折ってみましょう。
・ 深い人間関係には我慢は不要!嫌なことは嫌だと伝えましょう。
・ 本音をぶつけあうことも大切!ケンカを避けてはいけません。


連記事