やる気の出し方を学んで、目標の試験に合格する5つの術

やる気の出し方を学んで、目標の試験に合格する5つの術
やる気の出し方が見つからなくてどうしていいかわからなくなるときってありますよね。仕事、家庭、友人、恋人関係の悩み、失敗、理由は様々ですが、なかなか気持ちの切り替えができず、やる気の出し方が見つからない日があるのは、人間なら仕方のないことですし、避けられないことです。

「試験という目標のために頑張るぞ」と自分に言い聞かせてやる気を上げられればいいいのですが、そう簡単にいく日ばかりではないもの。

そんなやる気の出し方が分からないまま過ごしていると、試験のために努力する時間が減少するだけでなく、集中力・注意力も散漫となってしまいまうので、やる気のある状態と比べて勉強の吸収力が落ちて、記憶力にも悪影響をもたらしてしまいます。そこで今回は、やる気の出し方を学んで、目標の試験に合格する術をお伝えします。

脳に刺激を与えてやる気を出そう

やる気の出し方でポイントとなるのは脳です。中でも、側坐核が大きな鍵となっていて、この前脳に存在する神経細胞の集団を活性化させると、やる気の出し方に効果的なことが化学的に証明されています。側坐核に刺激を与えることがやる気の出し方の近道と言えますよ。

 

身体を動かして側坐核に刺激を与えて活性化させよう

やる気がないときは何もする気が起きなくて、ついゴロゴロと怠けてしまいがちですよね。それでも試験を控えていると、勉強から逃げることはできません。

中には、勉強を始めてもやる気が起きないケースもありますが、最初はやる気が起きなくても、実際に勉強してみると、いつの間にかやる気がないことを忘れて集中していたなんて経験のある方もいるはず。

身体を動かすことは、側坐核に刺激を与えてドーパミンを放出することができるからです。やる気がないときに、やる気がない状態を続けていては何も変わりません。試しに少しでもいいので身体を動かしてみましょう。

 

小さなことから始めてみよう

いきなりあれこれと考えて身体を動かそうと思ってもなかなか行動に移す気力が湧きませんよね。身体を動かそうと思っても、いきなり長時間の計画を立てることは、やる気の出し方としてはマイナスに働いてしまいます。

ちょっとした小さなことでも身体を動かしてあげれば、「やる気がない」という信号を送る脳から、別のことに意識を向けてあげることができます。例えば、「やる気がないなぁ」とぼんやりテレビを見ていたとしたら、天井など別のことに少し意識を向けてみて下さい。

それだけで、十分脳に変化を与えられますよ。どうしても勉強をする気力が沸かない時は、「まず5分だけ」など、短時間だけでも頑張ってみましょう。

次第にやる気が出て来ることが実感できるはずです。「やる気が出ないから動かない」のではなく、「やる気がないからこそ動く」。目標の試験のために、脳を活性化させてあげましょう。

 

やる気の始まりは健康から!

やる気の出し方を実践したとしても、健康じゃなければ成立しません。熱があったり、睡眠不足など体調が優れなければ、どんなにやる気の出し方を実践しても効果は薄くなってしまいますよ。「よく寝て、よく食べる」人間として基本的なことですが、やる気の出し方の近道になります。

特に睡眠不足は脳に致命的なマイナス要素を与えてしまうので注意して下さい。体調は無理をすればするほど悪化してしまうものなので、どうしてもやる気が出ないときは仮眠も効果的です。

 

ポジティブ思考を意識しよう

やる気が出ない時は、行動を起こすことが億劫になるだけでなく、物事をネガティブに考えてしまいがちですよね。そうなると、尚更やる気が出なくなってしまいます。ポジティブ思考になるやる気の出し方は、脳を洗浄してあげるようなもので、何事も前向きに考えられるようになります。

但し、人間の価値観を急に変えることは難しいので、ポジティブ思考を習慣にしてあげることが大切です。朝起きた瞬間から全てのことをポジティブな見方をしてみるのです。

ネガティブな考え方をし始めているように感じたら、笑顔をつくってみましょう。少しづつポジティブ思考に近づけるはずです。また、勉強を終えたら、その自分を褒めてあげましょう。自信もポジティブ思考に近付く方法の一つですよ。

 

このように、やる気の出し方はそんなに難しいことではないですよね。勉強へのやる気を出すだけでなく、授業・講義中にも簡単に実践できるものです。目標の試験があると勉強は避けられません。次第に勉強が義務のように感じるようになり、やる気が起きない日が訪れるのは当然のことです。

特にインターネットが普及した昨今では、勉強以外のことに意識が向いてしまう機会が増えてきています。そんなときは少しだけでもいいので身体を動かしてみましょう。やる気の出し方のキーポイントは脳みそです。脳に刺激を与えて活性化させてあげるのです。

但し、無理だけはせず、やる気とはマイペースに向き合いましょう。やる気が出ないままネガティブな気持ちで続けてしまうと、ますます勉強に対して前向きになれなくなってしまいます。やる気とポジティブに向き合って目標を達成させましょう!

まとめ

やる気の出し方一つで目標の試験に合格するには

・ 脳に刺激を与えてやる気を出そう
・ 身体を動かして側坐核に刺激を与えて活性化させよう
・ 小さなことから始めてみよう
・ やる気の始まりは健康から!
・ ポジティブ思考を意識しよう


連記事
考え方勉強法
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会