白ワインで作るカクテル◇美味しさ引き立つ7つのレシピ

%e7%99%bd%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a7%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%83%ab%e2%97%87%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%95%e5%bc%95%e3%81%8d%e7%ab%8b%e3%81%a47%e3%81%a4%e3%81%ae
白ワインの入っているカクテルというと、“キール”や“スプリッツァー”が有名ですよね。飲んだことがある、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。他にも白ワインベースのカクテルはいろいろあります。

通常白ワインはそのまま飲む人が多いですが、カクテルにすると別の美味しさがあります。アルコール度数が13度と高めなのでストレートだと少しキツイと感じる場合や、食前や食後にオシャレで美味しいカクテルを楽しみたいという時のために、いくつかカクテルの名前を覚えておくと良いでしょう。

実は結構かんたんに作れるものも多く、また、自家製で作る場合は配分なども変えられますので、ぜひ自分の好みに合わせてアレンジしてくださいね。それでは、白ワイン入りカクテルの中から厳選して、美味しさ引き立つ7つのレシピをお伝えします。

 


 

白ワインで作るカクテル◇
美味しさ引き立つ7つのレシピ

 

~キール~

ker

白ワイン 150ml
カシスリキュール 30ml

こちらは白ワインカクテルの中では定番のもの。甘くて飲みやすいので、女性に人気があります。カシスリキュールが甘いので、量を変えて甘さを調節しましょう

白ではなくてロゼか赤ワインが入っているのではと勘違いしてしまいそうですが、カシスリキュールの色が赤いので、全体的に透き通った綺麗な赤色になります。白ワインをシャンパンに変えれば“キールロワイヤル”というカクテルになります。

 


 

~スプリッツァー~

spritzer

白ワイン 90ml
炭酸水 90ml
レモン 1切れ

オーソドックスな白ワイン入りカクテルです。白ワインと炭酸水を同量入れ、お好みで氷を浮かべましょう。ライムやレモンのスライスを浮かべても美味しいです。

かんたんな上、アルコール度数が落とせて、すっきり爽やかな味わいになります。なるべく辛口の白ワインを使うとさらにサッパリします。炭酸が抜けるので、あまりかき混ぜない方が良いでしょう。

 

~ビア・スプリッツァー~

beer-spritzer

白ワイン 90ml
ビール 90ml
レモン 1切れ

先ほどの“スプリッツァー”の炭酸水をビールに変えたものです。白ワインに冷やしたビールを合わせ、レモンを添えます。暑い日にピッタリのカクテルです。

こちらはビールの苦みと白ワインの甘みがマッチして、ちょっと大人っぽいドライで爽やかな飲み口になります。それほど甘くないので、食事にも合わせても良いでしょう。

 

~オペレーター~

operator

白ワイン 90ml
ジンジャエール 90ml
レモンスライス 1切れ

軽めで飲みやすくさっぱりした味わいのオペレーター。白ワインをジンジャエールで割りますので、アルコール度数は低くなります。

レモンを絞って入れるとよりさっぱりして味が引き締まります。白ワインの代わりに赤ワインを使うと“キティ”というカクテルになります。

 

~サングリア・ブランカ~

sangria-blanca

白ワイン 750ml
グレープフルーツ 1個
キウイフルーツ 1個
リンゴ 1個
はちみつ 適量
ラム酒 適量
ミント 適量

サングリアといえば、スペインやポルトガルでよく飲まれているもの。普通は赤ワインの中にフルーツを漬け込みますが、白ワインベースにしても美味しいのです。

フルーツを一口大に切り、白ワインに一晩漬け込みます。リンゴは皮つきのままにした方がカラフルで色味豊かなカクテルになるでしょう。はちみつやラム酒はお好みで、味を見ながら量を調節しましょう。

フルーツは桃や梨を使っても良いですし、パイナップルやストロベリーなどいろいろアレンジしてみるのも楽しいですね。ぜひ、自家製サングリアに挑戦してみましょう。
 

 

~白ワインクーラー~

wine-cooler

白ワイン 90ml
オレンジジュース 30ml
グレナデンシロップ 15ml
ホワイトキュラソー 10ml

氷の入ったグラスに入れると、冷んやりとフルーティーで飲みやすいカクテルになります。オレンジジュースは市販のものでなく、生絞りにするとよりフルーティでフレッシュな味わいになります。お好みでオレンジを1切れグラスに差したり、スライスにして浮かせてもオシャレですね。

こちらもサングリアと同じく、“ワインクーラー”といえばロゼワインを使うことが多いですが、白ワインにオレンジジュースを混ぜても美味しいです。

 

 

~ファンタジア~

fantasia

白ワイン 30ml
ピーチリキュール 30ml
アプリコットブランデー 15ml
レモンジュース 5ml
チェリー 数個

白ワインとピーチリキュールを混ぜ、アプリコットブランデーとレモンジュースを加えます。レモンジュースはお好みで酸味を調整しましょう。最後にチェリーを幾つか沈めます。

桃のお酒ピーチリキュールが入っているので、甘くて飲みやすく香りも程よいカクテルになります。
 

 

いかがでしたか。

今回は、白ワインを使ったカクテルを7つお伝えしました。比較的かんたんに美味しく作れるものばかりなので、白ワインをアレンジしてみたいと思った時には、ぜひ挑戦してくださいね。

白ワインベースのカクテルには他に、“キスール”というカシスやピーチリキュールを加えたものや、“ベレッタ”というドライ・ベルモットやドライ・ジンを加えたなどもあります。

この記事ではいずれも非発泡のスティルワインをベースにしたものを紹介していますが、白ワインでも発泡性スパークリングワインを使ったカクテルもあります。“キール・ロワイヤル”や“ミモザ”“ベリーニ”などが有名です。

さあワインがあなたを待っていますよ!今日はどのワインで乾杯しましょうか。

 

まとめ

白ワインベースのおすすめカクテルは
・キール
・スプリッツァー
・ビア・スプリッツァー
・オペレーター
・サングリア・ブランカ
・白ワインクーラー
・ファンタジア


連記事