人嫌いを卒業したいなら即トライ!身近で手軽なボランティア

人嫌いを卒業したいなら即トライ!身近で手軽なボランティア

人嫌いを卒業したいそこのあなた、身近なボランティアに参加してみましょう。「ボランティア」なんて聞くと、人嫌いの人にとってはぞっとしてしまうかもしれませんよね。

見ず知らずの人と、ワイワイ言いながらゴミ拾いや公園清掃をしたり、あるいは見ず知らずの人の食事を介助をしたり、人嫌いにとってはなかなかハードルの高い作業ばかりです。

あるいはボランティア活動自体はやりがいがあって楽しそうだけど、活動中や活動後の会話・打ち上げ、そこでできる人間関係が億劫だという方もいるでしょう。

しかし、ボランティアの中には人嫌いのあなたにこそ向いているものも多いですよ。ここでは、人嫌いを卒業したい方におすすめの手軽で身近なボランティアをお伝えします。

 

人嫌いを卒業したいなら即トライ!
身近で手軽なボランティア

 

もくもくと作業に没頭!ゴミ拾い・清掃ボランティア

人嫌いの方にとって、最初から知らない人と密に触れ合うボランティアはなかなかハードルが高いですよね。最初は、他人とのコミュニケーションが最小限で済むボランティアから始めましょう。

もくもくと作業に没頭できるゴミ拾い・清掃ボランティアがおすすめです。ゴミ拾いなら、最初と最後に集まるときだけ他人の目を気にすればよろし、作業中はもくもくと一人の作業に没頭できます。

ゴミ拾い・清掃ボランティアは仲間や家族で参加する方もいますが、一人参加も多いので、初参加のハードルも低いですよね。

また、「あなたの代わりはいくらでもいる」ボランティアなので、責任感を持たずに気楽に参加できるのもゴミ拾い・清掃ボランティアのおすすめポイントです。

たとえば、公園掃除のボランティアに申し込んだものの、当日の朝公園に行ってみたら、明かに自分の苦手な雰囲気だったというときには、そのまま逃亡することもできます。

人嫌いをなおしたいけれど最初から皆でわいわいするボランティアは不安という方は、ゴミ拾いボランティアから始めてみてください。

 

あなたの何のプロフェッショナル?専門性を生かしたボランティア

人嫌いの方の中には仕事モードや会社モードになれば、人と会話したりコミュニケーションをとることができるという方が多いです。

仕事モードから離れ、素の自分を出さなければならなくなったとたん、人とどう向き合えばよいのか分からなくなってしまうのですね。こんな方は、まずは仕事モードでできるボランティアに参加してみてください。

ネイリストさんや美容師さんなら、病院や施設を訪問してネイルをしたり髪を切ったり、メイクをしてあげたり、素の自分では患者さんにどう声をかけたら分からないけれど美容師としての自分なら、いつもお客さんに接するように患者さんと接することができます。

このように、最初は仕事モードで始め、徐々にボランティアモード、プライベートモードに切り替えていくことで、人嫌いを卒業して楽しくボランティアを続けることができますよ。

 

自分の好きなもの・趣味でボランティア

人嫌いでも、自分の好きなものや趣味についてなら、他人と楽しく話すことができるものですよね。自分の好きなものや趣味に関するボランティアに参加してみましょう。

動物好きのあなたは動物愛護に関するボランティア、捨て犬・捨て猫問題に取り組んだり川や海の清掃をしたり。このようなボランティアには、あなたと同じような動物好きが集まりますから、自然と会話も弾みます。

ボランティアを通して、趣味友達・一生の友を作ることもできるかも!ボランティアを探すときには、自分の好きなものや趣味に関するボランティアの募集が出ていないかをチェックしてみましょう。

 

共に汗を流せばすぐに仲良し!肉体労働のボランティア

今日初めて会った他人同士でも共に汗を流せば、言葉はなくとも、お互いの距離はぐっと縮まるものです。人嫌いのあなた、体力には自信のあるあなた、体力勝負!肉体を使ったボランティアに参加してみましょう。

災害被災地のボランティアや山や耕作放棄地の整備ボランティア、雪下ろしボランティアなどがおすすめです。このとき、気を付けていただきたいのが、「ボランティアに出かけた先で迷惑をかけてはいけない」ということです。

雪下ろしボランティア、南国育ちで雪下ろしなんてやったことがないという方はお呼びではありません。耕作放棄地の草刈りに回ってください。

ボランティアに参加して人嫌いを克服したい!それはすばらしいことですが、本来のボランティアの目的からは少し外れていますよね。

友達作りに出かけていって、雪下ろしの足手まといになったのではいけませんよ。ボランティアに参加するときは最低限のマナーとして、「自分が役に立つ現場に行くこと」を守ってくださいね。

 

人間を相手にしたボランティアで人嫌いを克服しましょう。

子供や老人、外国人や障害者など、人間を相手にしたボランティアはなかなか敷居が高いですよね。しかし、勇気を出して参加してみましょう。これまで会ったことのない人、知らなかった世界を知ることができますよ。

夏休みの学習塾ボランティア、絵本の読み聞かせボランティア、日本語ボランティア、介護ボランティアなど、人間を相手にしたボランティアには様々な活動があります。

自分ができそうな活動から始めてみましょう。たとえば、塾でのアルバイト経験があるのなら学習塾ボランティアがよいでしょう。英語が得意という方は、日本語ボランティアはいかがですか。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

 

いかがでしたか。

以上が、人嫌いを卒業したいあなたにおすすめの身近で手軽なボランティアについてでした。まずは、「これなら自分にもできそう」というボランティア活動を探してみてください。

自分の得意分野のボランティア活動であれば、人嫌いのあなたでも積極的に取り組みやすいでしょう。また、自分にとってのボランティア活動に参加するハードルを下げるためには「自分が参加してもしなくてもどちらでもよい。

自分がサボっても活動全体には支障をきたさない」ボランティア活動を選ぶことが大切です。老人ホームのボランティアなどは、参加すると言っていた人が急に来なくなると、他の人に迷惑がかかります。

反対に、何十人ときには百人単位で参加者がいるゴミ拾いであれば、あなた一人が当日ドタキャンしても、全体には全く支障をきたしません。

このように、「絶対に行かなければいけない」ボランティアではなく、「どっちでもいいや」と気軽に考えることができるボランティア活動から始めると、ボランティア活動に参加するのに無駄なプレッシャーを感じずに済み楽しく活動をすることができますよ。

 

まとめ

人嫌いを卒業したいときにするボランティア

・ もくもくと作業に没頭!ゴミ拾い・清掃ボランティア
・ あなたの何のプロフェッショナル?専門性を生かしたボランティア
・ 自分の好きなもの・趣味でボランティア
・ 共に汗を流せばすぐに仲良し!肉体労働のボランティア
・ 人間を相手にしたボランティアで人嫌いを克服しましょう。


連記事