ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツ

ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツ
ストレス社会といわれる今、誰でもストレスを適切に管理して生活習慣病を予防したいですよね。学校や会社、人間関係でたまったストレスは万病の元、うつ病や不眠症、摂食障害などの心身症だけでなく、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。

ストレスがたまると暴飲暴食に走る、眠れなくなる、気持ちが落ち込んで何もする気が起きないという方は特に要注意!ストレスによる生活習慣の乱れが続くと、健康まで損なってしまいます。ためるならお金!ストレスはためずに解消しましょう。

ということで、今回はストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツをお伝えします。ストレスで食生活や睡眠リズムが乱れやすい方、ストレスの解消が苦手な方、ぜひ参考にしてください。

 

ストレスを適切に管理して
生活習慣病を予防するヒケツ

 

やけ食いの前においしいものを食べてストレスを解消すること

ストレスがたまるとやけ食い・過食に走ってしまうという方は多いでしょう。たまのやけ食いならストレス解消になってよいですが、やけ食いの回数や頻度が多くなると、高血圧症や高脂血症、糖尿病などのリスクが高まります。

何よりも、やけ食いの罪悪感でさらにストレスがたまったり、太ったことがストレスになるなど負のスパイラルに陥りがちです。

ストレスでやけ食いに走る方、限界までストレスをためこむその前に、おいしいものを食べてストレスを解消しましょう。心にまだ余裕のあるうちなら、おいしいもの・好きなものを一人前食べるだけで、きちんとストレスを解消できますよ。

 

お酒を飲む前に食事を済ませること

アルコールはストレス解消の心強い味方ですよね。ただ、ストレスを解消するためにお酒を飲んでいると、酒量が増えてしまいがち、アルコール依存症になったり肝炎や肝硬変、肝がんなどのリスクが高まります。

お酒は飲んでも飲まれるな!を心がけてくださいね。お酒を飲み過ぎないコツは、お酒を飲む前に夕食を済ませてしまうこと、食後にお酒を飲むようにしましょう。

食事でお腹がいっぱいになっていれば、少量のお酒で満足できますし、お酒とおつまみだけできちんとした食事を摂らないという食生活の乱れを防ぐことができます。

 

寝る前のリラックスで寝つきをよくすること

ストレスは睡眠にも悪影響を与えます。ストレスがたまると寝つきが悪くなったり、眠れなくなるという方は多いのでは?ストレスで眠れないときは、寝る前に心身をリラックスさせてみましょう。

リラックスすることで副交感神経が優位になり、体や脳が寝る準備を始めます。おすすめは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることです。寝る直前にお風呂に入ると、交感神経が刺激されてしまうので、寝る1時間前までにお風呂に入るようにしてくださいね。

ほかには、リラックス効果のあるハーブティーを飲む・ヒーリングミュージックを聞く・マッサージをするなどがおすすめです。また、寝る前にパソコンやスマホの画面を見ないことも大切!布団の中でスマホを操作するのはだめですよ。

 

不安や心配事を誰かに相談すること

不安や心配事を一人で抱え込んでいると、ストレスがたまりますし、不安を解消するために暴飲暴食や自傷行為に走ってしまいます。不安や心配事は一人で抱え込まず、家族や恋人、友人など信頼できる人に相談してくださいね。

相談相手が見つからないときには、カウンセラーや悩み相談室などもおすすめです。無料の相談室や匿名で利用できる相談室もあるので気軽に利用してみましょう。また、借金やローンの不安なら金融機関や弁護士に、体の不安は病院に、というように専門家に相談することも大切です。

 

体を動かしてストレスを発散すること

ストレスがたまると家に引きこもりがちになったり、休日どこかに出かけるのが億劫になったりしますよね。しかし、運動不足は生活習慣病の原因になりますし、家に引きこもって暴飲暴食に走るとさらに生活習慣病のリスクが高まります。

また、家に引きこもっていたのでは気分転換ができません。ストレスをたまったときは、気分転換に外に出かけましょう。

散歩をしてもよし、運動もおすすめですし、山に登ったり旅行に出かけるのもよいですね。体を動かすことでストレスを解消できるほか、運動不足にもなりません。また、日中体をよく動かせば、夜はぐっすり眠れますよ。

 

いかがでしたか。以上が、ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するヒケツでした。ストレスによる暴飲暴食やアルコールの過剰摂取、不眠などは将来の生活習慣病のリスクを高めます。

ストレスは適切に管理し、こまめに解消してくださいね。ストレスを適切に管理するためには、ストレスを限界までためないことが大切!暴飲暴食に走る前に、おいしいものを食べてガス抜きをしましょう。

お酒の飲み過ぎを防ぐためには、お酒を飲む前に食事を済ませるのがおすすめです。さらに、寝る前のリラックスや日中の運動で、不眠を防ぐことができますよ。

不安や心配事は信頼する方に相談するのがおすすめです。悩みを解決することはできなくても、誰かに話を聞いてもらったり、気持ちを言葉にして吐き出すことで、ストレスを解消することができます。

まとめ

ストレスを適切に管理して生活習慣病を予防するためには

・ やけ食いの前においしいものを食べてストレスを解消すること
・ お酒を飲む前に食事を済ませること
・ 寝る前のリラックスで寝つきをよくすること
・ 不安や心配事を誰かに相談すること
・ 体を動かしてストレスを発散すること


連記事