洞察力とは仕事や人間関係において重要な能力である5つの理由

洞察力とは仕事や人間関係において重要な能力である5つの理由
洞察力とは、物事の性質や原因を見極めたり推察したりする能力のことです。洞察力と聞くと難しいスキルだと感じる方もいますよね。

簡単に言ってしまえば、洞察力とは空気を読むスキル。近年、洞察力は必須のビジネススキルとして注目されています。

職場に1人くらいは難なく仕事をこなしている人はいませんか。実は、洞察力があると、何か問題が起こる前に未然に対処できるので様々なことがスムーズに進んでいきます。

一方、洞察力に欠けていると様々なトラブルに巻き込まれてしまうので何もかも上手くいかなくなってしまうでしょう。

そこで今回は、洞察力が仕事や人間関係において重要である理由についてお伝えします。あなたも洞察力を鍛えることで、仕事や人間関係を好転させましょう。ではご覧ください。

相手の本当の気持ちが分かる

冒頭でもお伝えしましたが、洞察力とは空気を読むスキル。洞察力のある人は、人のちょっとした仕草から、相手の考える本当の気持ちを感じ取ります。

どうすれば相手の本当の気持ちが分かるのでしょうか。相手の気持ちを知るには、目に見えることを細かく見る能力である観察力が重要。

観察力を磨くことで相手の些細な変化に気付くことができます。こうした些細な変化に気付くだけでも、相手の本当気持ちを知るきっかけになります。まずは、身近な人の顔色や表情、服装など目に見えるものを細かく観察してみましょう。

 

感情をコントロールできる

昔のことわざのなかに「人の洞察はその怒りを遅くする」ということわざがあります。いつも怒ってばかりの人と仲良くなりたいと思う人はいませんよね。

良い人間関係を築くために、感情をコントロールしてどんな時も冷静に対応したいものです。洞察力とは、このような感情をコントロールする上でも重要なスキル。

洞察力があれば、何か怒り出してしまいたくなるようなことが起こっても冷静に対処できるでしょう。感情をコントロールして冷静に対応するには、なぜそのような態度を取ったのか考えることが大切です。

普段から「なぜこの人は○○のようなことをしたのだろう」、「この人が○○と言ったのはこういう理由があるかもしれない」といった考える癖をつけて下さい。

このように相手の行動に意味づけができるようになると、イライラした気持ちをコントロールできます。

 

夫婦の関係が強まる

仕事だけでなく、家庭の人間関係も良いものにしたいですよね。洞察力とは、相手の気持ちを考える能力。

普段は人間関係に気を使っている人でも夫婦となると無神経になってしまう人もいますが、「親しき仲にも礼儀あり」です。

いつも顔を合わせる身近な間柄であっても洞察力を働かせて相手に与える影響を考えましょう。洞察力とは、自分がどうしたいかではなく、相手がどうして欲しいのかを考えて行動するのに役立ちます。

このように夫婦といった身近な存在であっても洞察力を働かせてプライベートな人間関係を良好なものにして下さい。

 

トラブル回避に役立つ

洞察力とは、人の気持ちだけでなく物事の本質を見抜く力もあります。ハインリッヒの法則をご存知でしょうか。

これは、事故の背景には多くのエラーや間違いが潜んでいるというもの。つまり、日々のエラーや間違いの本質を見抜ければ重大事故を防ぐことができると言えます。

近年は、ビックデータと呼ばれあらゆる情報を集めて事故を未然に防ぐ取り組みがなされていますよね。

私たち個々の能力では、全ての情報を集めることは不可能ですが、様々なことを関連付けて考えてみると問題の本質が見えるかもしれません。

職場で起こった事故と普段の業務を関連付けて考えるトレーニングを行い事故を未然に防いでいきましょう。

 

言葉の先にあるものを提供できる

お客様のニーズにしっかり答えられる仕事をしたいと願う人も多いですよね。しかし、お客様のニーズってなかなか分かりにくのも事実。

自分の希望を何でも言ってくれる人なら良いですが、ニュアンスで答えられたり、本心を言わないお客様もいます。

洞察力とは、こうしたお客様のニーズを汲み取る際にも効果を発揮します。お客様のニーズを汲み取るには、コミュニケーションが不可欠。

優秀な営業マンは、適切な質問を繰り返し、お客様の本心を見抜いていきます。このように洞察力を働かせて、お客様と有効な関係を築きニーズを引き出して下さい。

 

いかがでしょう、洞察力とは、空気を読み、他人の気持ちを汲み取り、物事の本質を知るのに役立ちます。今回お伝えしたように、洞察力を身に付ければ、仕事だけでなく、人間関係を良好なものにできますよね。

では、どうすれば洞察力を鍛えることができるのでしょうか。幾つかの例をご紹介しましたが、洞察力とは何かの情報を基に推察する能力であるということ気付いた方も多いハズ。

つまり、洞察力を磨くには、観察力やコミュニケーション力といった情報を引き出す能力も重要なのです。

洞察力を身に付けたいと考えている人は、身近なものを観察したり、会話のなかから情報を引き出す方法について学んで下さい。あなたも洞察力を鍛えれば、仕事や人間関係が良いものに変わっていきます。

まとめ

洞察力が重要である理由とは

・ 相手の本当の気持ちが分かる
・ 感情をコントロールできる
・ 夫婦の関係が強まる
・ トラブル回避に役立つ
・ 言葉の先にあるものを提供できる


連記事
考え方学び
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会