説明が下手で悩んだら読む、その場でサッと改善できるポイント

説明が下手で悩んだら読む、その場でサッと改善できるポイント
普段の生活の中で、自分の説明が下手だと落ち込むことってありますよね。プレゼンテーションのように、前もって色々と準備をできる場合でも大切な事がきちんと伝わるように説明するのは簡単ではありません。

また、仕事の現場だけでなく、外で道を尋ねられた時や友達にお勧めのお店を紹介する時など、人に何かを説明するという場面は、日常に溢れています。一生懸命話したつもりでも、結局何が言いたかったのかわからない…ということは珍しくないでしょう。

特に、大切な事を話している時にそれが伝わらないとなると、説明が下手だと悩んでいるだけでは済まなくなるかもしれません。そこで今回は、説明が下手で悩んだら読む、その場でサッと改善できるポイントを5つお伝えします。

 

説明が下手で悩んだら読む、
その場でサッと改善できるポイント

 

大切なことはまず最初に話しましょう。

説明が上手に聞こえるコツは、結論や最も伝えたい事をまず最初に話すことです。長い話を聞いたのに、結局何の話かわからなかったという事ってありますよね。

説明が下手な人は結論や要点を最後に伝えてしまう、つまり、経過や原因などを頭から延々話そうとする傾向があります。もちろんプロセスも大切ですが、わかりやすく説明するためには結論や自分が一番言いたい事をまず最初にハッキリさせましょう。

話の冒頭は、聞いている相手も「どのような話だろうか」としっかり注目している状態ですから、伝わりやすいのです。“つかみが肝心”とよく言いますが、説明が下手で悩む方はこの事を忘れないようにしてくださいね。

 

大切なポイントが複数ある時は、先にその数を伝えましょう。

さて、まず最初に話すべき大切なポイントや言いたい事が、複数ある場合もありますよね。そういう時は、具体的な数字をまず聞き手に伝えましょう。

「これから、重要な点を3つご説明します」「原因は2つです」というように、先にしっかり聞いて欲しい部分を言っておくのです。これだけで説明する側は頭の中が整理できますし、聞いている方も内容をきちんと理解しやすくなりますよ。

できることなら、大切なポイントはなるべく少なくすることが望ましいです。最も重要な1つに絞れることに越したことはありません。

でも、それが難しいのであれば、説明する前にいくつポイントがあるのか伝えられるように、頭の中で話したい事をしっかり整理しておきましょう。説明が下手だと悩む方にとっては良いトレーニングにもなります。

 

話は短めにわかりやすい表現を心掛けましょう。

先ほど、説明が下手な人は結論の前に原因や経過を長々と話そうとしてしまうという事をお伝えしましたが、話をする際に一文をなるべく短くする事でよりわかりやすい説明になります。

説明が下手だと悩んでいる方の中には、説明する際に、一文の中に何度も読点(、)が出てくるような長い文章になっているのではないでしょうか。

書かれたものを読む際も、一文が短く端的に表現されているものの方が読み進めやすいですよね。そして、さらにわかりやすく説明するためには、疑問が残るような曖昧な言い方はしないようにします。

「おそらく…だと思われます」というような表現は、聞いている側も「結局、どうなのか」と混乱してしまいます。自身の感想を交えたい時は、事実はしっかりと言い切り、自身の印象や感想は分けて伝えるようにしましょう。

 

区切りの良いところで、聞き手の理解度を確認しましょう。

大切な事は最初に、文章は短めに…と心掛けていても、込み入った内容になるとどうしても話は長くなりますよね。そんな時は、ある程度の説明が進み区切りの良いところで、そこまでの話の内容がきちんと伝わっているか確認をしましょう。

説明が下手だと感じている人は、早く終わらせたくて一気に説明を進めてしまいがちではないでしょうか。それでは逆効果なのです。

説明の仕方自体がわかりやすくても、聞き手がこちらの思惑通りに正しく理解してもらえているとは限りません。説明上手になるためには、聞き手に対する思いやりを忘れないことが大切です。

 

聞いている相手の方を向いて明確に話しましょう。

何かを説明するという場合に限らず、誰かとしっかり話をする際には相手ときちんと向き合う事が大切です。伝えたい事、説明したい事がある時は尚更ではないでしょうか。

相手の事をあまりにもジッと見つめる必要はありませんが、重要なポイントを話す際には相手の目を見てハッキリと話すようにしましょう。

説明が下手だと悩んでいるとボソボソとした小声になったり、早く終わらせたくて早口になったりしてしまう事があると思います。

けれど、それでは余計に伝わりません。しっかり説明をしたい、大切な事なので聞いて欲しいという気持ちを姿勢から示す事で、聞き手も注目してくれるでしょう。

 

いかがでしたか。説明が下手で悩んだら読む、その場でサッと改善できるポイントを5つお伝えしました。人前で話すことを全く苦手としていなくても、自分の説明が下手だと感じていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、流ちょうに話ができることと、説明が上手なことは違います。説明するということは、伝えなければならない内容を相手にしっかりと伝えて、理解させることです。

いくら話術が巧でも、ただ話をするだけでは限られた時間や条件の中で大切な事をしっかりと相手に理解してもらうことは難しいでしょう。きちんと「説明」をするには、コツが必要なのです。今回ご紹介したようなポイントを参考にして、説明下手を克服してください。

まとめ

説明下手をその場で改善する方法とは

・ 大切なことはまず最初に話しましょう。
・ 大切なポイントが複数ある時は、先にその数を伝えましょう。
・ 話は短めにわかりやすい表現を心掛けましょう。
・ 区切りの良いところで、聞き手の理解度を確認しましょう。
・ 聞いている相手の方を向いて明確に話しましょう。


連記事