好きな人とのlineをする時に注意する、嫌われない為の常識

好きな人とのlineをする時に注意する、嫌われない為の常識
好きな人とlineをする時に気をつけたいことがいくつかあります。でもその前にlineについて少しご紹介します。日本人にとって、lineは日本で作られたシステムの為、使いやすく、無料通話も出来るので、スマホの使用料金を安く抑えることが出来ますよね。

そしてデコメなどで可愛く楽しくメールをしていたユーザーが、lineではスタンプなどの豊富なデコレーションで更に楽しめるのも魅力のひとつです。

それに、メールと違って、相手が読んだかどうか確認出来るので、送った側としては安心感を得られます。このように、少し挙げただけでもlineの良いところがたくさんあるので、これを友達や恋人とのコミュニケーションに利用しないのは、絶対損なのです。

しかし、だからこそ、注意しなくてはいけないことがあります。ましてや好きな人とのやり取りなら尚更ですよね。そこで今日は、好きな人とlineをする時に注意する、嫌われない為の常識を5つ、お伝えします。

 

好きな人とのlineをする時に注意する、
嫌われない為の常識

 

長い文章は嫌われる素

大事なことは、きちんと伝えなくてはいけないので、長くても仕方がないですが、それ以外の場合は、短い文章の方が好きな人とのlineだけではなく、全般的に受けがいいですよ。

それに短い文章の方が相手に伝わりやすいことも多いのです。気になることや興味のあることを、質問しやすくなるのも短文ならでは。長い文章が連続だと、面倒くさいと思われて、未読スルーや既読スルーされてしまうことになりかねません。そうなると好きな人とのlineも出来なってしまいます。

ましてや興味の無いことを長々となんて嫌いになってくれと言っているようなものですよね。好きな人が興味のあること、もっと聞きたいと思ってくれるようなことを掘り下げていきましょう。そうすれば、話が盛り上がり、あなたとのlineを楽しみにしてくれるはずです。

 

スタンプの多用は本心が伝わらないので控える

スタンプは時間が無い時などに便利ですが、多用してしまうのは止めましょう。特に内容に関係ないスタンプは嫌われます。そして相手にもわかるスタンプを使用してくださいね。

自分の好みとか、特定の人にしかわからないスタンプを使っても、相手が引いてしまいます。アニメなどの名言は、ウケが良くありません。

好きな人にlineをする時は、文章だけでなく、スタンプも相手が興味を持つものをセレクトするべきです。そして絶対に注意しなくてはいけないのが、謝る時にスタンプを使用しないようにすること。

謝罪の気持ちが全く伝わらないので、相手を嫌な気分にさせてしまいます。大事な話や謝罪などは、スタンプを使わないと決めてしまった方が、失敗がありませんよ。気をつけましょう。

 

相手にとってどうでもいい内容のlineはしない

好きな人とlineで繋がっていられるのはうれしいことですが、今日の報告のような内容を送るのは止めた方がいいですよ。

「今日のランチはオムライス!」とか「今日、○○に買い物に行きました」など、相手にとってどうでもいいような内容は、面倒くさいとかしつこそうだと思われてしまうので、嫌われてしまいます。

相手からの質問であればいいですが、違うのであれば即効止めましょう。もちろん、好きな人が興味のあることや、好きな食べ物のことならOKで、「美味しかったから今度行ってみて」などは、相手にとってどうでもいい内容にはならないからです。

愚痴も相手にとっては関係のないことなので、絶対やめてくださいね。好きな人にlineが原因で嫌われるなんて、悲しいですから。

 

相手の忙しそうな時間は避ける

暇な時のlineはいいけど、忙しい時は面倒くさいというのが本音ですよね。電話と同じで、相手の忙しくないような時間にするのが当たり前。

もちろん最初からわかる訳ではないので、好きな人にlineしても返事が遅かった時間や曜日は、避けるようにするのがおすすめです。

そんなのいちいち気にしていられないというのであれば、あなたが好きな人にlineが原因で嫌われるのは、ほぼ確定でしょう。好きな人を気遣ったり、思いやる心がないのですから。

実際、どんなに仲の良い友達でも、忙しい時のlineはウザいとか勘弁してほしいという気持ちになるものです。相手から、どんなに忙しい時でもline、OKと言ってもらえるような状態になるまでは、注意してくださいね。

 

返事の催促はしない

好きな人にlineをしたら、すぐにでも返事が欲しいですよね。既読でも未読でも反応がないのは、嫌われてしまったのかもと不安になります。

しかし、ここで返事を催促しては絶対ダメ。仕事で忙しいのかもしれないし、返信できない状態なのかもしれません。返事がないのであれば、何事も無かったように別の日にlineをしてみましょう。

それで返事が来れば、都合が悪かっただけなのです。もし、返信が無かった場合、理由を聞きたくなりますが、聞いてしまうと好きな人とlineすら出来なくなりますよ。

lineはログインしなくても見れるのでとても便利ですが、仕事が終わってスマホを見たら、未読が100件なんてことも良くあります。こんな状態で、疲れているのに返事の催促をするような人とは付き合うのも嫌になるのは仕方がないでしょう。

 

いかがでしたか。好きな人とのlineで嫌われないようにする為には、注意したいことがたくさんあります。その中で一番大切なのは、自分の気持ちを押し付けないことです。

忙しい時間やどうでもいいような内容のline、返事の催促もそうですね。好きな人にlineする時は、まず相手を気遣って、そして楽しくなるようなものにしてください。

スタンプだけではなく、画像も時々ならいいですが、出来るだけ止めておいた方がいいでしょう。自分の写真を自分から送るなんて最悪です。

嫌われる可能性が高くなるだけなので、興味を持ってもらいたいのは分かりますが控えてください。そうすれば、あなたとのlineが相手にとってとても有意義な時間になり、もっと仲良くなれますよ。好きな人と楽しい時間を過ごしましょう。

 

まとめ

好きな人とlineをする時に嫌われない為には

・ 長い文章は嫌われる素なので注意する
・ スタンプの多用は本心が伝わらないので控える
・ 相手にとってどうでもいい内容のlineはしない
・ 相手の忙しそうな時間は避ける
・ 返事の催促はしない


連記事