人前で緊張しない方法ベスト5★その場で一人でできる技

人前で緊張しない方法ベスト5★その場で一人でできる技
人前で緊張しない方法があれば教えて欲しいという人は多いですよね。人前で緊張してしまう原因はズバリ不安があるから。

不安を取り除くことができれば人前で緊張することなくベストパフォーマンスのプレゼンやスピーチができますよ。不安を取り除くには、とにかく練習と場数を踏むことが重要。

感動的なプレゼンをすることで知られる有名な経営者も、プレゼン前は非常に沢山の練習をして臨んでいるんです。しかし、どんなに練習しても、その場に立つと緊張してしまう人は意外と多いもの。

そこで今回は、人前で緊張しない方法について、その場で一人でできる技をランキング形式でお伝えします。今回お伝えする人前で緊張しない方法を取り入れてプレゼンやスピーチを成功させましょう。ではご覧ください。

 

人前で緊張しない方法ベスト5★
その場で一人でできる技

 

ベスト5★深呼吸をしよう

人前で緊張しない方法の5位は深呼吸です。緊張している状態は、交感神経が優位になっている状態。緊張を解きほぐすには、深呼吸をして副交感神経を優位にすれば良いのです。

副交感神経を優位にするために、1回の呼吸を10秒間で行うようにすると良いと言われています。5秒吸って5秒吐く深呼吸トレーニングは、アスリートの世界でスタンダードな訓練として取り入れられています。

アスリートも深呼吸で試合前にリラックスした状態を作り出しています。あなたも深呼吸を取り入れて、プレゼンやスピーチの緊張を解きほぐしましょう。

 

ベスト4★ルーティーンを取り入れよう

人前で緊張しない方法の4位はルーティーンです。いよいよ本番。あなたの緊張はマックスに達しています。この状態で、緊張を解く方法はルーティーンをすること。

ルーティーンと言えば、何かをする前に必ず行う特定の所作のことです。例えば、壇上に上がる際は左足から上がる、人と言う字を3回掌に書いて飲み込むなど、所作は何でも構いません。

緊張を解くおまじないだと思って、本番前に必ずやるようにすると、気持ちを切り替えることができますよ。あなたができるルーティーンの所作を考えておきましょう。

 

ベスト3★背筋を伸ばそう

冒頭でも述べましたが、不安があると人は緊張を解くことができません。本番が始まっているのに不安を取り除くのは不可能と思われがちですが、本番中でも不安を取り除く方法があるんです。

それが自己暗示。例えば、背筋を伸ばすだけで、自己肯定感がアップし不安を取り除くことができることが心理学の実験で証明されています。また、緊張していると顔がこわばってしまう人も多いですよね。

そんな時は、副交感神経が優位になる笑顔を意識するとリラックスできます。このように、身体を変えればあなたの心や考えにも影響を及ぼします。あなたも、人前で緊張しない方法である自己暗示を上手に使って不安を取り除きましょう。

 

ベスト2★ゆっくり行動しよう

人前で緊張しない方法の2位はゆっくりとした行動。いざ、自信を持ってプレゼンやスピーチを始めても、だんだん頭が真っ白になって自分が何を言っているのか分からなくなってしまったというのは良くある話ですよね。

自分が何を言っているのか分からなくなってしまった時は、1度立ち止まり、ゆっくりした動作を意識して下さい。緊張している時は、自分が思っているよりも動作が速くなってしまうもの。

自分のなかで、ゆっくりし過ぎる位で丁度良いかもしれません。また、ゆっくりした動作は相手に緊張感を与えないという効果も。場の空気をリラックスさせるためにもお勧めの方法です。

 

ベスト1★俯瞰して物事を見よう

人前で緊張しない方法の1位は俯瞰することです。プロの芸人さんなど人前にでる人たちも実は緊張しています。彼らは、人前で緊張しない方法を色々試して緊張していないように見せているだけなんです。

俯瞰するとは、自分や自分を取り巻く環境をまるでTVを見ているかのように第三者の視点から見る方法。TVを見ていると、出演者に「何やってんだよ」とか、「あの人緊張してるな」とツッコミを入れてしまう人もいますよね。

このように自分自身に第三者の視点からツッコミを入れてみると、今の自分の状態が分かり緊張せずに役割をこなすことができますよ。

 

いかがでしょう、今回は、ランキング形式で人前で緊張しない方法をお伝えしました。緊張はコントロールできないと思っていた方も、深呼吸やルーティーン、背筋を伸ばすなど行動を意識するだけで効果があります。

簡単にできるものから早速取り入れて下さい。また、物事を俯瞰してみることは少し上級者のテクニックのように感じるかもしれませんが、普段から俯瞰して見ることを心がけると自然にできるようになりますよ。

それともう1つ。人前に出るときって完璧にやらないと失敗したように感じますが、完璧にやろうとすればするほど緊張感が強まっていきます。

そこで、完璧にやろうとせず、相手に伝えることだけを考えて下さい。どんなに緊張していても相手に自分の伝えたいことが伝われば大成功。更に、今回お伝えした方法を組み合わせれば、きっとあなたも人前で堂々と話せるようになります。

まとめ

人前で緊張しないためには

・ ベスト1★俯瞰して物事を見よう
・ ベスト2★ゆっくり行動しよう
・ ベスト3★背筋を伸ばそう
・ ベスト4★ルーティーンを取り入れよう
・ ベスト5★深呼吸をしよう


連記事
タイトルとURLをコピーしました