夢がないと悩んだら必読、人生の目標をみつける5つの方法

夢がないと悩んだら必読、人生の目標をみつける5つの方法
何事も目標や夢があるとモチベーションが上がるということはよくありますよね。目標や夢がないことは決して悪いことではありません。けれど、夢や目標に向かって頑張っている人たちの多くは、とても生き生きとして見えるものです。

自分もやりがいを感じられる目標を見つけたい、大きな夢に向かっていきたい、そんな風に思う方も少なくないでしょう。ただ、これまで特に目標を定めずに過ごしてきた方々にとっては、人生における目標をみつけるというのは難しいことかもしれません。

本当は別に悪いことではないはずなのですが、自分には夢がないと悩んでいる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、夢がないと悩んだら必読、人生の目標をみつける方法をお伝えします。

 

夢がないと悩んだら必読、
人生の目標をみつける5つの方法

 

制限を設けずにとにかく好きなことをリストアップしてみましょう

“人生の目標”にするからには、自分の好きなことや理想とすることからみつけるのがみつけやすいでしょう。この時、実現できるかどうかということは考える必要はありません。

夢がないと悩む方の中には、本当は夢がないのではなく抱いている夢や理想に対して「現実的ではない」「叶うわけがない」と無意識にブレーキをかけてしまっている方が少なからずいらっしゃるのです。まずは一度、子どもの頃のように自分に素直になって、やりたいことや好きなことを思い付くだけ挙げてみてください。

それから、本当に無謀なのかどうか、無謀だとしても可能な範囲で実現できることは何か、好きなことに携わるためにはどうすれば良いか、ということを考えていくのです。そこには人生の目標に繋がる大きなヒントがあるはずです。

 

絶対にこうなりたくないということを挙げてみましょう

好きなことをリストアップしていくとキリがない、また、漠然としてしまうという場合は、逆に「こんな人生は送りたくない」「絶対にこうなるのは嫌だ」ということをいくつか挙げてみてください。

そこから、その“嫌なことをしない”ためにはどうすれば良いのか、ということを考えるのです。好きなことをリストアップした時と、内容は正反対ですが考え方は同じですね。人生の目標とは、何かを得たり達成したりするようなことに限る必要はありません。

そうした、ポジティブな希望や望みが無いことで夢がないと悩んでいるのであれば、考え方を逆転してみましょう。そこから、思いがけない人生の目標がみつかることもありますよ。

 

未知の世界や興味の無かった分野にチャレンジしてみましょう

やりたいことや好きなこと、そして、その逆に嫌なことも思いつかないという方は、思い切って何か新しいことにチャレンジしてみるのもいいですね。今まで興味の無かった分野や、未知の世界にも目を向けてみれば新しい発見もあるはずです。

趣味や生涯学習になるようなこと、また、小さなことでも構いません。新しく始めたことが、最終的に人生の目標になる可能性も大いにあり得ます。最初はあまりお金をかけず、色んなことを試してみてください。

自分に合わないと感じたらまた別のことに挑戦すれば良いのですから、夢がないことに悩むのではなく、時間や経済状況が許す範囲で新しいことにドンドン挑戦してみましょう。

 

夢や目標は変わっても良いという意識を持ちましょう

さて、先ほど新しいことに色々チャレンジしてみましょうとお伝えしましたが、人生の目標も変化があって良いのです。“人生”の目標とは言いますが、一生をかけるような大きな目標である必要はありません。誰の人生にも波があって、生活環境や暮らしぶりが変わる可能性は少なくないですよね。

人生の目標も、そうした生活の変化に対応するのは当然のことです。これと決めたら途中で変えてはいけないと思い詰めてしまうと、なかなか人生の目標は決められません。

それでは、夢がないというよりは、夢が持てないということになってしまいます。もちろん、コロコロと変えてしまうのは良くありませんが、自分の暮らしぶりに合わせるという意味で、人生の目標に対しても柔軟な思考を持つように心がけてくださいね。

 

明確な目標ではなく“どう生きたいか”を考えましょう

さて、これまで夢がないとお悩みの方々に向けて、人生の目標をみつけるための方法をお伝えしていますが、どうしても具体的な目標がみつからないという場合もあるでしょう。それは全く悪いことではありません。目標がみつからなくても何も問題がないと感じる方もいるはずですから。

ただ、夢がないことに悩むということは、人生の中で何か目標をみつけたいと望んでいるわけですよね。だとすれば、具体的で明確な目標ではなく、“どう生きていきたいか”を考えてみてください。

例えば、「何事もなく平穏無事に過ごす」ことが一番良いという価値観だってありますよ。人生にとって何が大切かということは人それぞれです。“人生の目標”というものを堅苦しく考える必要はありませんよ。

 

いかがでしたか。夢がないと悩んだら必読、人生の目標をみつける5つの方法をお伝えしました。夢や目標を持ってやりがいを感じながら日々過ごすことは、とても幸せなことです。ただ、冒頭でもお伝えしましたがはっきりとした目標や夢がないことは決して悪いことではありません。

どのような生き方に幸せを感じるかは人それぞれです。人と比べるものではありませんし、もちろん優劣や良し悪しなどもありません。5つ目の方法の中でお伝えしたように、波風の立たない穏やかな日々を過ごすことを目指すことも立派な人生の目標です。

今回お伝えした方法を参考に、自分らしく生きるための目標をぜひみつけてくださいね。そして、その目標が達成できるよう頑張ってください。

まとめ

人生の目標をみつけるには

・ 制限を設けずにとにかく好きなことをリストアップしてみましょう
・ 絶対にこうなりたくないということを挙げてみましょう
・ 未知の世界や興味の無かった分野にチャレンジしてみましょう
・ 夢や目標は変わっても良いという意識を持ちましょう
・ 明確な目標ではなく“どう生きたいか”を考えましょう


連記事
哲学人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会