気持ちの切り替えの得意な人が普段からやっている生活習慣

気持ちの切り替えの得意な人が普段からやっている生活習慣
仕事とプライベート、気持ちの切り替えを上手くやらないと、ストレスが増えてしまい、やる気がなくなりますよね。行く前から仕事のことが気になってしまったり、帰宅中に、今日の失敗を引きずり、ボーっとしてしまうなんてことなんてほぼ毎日という人も少なくないでしょう。

ですが、プライベートの時間は気持ちの切り替えをしないと、神経質になり、リラックスすることが出来ません。これを繰り返していたら、体調が悪くなったり、心が辛くなり鬱などを発症してしまうこともあるのです。

特にトラブル後は、それを引きずっていると、ミスをしたり、スピードが遅くなってしまいますが、中にはさっきまで落ち込んでいたのに、気持ちの切り替えが上手な人がいるのも事実。そこで今日は、気持ちの切り替えが得意な人が普段からやっている生活習慣をお伝えします。

 

気持ちの切り替えの得意な人が
普段からやっている生活習慣

 

ホッと出来る飲み物を飲む

イライラ、モヤモヤした気持ちの切り替えは難しいもの。ふとした瞬間、その気持ちが戻ってきてしまいますよね。そういう時は、心がホッとする、好きな飲み物を飲みましょう。コーヒーでも、炭酸飲料でも、何でもいいので、いろいろ試して、気持ちの切り替えが出来る飲み物を探してみてください。

それを見つけたら、会社に常備しておけば、イライラや落ち込んだ時などに飲むだけで、心が楽になります。それを習慣にすることで、飲み物の香りを嗅いだだけでも、気持ちの切り替えが出来るようになるでしょう。

どんなものを選べば良いかわからない人には、ココアや抹茶ラテがおすすめです。ココアはポリフェノールが含まれていて、ストレスを軽減してくれ、抹茶ラテの抹茶は、テアニンという成分が、脳の興奮を抑え、神経を鎮めてくれる効果があり、ミルクはイライラを鎮め、気持ちを落ち着かせる効果があるので、試してみてくださいね。

 

リフレッシュ出来る香りを持ち運ぶ

アロマや柔軟剤で香りを楽しむ人が増えていますが、気持ちの切り替えが必要な時にも、有効なんですよ。もちろん無臭が好きという人には、難しいかもしれませんが、何かしら好みの香りってありますよね。その香りを携帯して、気持ちの切り替えが必要な時に嗅ぐようにしましょう。

大切なのは、その香りを嗅いだら、必ず気持ちを切り替えると自分に言い聞かせること。それを習慣にすると、簡単に気持ちの切り替えが出来るようになります。

アロマオイルなどは、アロマペンダントやディフューザーで持ち運び、必要に応じて使いましょう。アロマオイルをブレンドして、リフレッシュ効果が高いものを選ぶと効果的です。ただし、妊婦の方は、アロマオイルの種類によっては、使用を控えた方が良いものもあるので、選ぶ際は注意してくださいね。

 

決まった動作をする

アスリートが、試合の前に音楽を聴いたり、決まった行動をして、集中力を高め、気持ちの切り替えをしている姿をテレビで見たことがあるのではないでしょうか。その一瞬に、全てが掛かっているのですから、直前のハプニングなどにも対応出来るように、自分なりのルーティンを取り入れています。

先ほどお伝えした香りと同じですが、気持ちの切り替えをする為に、決まった動作をし、それを習慣にしてしまうのが良いでしょう。

例えば、頬を軽く叩くとか、手首にヘアゴムを付けておき、イラッとした時に、そのヘアゴムをパチンと引くなど、音+皮膚に軽い刺激がある動作がおすすめです。普段から、その動作をしたら、気持ちの切り替えをするように習慣づけておき、そのルールは絶対に守るようにしてくださいね。

 

モヤモヤしたら運動する

休日に、体を動かしてリフレッシュするという人が多くいます。それを気持ちの切り替えに利用しましょう。モヤモヤしたり、気持ちが塞いでしまった時に、階段を駆け上ったり、スクワットをするなど、仕事中に短時間で出来る運動をしてください。

その時に、体に意識を向けるようにするようにすると、モヤモヤした部分から気持ちが離れるので、普段から、運動する時に意識づけるようにしたいですね。

運動不足で階段ダッシュなんて出来ないという人は、ストレッチをしながら、体の伸びている部分に集中するだけで、頭が空っぽになり、気持ちの切り替えが出来まよす。会社帰りに、仕事を引きずっている場合は、激しい運動をしてクタクタになれば、夜、眠れなくて、翌日に気持ちを持ち越すことがないので、試してみてください。

 

ポジティブな口癖に切り替える

まずは、自分の口癖を思い出してください。その口癖は、ネガティブなものが多くあったのではないでしょうか。「もうダメ」というのは、出てきやすい言葉ですよね。でも、もうダメだと諦めてしまっては、気持ちの切り替えなんてまず無理で、どんどん落ち込んでしまいます。

そういう時は、「しょうがない」という言葉を使うようにし、口癖にしてしまいましょう。同じ諦めるにしても、しょうがないというポジティブな言い回しにすれば、気持ちにケジメがつき、次の行動に移せるようになるからです。

マイナスな口癖を言ってしまった場合も、すぐにポジティブな言葉に言い換えるようにしていると、気持ちの切り替えが上手く出来るようになり、口癖自体、ポジティブなものが増えていきます。声に出したものは、心身共に影響しやすいので、普段から気分が上がるような言葉を使うようにしてくださいね。

 

いかがでしたか。今、この記事を読んでくださっている方は、悩みがあり、気持ちが沈んでしまっていて、それが頭から離れず、どうにか打破したいという状態の人が過半数を占めるのではないでしょうか。

せっかく、気持ちの切り替えをしたいと、前向きな考えが出てきているのですから、今日、お伝えしたことを、すぐ実践してくださいね。

すぐ始められるのは、ポジティブな口癖に切り替えること。最初のうちは、マイナスな言葉を言ってしまっても気にせず、言ってしまったことに気付いたら、「でもこの程度で良かった」など、プラス思考の言葉で補うようにしてください。

言ってはダメというのは、逆にストレスを感じることもある為、気にし過ぎは禁物ですよ。これを習慣にしながら、飲み物や香りを探し、気持ちの切り替え上手になってください。

まとめ

気持ちの切り替えを上手にするには

・ ホッと出来る飲み物を飲む
・ リフレッシュ出来る香りを持ち運ぶ
・ 決まった動作をする
・ モヤモヤしたら運動する
・ ポジティブな口癖に切り替える


連記事
タイトルとURLをコピーしました