急な来客に対応できる!一時間で部屋を片付ける5つの方法

急な来客に対応できる!一時間で部屋を片付ける5つの方法
部屋を片付ける暇がない時に限って、いきなりの来客!これほど焦るものはありませんよね。しかも玄関先の対応では済まされず、部屋の中に招待せざるを得ないとなれば……もうこれは腹をくくるしかありません。

ですが諦めるのはまだ早いです!ほんの少しでも時間があるなら足掻きましょう。人間は部屋に入ったとき、無意識にチェックするポイントが決まっています。

要はそこさえクリアすれば少なくとも恥をかくことはない、はずなのです。とにかく1時間あればどうにかなります。応用すれば30分でも打つ手は十分です。

というわけで今回は、急な来客に備えて覚えておきたい、1時間で部屋を片付けるための5つのポイントについてお伝えします。

 

急な来客に対応できる!
一時間で部屋を片付ける5つの方法

 

気になるのはにおい!部屋の窓を開けましょう

愛すべきズボラさんが部屋を片付けるならば、何はともあれまず窓を開けましょう。人間部屋に入ってまず気になるのは「におい」です。窓やドアを開けて、こもった空気や空気中のちりやほこりを追い出します。

これから部屋を片付けるだけでなく、掃除もするのですから換気にもなりますね。風の通り道を作るためにも必ず2カ所以上の窓を開けてください。

1つしか窓がない場合は、窓ガラスの左右、10センチ~15センチほど開けるようにして、空気が循環するように工夫しましょう。これだけでだいぶ部屋にこもった空気やにおいを発散させることができますよ。

 

ごちゃごちゃした小物を片付けましょう

脱ぎ散らかした衣類・読みっぱなしの雑誌、まとまりのない小物類……部屋を片付けるなら早急にこれらを避難させてください。ごみは当然ごみ袋へ。

散らかっている物は定位置にしまうことができればなによりですが、それすらできない場合にはとにかくすべてを袋で分別した後、1カ所にまとめておきましょう。

あとは来客が帰ってからゆっくり戻せばよいのです。隠す場所は押し入れや天袋などが定番ですが、どうしても置き場がない場合は、お風呂場に置いておきましょう。

さすがにここは、わざわざドアを開けて覗く人はいないはずですからね。部屋を片付ける暇がなかったらとにかく隠す、を覚えておきましょう。

 

部屋のほこりを除去しましょう

意外と人の目を引くのが「ほこり」です。どんなに部屋をきれいにしていてもほこりがたまっていては大きく減点されてしまいます。部屋を片付けるときは「上から下へ」が基本です。モップなどもいろいろな種類が出回っていますね。

本来なら天井や電気からほこりを払い始め、棚などへと移っていくものですが、急いでいるときにそんな悠長なことをしていられないなら、とにかく静電気でほこりを引き寄せやすい電化製品や、棚のような、平らになっていてほこりが積もりやすい部分を集中的に掃除するようにしましょう。

ついでに棚に乗っている装飾品などのほこりも払えればなおよいですね。部屋を片付けるには「ついで」に行うのが一番楽で、時間を割かずとも済んでしまいます。

 

「流せるトイレクリーナー」は常備しておきましょう

部屋を片付けるのに気をとられて忘れがちなのが水回りやトイレですが、特にトイレは見られるので気を付けましょう。

せめて実際に肌に触れる便座やふた、パーツのつなぎ目、便器のふちなどを流せるタイプのトイレクリーナーで拭きあげるだけでも格段に違いますし、床まで拭けなそうならば、いっそ便座カバーやふたのカバーとともに床マットも取り替えてしまうという手もあります。

もしも余裕があるなら結構壁の汚れなども見られるほか、座ったときに真正面も目につきますから掃除ができるとよいですね。トイレも部屋を片付けるポイントの一部として忘れないように意識するとよいでしょう。

 

玄関には「靴が出ていない」のが基本です

玄関も「部屋を片付ける」一部です。たたきの部分には何もないのが基本ですが、自分の靴1足くらいまでなら許容範囲と言えるでしょう。

きっちり端っこに並べておいてください。ここも土埃などで汚れていると一発で減点対象となってしまいますので、せめてほうきで掃くか、ウェットシートなどで拭きましょう。

ウェットシートもほうきもない、なんて場合にはこの際流せるタイプのトイレクリーナーも可!トイレクリーナーは常備しておいて損はありませんね。

部屋を片付けるにはまず玄関から。ドアノブやインターホンなども見ている人は良く見ていますから、さっと拭けたらなおポイントアップにつながるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ここまでやって余裕があったら、掃除機をかけたりナチュラルなアロマスプレーやディフーザー、ルームフレグランスなどを利用して香りの演出までできたら完璧です。

もっとも、本来ならば部屋を片付けるのは普段からできればなお良いもの。目についたら元に戻すだけでも部屋を片付ける手間はグンと省けます。

難しいようなら「とりあえず箱」を作り、目についたらどんどん入れておいて時間ができたら必要・不必要を選別するという手も使えますね。

部屋を片付ける方法は人に合わせて千差万別。慌てなくて済むように気を付けつつ、いざというときのための対処法もこの機会に覚えておけば、もう急な来客も怖くありません。あなたにとっても誰かにとっても心地よい空間づくりを目指しましょう。

まとめ

1時間で部屋をきれいにするには

・ 気になるのはにおい!部屋の窓を開けましょう
・ ごちゃごちゃした小物を片付けましょう
・ 部屋のほこりを除去しましょう
・ 「流せるトイレクリーナー」は常備しておきましょう
・ 玄関には「靴が出ていない」のが基本です


連記事
タイトルとURLをコピーしました