好かれる人にすぐなれる!素敵な第一印象の与え方

好かれる人にすぐなれる!素敵な第一印象の与え方
人から嫌われるよりは、好かれる人になりたいと思いますよね。誰の周りにもひとりは、みんなに好かれるような人がいるもの。その人を見ては、自分も人から好かれる人になりたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

実は、みんなに好かれる人には、共通点があります。これ知り、実践することで、誰でも簡単にみんなから好かれる人になれるんです。とは言え、一度持たれた印象を変えるのは、思っているよりずっと難しいこと。

特に、出会ってから数秒で「その人」を決定づけると言われる第一印象を変えるのは至難の業。つまり、すぐにでも好かれる人になりたいなら、第一印象を良くすることが重要なんです。そこで今回は、誰でも簡単に好かれる人になれる素敵な第一印象の与え方をお伝えします。

 

好かれる人にすぐなれる!
素敵な第一印象の与え方

 

清潔感のある服装を心がけましょう

第一印象は、出会ってほんの数秒で決まると言われています。このたった数秒の間に好印象を与えることが好かれる人になるための最初の関門。

そのためにもっとも重要になってくるのは、目からの情報。つまり見た目です。見た目と言っても、顔や体系などの外見的な要素ではなく、身だしなみのこと。

清潔感がある服装をしている人とそうでない人とでは、どちらが好印象なのか、考えるまでもありませんよね。好かれる人になるためには、まず清潔感のある服装を心がけることが大切です。

自分がどんな風に人から見られたいのかを意識して、それに合わせた服装を心がけましょう。シワや毛玉、靴の汚れにも気をつけたいですね。

もちろん、髪や爪、ニオイも気をつけたいポイント!清潔に保つのはもちろんですが、気になるニオイ予防に香水などを使うときは要注意。香りには好みがあり、つけ過ぎると、かえって印象を悪くしてしまうことがあるので、ほのかに香る程度を心がけましょう。

そして、忘れてはいけないのが姿勢です。どれだけ身だしなみを整えても、姿勢が悪くては台なし。背筋が伸びた姿勢には、頼もしさだけでなく品の良さもにじみ出るので、背筋を伸ばした良い姿勢を心がけましょう。

 

無表情はNG!笑顔を心がけましょう

好かれる人になるために欠かせない見た目の要素で、もうひとつ重要になってくるのが表情です。自然な笑顔には、周りの人の緊張をほぐし、笑顔にする力があるだけでなく、敵意を持っていないことそ示すこともできるので、出会って3秒以内に自然な笑顔で、ハキハキとあいさつしましょう。

笑顔を作るのが苦手な人は、意識して口角を上げるだけでもOKです。第一印象が悪い人の多くは無表情。これでは、話しかけにくい印象だけでなく、怖い印象も与えかねません。

でも、無表情の人の多くは、自分が無表情であることを自覚していないので、第一印象が悪いかもしれないと思う人は、家族や親しい友人に、日ごろのあなたの表情について質問してみても良いですね。

 

はっきりした口調で丁寧な言葉づかいを心がけましょう

第一印象を決めるのは、目からの情報だけではありません。実は、耳からの情報も第一印象を決定づける重要な要素なんです。日ごろから声が小さい人は、意識して口をしっかり開けて、大きな声で話すようにしましょう。

見た目や声の大きさを改善しても、言葉づかいが悪ければ良い印象を与えることはできません。初めての人と会うときには、誰もが緊張するものですが、緊張しているときは、どうしても日ごろのクセが出てしまうものです。

特に言葉は、意識していても端々に日ごろの言葉づかいが現れてしまうことが多いので、日ごろから丁寧な言葉づかいを意識しておくと、いざというときにも安心ですね。

 

会話の中に、相手の名前をたくさん入れましょう

初対面の人と会うときには、最初にお互いが自己紹介しますよね。このときに、相手の名前を確実に覚えましょう。そこから始まる会話の中で、「○○さんは、△△なんですね」とか「○○さんは、どう思いますか?」などのように相手の名前を頻繁に会話の中に盛り込みます。

人は、名前を呼ばれると親近感を覚えるので、名前を入れずにただ会話するよりもずっと、相手の記憶に残るようになるんです。

人から好かれる人は、相手に「また会いたい」と思わせることができる人。そのためにも、まずは相手の記憶に残る人になることを心がけましょう。

 

相手の話にしっかりと耳を傾け聞き上手に徹しましょう

第一印象は、ほんの数秒で決まってしまいますが、最終的にそれを決定づけるのは、その後どんな時間を過ごしたかによるんです。

誰もが自分の話を聞いて欲しいという欲求を持っているので、良い第一印象を与え、好かれる人になるためには、相手にたくさんしゃべらせるのがポイントです。

ただし、ただ適当に相槌を打つだけではNG!逆効果になってしまうこともあるので、「そうなんですね」「わーすごいですね」などのように、相手の話に合わせて、さまざまな種類の相槌を使うのがコツ!話が盛り上がってきたら、身を前に乗りだし、オウム返しを加えるとさらに効果的です。

会話をする中で、「そうは思わない」と感じる部分が出てくることもありますが、決して相手の話や意見を否定しないこと。「そういう考え方もあるんですね」「勉強になります」など、相手の意見を受け止める返し方をすると、印象が良くなるだけでなく、会話も広がるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがでしたか。いつも周囲に人が集まっている人を見ると、自分も好かれる人になりたいと思うことがありますよね。好かれる人には、共通点があるので、それを知り実践すれば、誰でも好かれる人になれますが、すぐにでも好かれる人になりたい場合は、第一印象を良くする方法を試してみましょう。

第一印象は、出会って数秒で決まると言われています。それを決める大きな要素のひとつが見た目です。清潔感のある服装を心がけるだけでなく、爪や靴、髪、ニオイなど、細部にも気を配り、身だしなみを整えましょう。

姿勢が悪いと、せっかくの身だしなみも台なしになってしまうので、背筋を伸ばすこともお忘れなく。また、ほんの数秒で決まる第一印象を決定づけるのは、その後の時間です。

初対面の人と会話するときには、丁寧な言葉づかいを心がけ、相手にたくさん話をしてもらえるよう聞き上手を心がけると良いでしょう。好かれる人になりたいと思ったら、ぜひここにご紹介したことを参考にしてみてください。

まとめ

第一印象を良くして、好かれる人になるためには

・ 清潔感のある服装を心がけましょう
・ 無表情はNG!笑顔を心がけましょう
・ はっきりした口調で丁寧な言葉づかいを心がけましょう
・ 会話の中に、相手の名前をたくさん入れましょう
・ 相手の話にしっかりと耳を傾け聞き上手に徹しましょう


連記事