友達がいない歴を終わらせる為に改善すべき癖とは

友達がいない歴を終わらせる為に改善すべき癖とは

友達がいないと悩んでいる人は意外と多いです。近年はインターネットやスマートフォンなどの普及によって、一人で過ごしていても楽しみが多くて、気付くと友達がいないという状況になっている方の話をよく耳にします。

友達がいると困ったときに助けてくれますし、友達だからこそ気軽に相談できる悩みもありますよね。趣味を共有できる人がいることも人生に大きな潤いを与えてくれます。

交友関係や人格は年齡を重ねるほど完成されていくもので、友達づくりは年齡を重ねるほど難しいなと感じてしまいがちですが、少し意識を変えるだけで、友達がいないという悩みは改善できますよ。そこで今回は、友達がいない歴を終わらせる為に改善すべき癖とはをお伝えします。

 

友達がいない歴を
終わらせる為に改善すべき癖とは

 

ポジティブな人間になろう

ポジティブな人と一緒にいると元気が貰えますよね。「この人と一緒にいたいな」と思われることは友達づくりにおいて大きなポイントです。

突然「友達がいない歴を終わらせよう」と思い立ってポジティブな人間になろうとしても難しいので、日常から笑顔で明るくいること、これだけでも意識するようにしましょう。

また、ポジティブ思考で明るいオーラを発していると、相手から話しかけてもらえる確立がグッとアップしますよ。逆にネガティブでいると、「とっつきにくいなぁ」と思われますし、一緒にいても暗い気持ちになってしまうので、友達がいない人生に変化は訪れ難くなってしまいます。

 

自分から積極的に話しかけてみよう

友達がいない歴を終わらせるには、他人と話さなければ何も始まりません。しかし、友達をつくるという作業を中断していると、他人とどのようにして打ち解けていいか分からなくなってしまいますよね。

とにかく頭であれこれ考えずに、自分から積極に話しかけてみましょう。人は意外と誰かが話しかけてくれるのを待っているもので、明るく接しれば嫌な顔をされることはありません。

人とのコミュニケーションにおいて”共感性”は相手との一体感を感じる重要なポイントなので、相手の話に共感してみることもオススメ。

まず、他人と話すことをきっかけとして、性格や趣味が合えば自然と話が弾んで友達関係へと発展していくはずです。無理に会話をしているように感じたら、友達になったとしても自分を偽りながら付き合っていかなくてはいけないので、無理に友達になろうと思う必要はありません。

会話をして友達関係に発展しなくても、様々な人と話すことは自分の会話の幅を広げられるので、コミュニケーション能力のアップにつながりますよ。

 

友達がいない自分の習慣を見直してみよう

友達がいない人には理由があります。友達を作りづらい行動を取っていて、それが習慣となってしまっているのです。習慣とは怖いもので、一度習慣として身体に染み付いてしまうと、抜け出すのは困難になってしまいます。

友達がいない自分の習慣を見つめ直せば、どうして友達ができないのか、どうすれば友達ができるようになるかが見えてきますよ。

もし見えてこなければ、友達の多い人を見て自分と比較してみて下さい。習慣を変えることは簡単なことではないですが、「友達をつくる」ということだけをシンプルに考えて明るく一歩を踏み出しましょう。

 

一人の時間を楽しむのはほどほどにしよう

一人の時間は、周囲に気を配る必要がないですし、やりたいことを自由気ままにできるので気楽ですよね。近年はスマートフォンの普及もあって、一人の時間が暇だなと感じることは少ないのではないでしょうか。

また、ネットがあれば一人でいても一人だと感じさせないもの。こういったことに慣れてしまうと、友達をつくりたいというモチベーションが湧いてこなくなってしまうので大変危険です。

他人との交流に積極的になれなかったり、「今度でいいや」と、友達作りを先延ばしにしてしまう傾向にあります。一人の時間を楽しむのはほどほどに。趣味は誰かと共有して、友達づくりのきっかけにしましょう。

 

友達作りのきっかけは挨拶から

社会に出ると、挨拶は欠かせませんよね。挨拶も会話の一つで、その人の印象を決める重要なものです。その場では挨拶だけで終わったとしても笑顔で明るく挨拶をすれば、社交的という印象が残るので、別の機会に会った時に話しかけてもらいやすくなりますよ。

逆に暗かったり、そっけない挨拶をしてしまうと、「話しかけ辛いなぁ」と思われてしまう恐れがあります。また、挨拶は自分からすることを心がけると、「この人は自分に対して好意的なのかな?」と頭に残るので、その後の関係が発展しやすくなります。

 

いかがでしたか。

友達がいないと悩んでいても少し自分の意識を変えるだけでいいんです。「本当にそれだけでいいの?」と思う方もいるかもしれませんが、明るく話しかけてきてくれる人に対して嫌悪感を抱くことはないですよね。

世の中には積極的に人に話しかけられなくても、話しかけられることを待っている人が意外と多いので、積極的に行動に移してみれば実感できるはずです。

友達がいない歴が長いと、最初は上手くいかないかもしれません。でも、そこで挫折せず、明るい未来を見て積極的な人間を続けましょう。

気付くと、コミュニケーション能力がアップしていて、友達をつくるという感覚が身についているはずです。友達がいると、困ったときに助けてもらえますし、家族や恋人とは違った楽しみの共有、人生にリフレッシュを与えてくれます。新たな出会いを大切に、新たな人生を手に入れてみましょう。

 

まとめ

友達がいない歴を終わらせるためには

・ ポジティブな人間になろう
・ 自分から積極的に話しかけてみよう
・ 友達がいない自分の習慣を見直してみよう
・ 一人の時間を楽しむのはほどほどにしよう
・ 友達作りのきっかけは挨拶から


連記事
タイトルとURLをコピーしました