嫉妬してしまう心理を理解して、人間関係を良好に保つ為の方法

嫉妬してしまう心理を理解して、人間関係を良好に保つ為の方法

嫉妬の心理を理解すれば、人間関係を良好に保てます。自分ではなく、第三者が原因で起こるのが嫉妬の心理なので、人間関係に大きな弊害となってしまうのです。嫉妬をすると良い気持ちはしませんよね。

そうすると、周囲の人に冷たい態度を取ってしまうもの。心に余裕がなくなってしまうので、良好な人間関係を築けないばかりか、良好な人間関係を保っていた相手にも負のパワーをもたらしかねません。

恋愛をすると嫉妬する場面に遭遇することは避けられません。どうして?何で?という疑問が発展すると嫉妬心へと変化し、その大きなストレスが人間関係に悪影響を与えますよ。そこで今回は、嫉妬してしまう心理を理解して、人間関係を良好に保つ為の方法をお伝えします。

 

嫉妬してしまう心理を理解して、
人間関係を良好に保つ為の方法

 

嫉妬とはなんなのか?

嫉妬の心理を理解するには、自分を客観的に見るのが一番です。嫉妬は誰もが経験すること。そのときの自分を客観的視線で思い返してみて下さい。

怒りや憎しみ、焦りなどといった負の感情で溢れていますよね。人間ならほとんどの人が他人に好かれたいといった感情を持っていて、嫉妬心を抱くのは自然なこと。人間らしい感情なんです。

しかし、その感情が過剰になってしまうと、逆に他人から好かれない人間となってしまいますよ。心当たりのある方は、以降の記事で、嫉妬の心理を理解して、参考にしてみて下さい。

 

どうして嫉妬してしまうのか?

他人の行動によって負の感情が芽生えてしまうのが嫉妬の心理。つまり、他人に依存しがちで、自立心と自信が不足していることが嫉妬してしまう原因なのです。

嫉妬してしまった経験のある人は、その原因をつくった人を想像してみて下さい。恋人や親友など、人生をハッピーにしてくれる依存度の高い人たちですね。

こういった第三者に依存する傾向にある人は、嫉妬してしまうだけでなく、依存症にもなってしまうことが多いので、日常から自立心と自信といったことを意識して生活するようにしましょう。

 

自立心と自信を持って生きることを習慣にしよう!

自立心と自信を持って生きることは簡単なことではないので、習慣にすることが大切です。他人の悪評に必要以上に傷ついてしまう人。他人から褒められないと自信を得られない人。

何か困ったとき、すぐに誰かに頼ろうとしてまう人。失敗や何か悪いことが起こると、すぐに第三者のせいにしてしまう人。これらの傾向がある人は、自立心と自信が不足しています。

自立心と自信を持つには、プラス思考のポジティブ精神を忘れずにすることが近道!日常の細かいことでもポジティブに物事をとらえましょう。

ポジティブ思考でいると、物事を深く考えなくなるので、ネガティブ思考に陥らなくなります。すると、自然と自信がつき、「何でも自分でできるんだ」といった自立心も得られますよ。

誰かに頼らず、自分でできることは全て自分でやることも自立への近道です。嫉妬で得た負の感情は、嫉妬の原因をつくった人だけでなく、他の人たちにも向いてしまうことが多いというのも嫉妬の心理なので、人間関係を良好に保つためにも自立心と自信は忘れずにしましょう。

 

嫉妬の心理はネガティブな妄想

嫉妬は誰もが抱く感情。なぜ、心を痛めてしまうかというと、ネガティブな妄想が原因です。嫉妬してしまう場面に遭遇したとします。

そこから負の感情が芽生えていくときは、ネガティブな妄想をしていますよね。「どうして○○なの?」、「○○になってしまうの?」未来についてネガティブな妄想をし、その妄想からまたネガティブな妄想をするといった、ネガティブさの泥沼状態と言えます。

自分を責めて、自身のダメな部分ばかりを見てしまうのも嫉妬の心理です。自立心と自信を意識して、ポジティブ思考を忘れずにすると避けられますよ。

物事を深く考えすぎてしまうときというのは、ネガティブなことばかりを考えていることが多いので、シンプル思考も忘れずにしましょう。

 

競争心を捨てて、人間関係を良好に!

嫉妬心と敗北感はイコールの関係性にあります。嫉妬とは、第三者が第三者に向かってとっている行動を見て起こるもの。つまり、誰かと競争をし、その第三者よりも自分の価値は下だと感じてしまっているのも嫉妬の心理です。

こういったことを避けるには、自分と他人は別物だと割り切った考えをして、自分の価値は誰かと競争して見出すものではなく、自分で決めるものなんだ、といった意識を持つことが大切です。

 

いかがでしたか。

一言で嫉妬の心理と言っても男女で異なります。男性の場合は第三者に対して嫉妬してしまっても、それ以上に自分の価値を下げないために感情を表に出しません。

なので、突然何かの拍子で感情を爆発させて恐れもあります。一方、女性の場合は会話などで外に発散して負の感情を抑制させることができます。

男女だけでなく、年齢によっても嫉妬する理由、嫉妬への対処方が異なるのも嫉妬の心理です。人それぞれ様々ですが、誰かと競ったり、誰かと異なることを恐れる必要はありません。

他人と異なっていても、他人より劣っていても、それが自分の個性なんだと、ありのままの自分を受け入れて、自立心と自信を忘れずに第三者に過剰に影響されない人生を歩みましょう。

明るい前向きな気持ちを損なう嫉妬という負のパワーに負けず、良好な人間関係を築いて幸せを摑みましょう!

 

まとめ

嫉妬してしまう心理とは

・ 嫉妬とはなんなのかを知ろう。
・ どうして嫉妬してしまうのかを知ろう。
・ 自立心と自信を持って生きることを習慣にしよう!
・ 嫉妬の心理はネガティブな妄想です。
・ 競争心を捨てて、人間関係を良好に!


連記事