夢がないと思う人必読、はっきりした目標をもつ5つの方法

夢がないと思う人必読、はっきりした目標をもつ5つの方法
夢がないことに気付いたときには、なんだか悲しい気持ちになってしまいますよね。「まさかそんなことはなかろう」と愕然として、慌てて自分の夢や目標を思い出そうとしますがやっぱり見つからない…….。

味気ない毎日でもせめて夢や目標だけは持って前向きに生きようと決めたはずなのにいつの間にその大切な夢まで無くしてしまったの?と考えてしまうこともあります。

夢を見すぎたり叶いそうもない夢や目標に向かって努力するのは辛く苦しいことですが、それでも全く夢がないよりは叶わぬ夢でもあるだけましというもの、夢がないのであれば今からでも遅くありません。

夢や目標を見つけてみましょう。ということで、今回は夢がない方のために、はっきりした目標をもつ方法をお伝えします。

 

夢がないと思う人必読、
はっきりした目標をもつ5つの方法

 

手が届きそうな小さな目標を立ててみること

夢がない方や夢を持つことを忘れてしまった方が、いきなり大それた夢を見ることは難しいですよね。これまでの人生経験や今の守るべき生活、柵から、夢ではなく現実ばかりを見る癖がついてしまっているからです。

このようなときは、大それた夢ではなく、現実に寄り添った夢や目標を持ってみましょう。つまり、ちょっとした勇気や努力で実現可能な目標を立ててみるのです。

たとえば「年末までに○キロやせる」「今年は○○の資格を取る」など、特別な奇跡が起こらずとも、叶いそうな夢を持ってみてください。

 

今、がんばっていることの先に目標を立ててみること

仕事や家事が忙しくて夢を見たり、叶いそうもない夢のために努力する暇なんてないという方、今のあなたが毎日がんばっていることの一歩先に目標を立ててみましょう。

たとえば、バイトをがんばっているのであれば正社員になることを目標にしてみましょう。正社員になるぞというはっきりとした目標があれば、今まで以上に一生懸命バイトの仕事をがんばることができますよね。

業務のために資格の勉強をしているのであれば、会社のためではなく将来独立開業するぞという目標を立ててみてください。嫌々していた資格の勉強もやる気が出てきます。

 

今の自分にできないことを目標にすること

夢がないのであれば、今の自分にできないことを努力してできるようにするという目標を立てることもできます。大人になればなるほど、自分の苦手分野にはあえて挑戦しなくなったり、周囲の力を借りて自分にできないことを穴埋めすることが得意になります。

「私はパソコンは苦手だから」といって、同僚にパソコンの作業を肩代わりしてもらったり、「料理が苦手」といって外食やお惣菜ばかりということ、ありますよね。このようなとき、「苦手だけどがんばって体得するぞ」「せめて人並にできるようになりたい」という目標を立ててみてはいかがでしょうか。

できないをできるにする目標を立てることで、これまで意欲を持って取り組めなかった苦手分野に意欲的に取り組むことができますし、自分でできることが増えればその分自分の可能性も広がるはず、そこから新しい夢や目標ができることもありますよ。

 

好きなことを目標にすること

夢がないという方、何も仕事や勉強、家事の中で夢や目標を見つけることはありません。趣味や自分の好きなことの中で新しい夢を持ってみてはいかがでしょうか。

お菓子作りが好きだけどしょせん素人レベル、パティシエになりたいわけではないからお菓子作りは趣味にとどめて、夢は別のところから見つけなきゃと考えてるのであれば、その思い込みは捨ててください。

夢や目標は「プロになりたい」というものばかりではありませんし、大人になればなるほど、その手の夢は見られなくなるものです。

「前回よりもおいしく作りたい」「シュー生地をうまく膨らませたい」「味だけでなくデコレーションもきれいに仕上げたい」など、好きなことをあなたが目指したいレベルで夢や目標にすればよいのです。

 

できない理由や言い訳を並べないこと

「でももう年が年だしなあ」「仕事が忙しいから夢のために割く時間がない」「もう僕一人の体ではないし、リスクを冒すことはできないなあ」など、夢や目標を立てたはしからできない理由を並べて、せっかく見つけた夢や目標をなかったことにしていませんか。

これでは新しい夢や目標をもつことはできません。できない理由を探すのではなく、どうすれば実現するのか、どうやりくりをすれば目標を達成するための時間や労力、お金を捻出できるのか、という考え方に変えましょう。

 

いかがでしたか。以上が夢がないと思う方がはっきりした目標をもつ5つの方法でした。夢や目標は大きければ大きいほど、高ければ高いほどよいというものではありません。

手が届きそうな小さな目標だって夢の一つ、夢がないという方、まずは身近なところで夢や目標を見つけてみましょう。今、がんばっていることや趣味の延長線上に目標を立ててもよいですよ。

反対に、今の自分にできないことから目標を探すこともできます。できないことをできるようにするというのは、楽しいことですしやりがいもあります。またあなた自身の可能性も広げることができます。

「○○になりたい」という夢がないときは、「苦手だから」「必要ないから」とこれまで避けてきたことにチャレンジしてみてくださいね。夢や目標を見つけたとき、あれやこれや理由をつけてすぐに諦めるということはやめましょう。

まとめ

夢がない人がはっきりした目標をもつためには

・ 手が届きそうな小さな目標を立ててみること
・ 今、がんばっていることの先に目標を立ててみること
・ 今の自分にできないことを目標にすること
・ 好きなことを目標にすること
・ できない理由や言い訳を並べないこと


連記事
学び人生
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会