働き方で悩んだら読む、自分にピッタリの仕事を選ふコツ

働き方で悩んだら読む、自分にピッタリの仕事を選ふコツ
働き方に関する悩みは尽きないもの、「今の仕事、自分に向いているのかな」「今の仕事に将来があるのか」「転職するなら、年齢的にも今のうちでは?」などなど、働き方に悩んでいる方は多いですよね。

今の仕事が楽しい!満足していると思っていても、ふと隣の芝生が青く見えたり、子供の頃の夢を思い出して「本当に満足している?」と自問自答することもあるでしょう。

また、転職するときも働き方の悩みはつきもの、今度こそ自分にピッタリの仕事を見つけたいと目を皿のようにして求人票をめくっても、なかなかこれぞという仕事には出会えない、たくさんの求人票を眺めているうちに本当に自分がやりたい仕事がわからなくなってくるということもあります。

このように働き方で悩んだり、就職・転職活動の真っただ中にいる方のために、今回は自分にピッタリの仕事を選ぶコツをお伝えします。

 

働き方で悩んだら読む、
自分にピッタリの仕事を選ふコツ

 

「好き」「やりたい」を仕事にすること

「今の仕事、自分に向いているのかな」「自分、このままで本当にいいの?」と自分の現在の働き方に悩んでいるあなた、本当はやりたい仕事があるのではありませんか?

やりたい仕事があるのに転職をする勇気がない、自分の才能に自信を持つことができない、やりたいことがあるけれど失敗するかもという不安から最初の一歩を踏み出せない、、、

そんな心の中のもやもやや、わざと自分の気持ちに気付かないふりをする自己欺瞞が「今の仕事、向いていないかも」という働き方の悩みに転換されていることがあります。

この場合、働き方の悩みは自分の気持ちをだます・目をよそに向けるための悩みですから、いくら自分の働き方について考えても悩みが解消されることはありません。

自分の気持ちに素直になり、勇気を出して「好き」「やりたい」を仕事にする最初の一歩を踏み出してください。最初の一歩を踏み出せば、案外うまく転がり始めるもの、天職とはそういうものです。

 

仕事選びの条件を書き出してみること

転職活動中の方、漫然と求人票をめくっていても心にびびっとくる求人票にはめぐりあえません。まずはあなたの仕事選びの条件を書き出してみましょう。

給料、勤務形態、社会保険、福利厚生、通勤時間や職場の雰囲気など、あなたが働きたい職場の条件をリストアップしていきます。

こうすることで、あなたの中に仕事選びの基準ができるので、これまでのように漫然と求人票をめくることなく、「この求人はだめ、この求人は自分向きかも」と求人票を的確に取捨選択してくことができますよ。

 

条件に優先順位をつけること

あなたの希望を全て叶えてくれる職場があれば働き方で悩むことはなくなりますが、残念ながらそんな夢のような職場はほとんどありません。

書き出した条件のうち、「絶対にゆずれない条件」を一番にして、条件に優先順位をつけてみてください。条件に優先順位をつけることで、あまたある求人票の中からあなたに最も合った求人票を見つけることができますよ。

また、優先順位の高い条件に照らして仕事を選ぶことで、全く自分に向いていない仕事をうっかり選んでしまうという失敗を回避できるので、勤め始めてから「こんなはずではなかった」と後悔することが少なくなります。

 

習い事や趣味から始めてみること

「好きなことを仕事に」といっても、最初から好きなことや趣味に自分の生活全てを預けるのは怖いですよね。好きなことを仕事にすれば仕事の満足度は上がるでしょう。しかし、それがお金にならなければ、結局は生活が成り立ちません。

今の仕事に将来の希望を見いだせないし、本当はやりたいことがあるけれど収入の見通しが立たないために新しい仕事を始めることができないということで悩んでいるときには、最初から好きなことや趣味でお金をがっぽり稼ごうとするのではなく、まずは習い事や趣味として始めてみましょう。

「ケーキ屋さんになりたい」のあれば、まずは料理教室に通うことから始めます。習い事や趣味として始めてみて、「自分の腕でお金をもらうことができる」「自分向きの仕事だ」と自信を持てるようになったら、趣味を仕事にします。

最初から何の準備も技術もないのに、「ケーキ屋さんになりたい」という夢だけでスタートしたのでは、早々に行き詰ることは必至!まずは、お金にすることを目的にしないところから始めるのがおすすめです。

 

「向いていないかも」と思ってもしばらくは仕事を続けること

新しい職場や新しい仕事を始めたとき、「あれ、想像していたのと違う」「あまり向いていないかも」と自分の仕事選びに疑問を持つ瞬間があります。

このとき、すぐに仕事を辞めてはいけません。最低でも半年は新しい仕事を続けてみてください。自分が本当に仕事に向いていないのかどうか、正しく判断するためには半年程度の時間は必要です。

就職後、すぐに辞めてまた職探し、これを繰り返していたら、向いていない仕事ばかり増えてしまい、いつまで経ってもあなたにピッタリの仕事にめぐりあうことはできません。

仕事につけば、働き方で悩むのは日常茶飯事、だからといってすぐに「こりゃだめだ」と投げ出してしまわないこと!悩みながらも、仕事に踏みとどまり続けていけば、「あれ、案外おもしろい仕事かも」と仕事のおもしろさややりがいに気付く瞬間があるはずです。

 

いかがでしたか。以上が、働き方で悩む方のための自分にピッタリの仕事を選ぶコツでした。秘めたる思いから目を背けるために働き方に悩むふりをしている方、やりたいことを始める勇気がでない自分を棚にあげて職場の愚痴を繰り返している方、あなたの心のもやもやを解消する方法はたった一つ、今の仕事をやめて自分の夢を叶えることです。

そろそろ自分をごまかすことはやめましょう。夢はないけどお金はいるという理由で転職活動にいそしんでいる方、漫然と求人票をめくっていては時間を浪費するだけ!仕事選びの条件を書き出し優先順位順に並べてみてください。

自分の中で仕事選びの基準を明確にしてから、求人票を見ることで、自分に合った求人票を選ぶことができます。就職先が決まったら、半年は続けてください。すぐにやめてはだめですよ。

「好き」を仕事にしたいとき、最初からがっぽりもうけようなんて考えてはいけません。最初はお金にならないところから始めてみること!試行錯誤を繰り返すうちに、自分にピッタリの働き方を見つけることができます。

まとめ

働き方に悩んだときに自分にピッタリの仕事を選ぶためには

・ 「好き」「やりたい」を仕事にすること
・ 仕事選びの条件を書き出してみること
・ 条件に優先順位をつけること
・ 習い事や趣味から始めてみること
・ 「向いていないかも」と思ってもしばらくは仕事を続けること


連記事
仕事 人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会
タイトルとURLをコピーしました