就活の面接を成功させる4つのステップ

就活の面接を成功させる4つのステップ

就活の面接対策で最も大切なことは事前準備ですよね、事前準備で就活の面接が成功するかどうかはほぼ決定します。就活の面接を成功させるためにはいくつかの大切なステップがあるので、当記事では事前準備に注目し就活の面接を成功させるための4つのステップを解説していきますね。

この4つのステップを実践すれば最小の努力で就活面接の結果を最大限に高められ、あなたの就活の面接だけではなく就職活動そのものを成功させることができるでしょう。もちろん簡単ではありませんが、効果は期待できますのでぜひ記事を読んで、実践しましょう。

 

就活の面接を
成功させる4つのステップ

 

Step-1 自分を掘り下げよう

いわゆる就活の面接準備の定番である自己分析です。ここでは就活の面接を成功させられるように、自己分析を上手に実施するために必要な一つのコツについて解説し、どのように自己分析をすることが成功への最短の道なのかを解説していきます。

そのコツはよく知られている自己分析である「過去の自分の歴史を振返る」等の方法ではなく、「就活の面接で聞かれる可能性がある質問をベースに自己分析」を進めていくといった方法です。

例えば、「あなたの強みは?」だったり「あなたが今まで一番苦労したことは?」や「あなたの長所はなんですか?」や「あなたの短所は?」や「あなたが学生でやってきたことは?」等といった就活の面接で想定される質問に対して答えを作っていくことによって自己分析をしていきます。

想定質問を用いて自己分析することによって、その自己分析は質問に対する想定回答を作っていることとなり、自己分析がそのまま面接対策に繋がります

 

Step-2 さらに自分を掘り下げよう

想定質問に対する回答を用意をした後、次に何をすればいいのか?就活の面接での質問を想定した答えを用意しただけで終わってしまうと、他の候補者との差はなかなかつきにくいです。では、どうするか?ここではコンサルタントがよく用いてる「5 Why」というテクニックを使っていきます。

これはすごく単純な方法で、ただ5回「何故」を繰り返すといった技法であり、コンサルタントの現場だと問題の原因分析をする際に用いられたりします。(その際は5回どころか原因がわかるまで何回も何故を繰り返すことも多いですが・・)

では、「5 way」をどのように就活の面接準備に用いるのか?それは想定質問に対して準備した想定回答に、さらに「何故」を繰り返していき、何回も「何故」を繰り返すことによって質問の回答をより深いものしていきます。

この準備をすることによって就活の面接で追加の質問をされた場合も困らなくなりますし、また、この自己分析を通して掘り下げていくことによって気がつかなった自分にも気がつける可能性もあります。

就活で面接をうまく進めるための4つのステップ

 

Step-3 志望動機に差をつけよう

就活の面接で絶対に聞かれる質問といえば「志望動機」ですね、この問に対する回答の事前準備は会社情報を調べながら固めていきましょう。志望動機は業界への志望動機となぜその業界で御社に入社したいと考えているのか明確に答えることが大切ですが、余程の企業でない場合は唯一無二の理由を作るのはもちろん不可能です。

では、どうすればいいのか?ここで大切なのは出来るだけ「深く」そして「ロジカル」に理由を述べることあり、またその志望理由に会社の魅力だったり強みだったりの理由がはいっている必要があります。では会社の強みや魅力をどのように調べればいいのかのコツも解説しますね。

もちろん、採用ページに紹介されていることを拾ってまとめもいいのかもしれませんがそれでは差がつかないので、IR情報を使いましょう。IR情報とは何でしょうか?

インベスター・リレーションズ(Investor Relations、IR)とは、企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する活動をいう。 日本では「投資家向け広報」とも訳されるが、IRという頭字語も定着している。

投資家向けにまとめれられたIR情報には投資家へアピールするための強みなどが記載されていることがあり、これは就活の面接で十分に利用できますのでぜひ利用しましょう。また多くの場合、IR情報には今後の事業計画も記載されてるので、記載されている今後の事業予定と自分のやりたいことや貢献できることを結びつけて説明することができれば、それはとても良い志望動機になります。

 

Step-4 最後はひたすら練習しよう

ここまで出来れば下準備は終わり、あとは想定質問に対して用意した回答をひたすら自然に言えるように練習していきますが、その際は実際に声に出して言うことが大切です。実際の就活の面接を想定して、椅子に座り、どのような手振り身振りをするのかも意識していきましょう。

オススメは自分のスマートフォンなどで録画することであり、これは社会人がプレゼンの練習時にも行う方法であり、効果が大きいです。客観的に自分が話している姿を観ることによって、話し方だったり体の動かし方などたくさんの改善点に気がつくことができます。

 

いかがでしたでしょうか。就活の面接の準備をいかに効率的に最大の結果がでるように行えばいいのか解説していきました。事前準備として自己分析を「想定質問」で行い、「5 Why」で掘り下げ、IR情報を使って他の候補者と差をつけ、あとは就活の面接本番に近い状態でひたすら練習しましょう。

決して簡単な方法ではないですが、地道に準備・練習すれば必ず効果がでる方法なのでぜひ、この4つのステップを行い就活の面接を成功させましょう。

 

まとめ

就活の面接を成功させる4つのステップ

Step-1
想定質問」で自分を掘り下げよう
Step-2
「5 WHY」で想定回答を掘り下げよう
Step-3
IR情報を使って志望動機に差をつけよう
Step-4
最後はひたすら練習しよう


連記事