嫌われる人の特徴を知って友人関係を円満にする5つのコツ

嫌われる人の特徴を知って友人関係を円満にする5つのコツ
嫌われる人の特徴は、何となくはイメージ出来ても、はっきり言い切れないもの、しかし、意気投合しているあなたの周囲の人達とは嫌いなタイプが似ていて、知らぬ間に、そういうタイプの人を寄せ付けないようにしている可能性がありますよね。

ですが、あなたや身近にいる人に嫌われている人だって、付き合ってみるとたくさん良いところがあって、見習わなくてはということもあるのです。もちろん、嫌われる人の特徴を持った人と、穏やかな友人関係を築くのは、簡単ではありません。

付き合う方法を間違ってしまうと、あなたが傷ついてしまったり、悪く思われてしまうかもしれませんよ。だからこそ、きちんとした対応をして、上手に付き合っていく方法を覚えましょう。そこで今日は、嫌われる人の特徴を知って、友人関係を円満にする5つのコツをお伝えします。

 

嫌われる人の特徴を知って
友人関係を円満にする5つのコツ

 

自慢話が多い

たまにならいいですが、自慢話が多い人って、同じことを何度も話してきますよね。いかにすごいかということを話したくて仕方がないのかもしれませんが、聞かされる人にとっては、苦痛な時間です。

これが、嫌われる人の特徴のひとつであり、人に認めてもらいたいという欲求が強すぎてしまう為に、自慢話ばかりしてしまうことになってしまいます。

自分の価値を認めて欲しいけど、それを感じることが出来ないから、自慢話をして心の均衡を取っているのです。要は、自己肯定感が低いのをごまかす為の防御とも言えるでしょう。

そんな友人に対しては、「すごいね」などと、相手の価値を認める言葉が必要です。面倒だからと、適当に相槌を打っていては、怒りの矛先があなたに向いてしまうので、気を付けてくださいね。

 

自分を正当化する

何かというと、言い訳ばかりする人っていますよね。言い訳して、自分を正当化しようと、頑張っているのを見るのは、良い気分にはなれません。

もちろん嫌われる人の特徴でもあり、自分で自分の心を欺いている、自己欺瞞な人なのです。こういう嫌われる人の特徴を持った人と友人として、円満に付き合っていくには、優しく、そして相手の良い部分を認めるように接しましょう。

そうすれば、徐々にですが、あなたに対して、自分を正当化する必要がないということを心が認識していく為、嫌な思いをすることが減ってきますよ。

だだし、自己欺瞞な人は、自分を守ろうとしてしまうので、あなたの気持ちを素直に受け入れてくれないかもしれませんが、時間をかければ大丈夫。あなたの接し方ひとつで、ゆっくりですが、相手が変わってくれるでしょう。

 

人の悪口を言う

悪口って、暇な人にとっては、最高の栄養素のような気がしませんか。ランチ中に周囲から聞こえてくる楽しい話の後には、かなりの確率で人の悪口で盛り上がっている光景を見かけます。

嫌われる人の特徴とも言えますが、悪口を言って、こうしたら良いのに…などの意見を出し合って、自分達の価値を補おうとしている悲しい人なのです。

この嫌われる人の特徴を理解して付き合うには、絶対に共感しないこと。もし、悪口に「そうですね。」と答えてしまったら、今後もあなたの前で人の悪口を言うし、あなたがいない所で、あなたの悪口を言いますよ。

そして気を付けたいのが、悪口に反論しないこと。関係が確実に悪くなってしまいます。肯定も否定もしなければ、あなたの前で悪口を言うのが無駄だからと言わなくなるので、付き合いやすくなるでしょう。

 

人に感謝しない

スーパーサラリーマン左江内氏というドラマで、女優の小泉今日子さんが演じているのが、まさしく人に感謝しないという役柄です。

正確に言うと、夫の左江内氏に全く感謝していないのですが、嫌われる人の特徴を見事に演じきっていて、かなりムカついてしまいます。

やってくれるのが当たり前、利用した人には感謝という気持ちすらないという、自己中心的で、思いやりがない人なのです。

こんな人に対しては、そういう人もいるんだと受け流し、イライラしないように、あなたの気持ちを切り替えましょう。あなたの行動は、周囲が認めてくれているので安心してくださいね。

「ありがとう」と言われるような親切な行動を、嫌われる人の特徴を持った人には、しないようにするのも、円満な関係でいられるコツです。あなたの気持ちがイライラしなければ、友人関係が悪くなることはありませんよ。

 

無神経すぎる

人の気持ちを、全く理解してくれない、無神経な人っていますよね。歯に衣着せぬ物言いで、思ったことをそのまま発言してしまい、人を傷つけてしまうので、嫌われて当然とも言えますね。

日本には、気配りや察するという、素晴らしい文化があるのに、無神経だと真逆です。しかし、無神経な人は、自分が無神経だということを、気付いていません。

悪意は無く、元々の性格なので、改善を望むのは諦めてください。こういう人と友人関係を続けるには、気にしないことが一番です。

腹も立つし、傷つけられるのがわかっていますが、改善を望む為の唯一の方法は、時々「この間の言葉、とても悲しかった」ということを伝えることだけ。

言動が人を傷つけるということを話せば、気持ちが少しだけ楽になるし、あなたを大事に思っていてくれるなら、言動に多少なりとも気を付けてくれますよ。

 

いかがでしたか。嫌われる人の特徴を持った人と友人関係を円満にするには、嫌われタイプによっての対策を頭にきちんと入れて対応しなくては、あなたの心が折れてしまいますよ。

基本的に、自分本位なのが嫌われる人の特徴なので、場の空気を読むとか、配慮ということが出来ない為、あなたが悪くなくても、非があるような気にさせる人が多く、ストレスがどんどん溜まってしまうからです。

だから、良いことは褒めても、共感はしないこと。そして、感謝の言葉は、最初から無いということを理解して、友人として付き合っていけば、イライラすることも悲しい思いをすることも少なくなり、今まで気付けなかった良い部分に気付くことが出来るでしょう。嫌いな人の特徴を持った人の、好きなところをぜひ探してみてください。

まとめ

嫌われる人の特徴とは

・ 自慢話が多い
・ 自分を正当化する
・ 人の悪口を言う
・ 人に感謝しない
・ 無神経すぎる


連記事
タイトルとURLをコピーしました