仕事のモチベーションを維持するプライベートの有効なすごし方

仕事のモチベーションを維持するプライベートの有効なすごし方
仕事のモチベーションを維持することは容易ではありませんよね。ただなんとなく仕事とプライベートを行き来しているだけでは、モチベーションは下がる一方でしょう。

どんなに有能な人でも、仕事のモチベーションを持続するために、その人なりに工夫をしているものです。中には無意識のうちに、モチベーション維持が出来ている人もいますが、そうそう真似できることではありません。

家に帰ってくると、だらだらと過ごしてしまい、却って仕事に悪影響を与えてしまう…そうなる前に、プライベートを有効に使うことで、仕事のモチベーションを維持できるようになったら、毎日の仕事が楽しく感じられるようになるはずです。

そこで今回は、仕事のモチベーションを維持するためのプライベートの過ごし方をお伝えします。

 

仕事のモチベーションを維持する
プライベートの有効なすごし方

 

しっかり遊ぶ時間を作ろう

仕事のモチベーションを維持するには、遊ぶことも大切とよく言われていますよね。遊ぶと言っても、人によって「遊び」の感覚が違うので、その時、いちばんやってみたい遊びをするのが、いちばん有効でしょう。

「やってみたことないから、また今度にしようかな」ではなく、プライベートでも本気で遊べるようになると、自分のモチベーションの上げ方、維持のしかたも体で覚えることができるようになります。

どんなに小さな遊びでも、本気で工夫して、本気で面白くしようとしてみてください。仕事のモチベーションも、本気にならないと維持できないように、まず遊びのモチベーションを本気になって維持してみることから始めましょう。

 

早寝早起きをしよう

仕事のモチベーションを維持するためには、プライベートでの体調管理が大切ですよね。自由にのびのび過ごしたいところですが、休日やプライベートの時間を有効に使うためにも、早寝早起きを心掛けましょう。

仕事のモチベーションは精神論では維持することは不可能ですし、「モチベーションを維持しなければいけない」ことを頭ではわかっていても、体調が悪いとそれも難しくなってしまいます。

また、睡眠不足になると、モチベーションの維持どころかモチベーションを水準まで上げることすら困難になるので、休日、プライベートのときこそ、早寝早起きのリズムをしっかり作りましょう。仕事のモチベーションの維持とは、すなわち生活リズムの維持することと同じことなのです。

 

インプットとアウトプットのバランスを取ろう

仕事のモチベーションを維持するためには、インプットとアウトプットのバランスを取ることも大切ですよね。普段の仕事で、多くのことを覚えなくてはいけない人や、たくさん仕事を抱えている人は、インプット過多の状態になっているので、プライベートでは外に向けて発散することを意識しましょう。

カラオケやスポーツなど体を使うことがおすすめです。逆に、仕事で人前に出ることが多い人やサービス業の人は、読書したり、習い事をするなど新しい情報を取り込むことを重視するとよいでしょう。

また、自分自身がインプットしたいのか、アウトプットしたいのか、自分の状態を把握できるように体調や自分の内面にも目を向けられるとベストです。

仕事のモチベーションを維持したいなら、普段から自分のキャパシティをよく理解しておくことが大切と言えるでしょう。

 

これまでの仕事を振り返ろう

仕事のモチベーションを維持していくために、自分がこれまでにやってきた仕事を振り返りましょう。振り返ることで、過去の仕事から、新しい何かを学ぶことも出来ますし、「自分はこんなにも仕事をやってきた」と自信にも繋がるんですよね。

自己満足的なことではありますが、自分のやり遂げてきた仕事を振り返ることで、自分を客観的に見つめることができるようになります。

その中で反省すべき点を見つけたり、今まで気づかなかった自分の強みを見つけることができるかもしれません。

自分の仕事を逐一メモしていないという人は、自分のスケジュールが書かれている手帳や、仕事の過去の資料を見返しても良いでしょう。自分の軌跡を辿ることも、また仕事のモチベーション維持には大切なことなのです。

 

抱えている仕事を整理して計画を見直そう

仕事のモチベーションを維持するためには、今抱えている仕事を一度整理して、自分の立てた計画を見直すことも大切ですよね。

仕事のモチベーション維持とは、現状維持とイコールではありません。維持することは、前に進み続けることでもあるのです。

プライベートの時間の中のほんの30分から1時間くらいを仕事の内容や情報整理の時間に当てて、仕事の準備をしておきましょう。

職業によっては仕事の時の動き方が異なります。今の自分の仕事に見合ったスケジューリングになっているか、よく検討して組み立てていきましょう。自分のが仕事で何を、どのくらいやればよいのか、明確にしておくだけでも、仕事のモチベーション維持はとても簡単になるはずです。

 

いかがでしたか。仕事のモチベーションを維持するには、大きく分けて2つのことを把握することが大切なんですよね。ひとつは、自分の心身の状態を把握すること、もうひとつは自分の仕事量を把握すること、の2つです。

上記で説明したことは「心身」の把握と、「仕事量」の把握です。本気で遊ぶこと、体調管理すること、自分のキャパシティを知ることは仕事でモチベーション維持するために欠かせない要素と言えるでしょう。

これに対して、4番目の過去の仕事を振り返ることで、自分がいつ体調を崩していたかがわかれば、どこまでが自分の限界値を知ることもできます。

これらの自分のステータスを把握することで、無理のない、より効率的な仕事の計画を立てられるようになるでしょう。そうすることで、これまでよりも仕事に対する不安感が消え、より良い仕事のモチベーションを維持できるようなっていくはずです。

まとめ

モチベーション維持するプライベートの過ごし方とは

・ しっかり遊ぶ時間を作ろう
・ 早寝早起きをしよう
・ インプットとアウトプットのバランスを取ろう
・ これまでの仕事を振り返ろう
・ 抱えている仕事を整理して計画を見直そう


連記事