スピーチのコツを学び、無駄な緊張感から解放される方法

スピーチのコツを学び、無駄な緊張感から解放される方法
スピーチのコツってわかっていても実際は緊張してなかなか上手にできないですよね。大勢の人前に出ただけでもドキドキするのは当たり前。そんなシチュエーションでスピーチのコツがしっかり身についていれば、緊張感から解放されて自然な振る舞いができます。

でもスピーチのコツってわかっていても余計なドキドキ感がいつも邪魔をしてしまいます。大切な会議や重要な場面でうまくアプローチするためには、リラックスした状態でスピーチをするのが一番の理想です。一対一で話をするのは簡単ですが、大勢の人が自分だけに集中している環境はどうしても慣れないものです。

そんな土壇場でも安心する為には、まず自分に合った苦手の克服法を学びましょう。では本日は、無駄な緊張感から解放されるスピーチのコツについてお伝えします。

 

スピーチのコツを学び、
無駄な緊張感から解放される方法

 

緊張していることを正直に伝えよう

スピーチのコツはまず緊張感をどうやって表現するかがポイントですよね。緊張していると思われたくない、なんとか平常心を維持したい、そんなプレッシャーが余計な緊張感の原因になってしまいます。

人前で話をするのはいくら慣れた人でも多少の緊張感があるのは自然なことです。緊張を無理に隠そうとせず、正直に「緊張していますがよろしくお願いします」と言葉に出してみましょう。

そうすればありのままの自分でスピーチができますし、多少の失敗も許されるはずです。完璧を目指すよりも自分にできる範囲をしっかりクリアすることをゴールにして、精神的に楽な状態にしてからスピーチをスタートしてください。

 

特定の人とだけ目を合わせてスピーチしよう

何十人もの視線が一度に自分に向けられるとドキドキ舞い上がってしまいますよね。でもこれはごく普通で全く気にならないなんて人の方がおかしいのです。

スピーチのコツは話をする時に大勢の人をひとつの個体と考えると、一対一の会話のような余裕が生まれます。そのためには皆の視線を見るのでなく、最前列の人など特定の視線だけに意識してみましょう。

アイコンタクトは大勢と一度にとれるものではありませんので、どんな反応があるかは一人ひとりの視線をチェックしないといけません。

うなずいて話を来てくれる人、楽しそうに聞いてくれるなど共感してくれる人と目を合わせると勇気がでてスピーチがしやすくなります。

 

失敗しても大丈夫だと安心しよう

スピーチのコツは失敗しても大丈夫だと前向きな気持ちで臨む点です。大勢の前で変なことを言ったり、反応が悪いスピーチはできるだけ避けたいですよね。でもここで評価をするのは聞いている人でなく、一番大切なのは自分自身なのです。

伝えたい内容がしっかりアピールできたか、自分らしくスピーチができたか、満足できればそれで成功なのです。話の内容を完全に丸暗記して一言も間違わずに話すのは無理ですよね。失敗をしても自分らしさがアピールできる方が聞いている人にはメッセージが伝わりやすくなります。

 

笑顔でその場の雰囲気を和ませよう

スピーチのコツは自分の話し方だけでなく、その場の雰囲気をどうやって自分のペースにするかが重要ですよね。楽しい内容なのに聞いている人達がみんなつまらない顔をしていたら、スピーチするモチベーションも下がってしまいます。

そこで大切にしたいのが笑顔。人前に立った時に色々な心配や不安が一気に押し寄せてきますが、笑顔を作ると自然とリラックスして自信を持てるようになります。

そんな優しい雰囲気をだせばその場にいる人達にも和やかなムードが伝わっていくのです。スピーチをする前はまず鏡の前に立ち、最高の笑顔を練習しておきましょう。

 

スピーチの前に深呼吸してリラックスしよう

ドキドキして冷や汗がだらだら垂れてしまうと、もっとプレッシャーがかかりますよね。緊張した時は人それぞれ色々な体の変化を感じると思いますが、すこしでもリラックスするためには深呼吸が一番効果的です。

ゆっくり呼吸をすると酸素が脳にいきわたり、集中力が高まりさらに副交感神経が優位になるのでリラックス効果が抜群です。

スピーチのコツを知っていてもなかなか効果的に生かせない時は、最後は深呼吸で心臓の鼓動を安定させてください。ドキドキが軽減されればスピーチの要点も集中できるので、自分のペースで進みやすくなります。

 

いかがでしょうか。スピーチのコツを習得したら本番に向けて何度かシュミレーションをしておきましょう。鏡の前で話をして人にどうやって見られているかチェックをしてください。

余計な緊張感は自分が過度に反応している点も原因になりますので、失敗しても自分らしくスピーチができればそれでよいとプラス思考になりましょう。

多少の緊張感はあった方が大切な話をするときにメリットになりますし、舞い上がって何を話しているかわからなくなるような状態にならなければそれで十分なのです。

少しぐらいカッコ悪い姿を人前で見せても気にしないでください。どう評価されるか気にするよりも、自分が十分に達成感を感じるかどうかが一番大切な判断ポイントになります。

まとめ

スピーチのコツを学び緊張しない為には

・ 緊張していることを正直に伝えよう
・ 特定の人とだけ目を合わせてスピーチしよう
・ 失敗しても大丈夫だと安心しよう
・ 笑顔でその場の雰囲気を和ませよう
・ スピーチの前に深呼吸してリラックスしよう


連記事