加齢臭対策で悩んだら読む、その場でできる5つの方法

加齢臭対策で悩んだら読む、その場でできる5つの方法
加齢臭対策をしても、ちゃんと効果が出ているのかどうか、自分の体臭は自分では気付きにくいだけに心配ですよね。また、「げっ、臭っている」と自分の加齢臭に気付いても、その場でどうやって加齢臭対策をすればよいのか分からないという方も多いのでは?

加齢臭を気にしながらの仕事や外出がストレスを覚えている方も多いかもしれません。食生活や禁煙禁酒などで加齢臭を改善することはできますが、これらの加齢臭対策はその場ですぐにできるものではありませんし、すぐに効果が出るものでもありません。

加齢臭の根本的な対策と一緒に、その場でできる加齢臭対策も覚えておくと、仕事や外出先で自分の加齢臭を気にする必要がなくなります。ということで、今回はその場でできる加齢臭対策についてお伝えします。

 

加齢臭対策で悩んだら読む、
その場でできる5つの方法

 

ハンカチやボディーシートで汗や皮脂を拭きとること

加齢臭の原因物質は汗や皮脂とともに皮脂腺から分泌されます。ということで、加齢臭対策の一つ目は汗や皮脂を拭きとること、ハンカチやボディーシートでこまめに汗を拭いてください。

加齢臭の出どころは皮脂腺の多い、耳や首の後ろ、頭皮、脇や胸元、背中などです。また、顔ではTゾーンから皮脂が多く分泌されます。これらの箇所は特に念入りに拭くようにしましょう。汗っかきの方は、ハンカチやタオル、ボディーシートを多めに持ち歩くとよいですよ。

 

制汗剤を使用すること

外出先で加齢臭が気になったときには、脇やうなじなど汗をかきやすい箇所に制汗剤を使用しましょう。汗を抑えることで加齢臭の原因物質の分泌も抑えることができます。

また、制汗剤には消臭効果もあるので、加齢臭の臭いを消してくれますよ。制汗剤はスプレーやロールオンなど色々なタイプがありますが、制汗・消臭効果が高く使う箇所を選ばないのはロールオンタイプやクリームタイプです。

ロールオンタイプやクリームタイプの制汗剤は皮膚に直接塗ることができるので、皮膚にぴたっと密着してくれますよ。加齢臭の原因物質は頭皮(特に後頭部)からも分泌されます。枕が臭うのはこのためですね。頭皮の加齢臭対策には、水のいらないシャンプーや頭皮用の消臭スプレーがおすすめです。

 

クーラーや保冷剤で脇やうなじを冷やすこと

汗をかきやすい環境では加齢臭もひどくなります。加齢臭が気になったら、クーラーをつけたり保冷剤で脇やうなじを冷やして汗をひかせましょう。

部屋の湿度が高いときには、除湿器をつけたりエアコンをドライ運転にする、窓を開けて風通しをよくするのも効果的です。

保冷剤をくるんだタオルを首に巻いておけば、汗もひくし、タオルが汗と皮脂を吸い取ってくれるので加齢臭対策もできる!一石二鳥ですよ。

 

ワイシャツや下着を取り替えること

外出先で加齢臭が気になる方は、替えのワイシャツや下着を持ち歩きましょう。汗をかいた後や取引先やお客さんと会う前には、替えのワイシャツや下着に着替えます。

着替えることができない方は、ワイシャツや下着(アンダーシャツ)を吸湿機能や消臭機能のあるものにするとよいですよ。一日着ていても加齢臭が下着やワイシャツに染み付きません。

また、脇パッドをつけておくのもおすすめです。女性用の脇パッドは使い捨てのものが、スーパーやドラッグストアで売っています。

脇パッドは男性でも女性でも変わりありませんから、脇の加齢臭が気になるときには、安く簡単に手に入る女性用の脇パッドを使用するとよいです。

 

うなじや脇にベビーパウダーをはたくこと

汗や皮脂がいつまでも肌の表面に残っていると加齢臭がひどくなりますし、汗の中のタンパク質やミネラル、皮脂をえさに雑菌が繁殖します。

すると、加齢臭に加えて雑菌の臭いでさらに体臭が強くなってしまいます。汗や皮脂を肌の表面に残さないことは加齢臭や体臭対策の効果的な方法です。

ベビーパウダーには汗や皮脂を吸収して肌をさらさらに保つ効果があります。皮脂腺の多い箇所や汗をかきやすい箇所にベビーパウダーをはたいておきましょう。

汗をかいたときには、タオルで汗を拭きとってからベビーパウダーをはたいておきます。こうすると、汗のべたつきがなくなり肌がさらさらに!新しい汗もかきにくいです。

 

いかがでしたか。以上が加齢臭対策で悩んだら読む、その場でできる5つの方法でした。仕事中や外出先での加齢臭対策には、まずは汗や皮脂をきれいに拭きとりましょう。ハンカチでもよいですが、おすすめは使い捨てのボディーシートです。

汗を拭きとった後は制汗剤やベビーパウダーを使って肌をさらさらにし、新しい汗をかきにくくします。頭皮の加齢臭対策には、水のいらないシャンプーや頭皮スプレーを使用するとよいですよ。

また、可能なときには汗や皮脂を吸ったワイシャツや下着を新しいものに取り替えます。仕事場やカバンの中に替えのワイシャツや下着を用意しておきましょう。クーラーや保冷剤で脇やうなじを冷やすと、汗をかきにくくなり加齢臭も予防することができます。

まとめ

その場で加齢臭を防ぐためには

・ ハンカチやボディーシートで汗や皮脂を拭きとること
・ 制汗剤を使用すること
・ クーラーや保冷剤で脇やうなじを冷やすこと
・ ワイシャツや下着を取り替えること
・ うなじや脇にベビーパウダーをはたくこと


連記事
美容生活
この記事を書いた人
編集部

来月向上委員会では、知りたい人と伝えたい人の架け橋となり、私たちの生活の中にある小さな悩みや大きな疑問にお答えし、皆が抱える問題を解決する方法や、今日より明日をもっと明るくする為のあれこれをお届けします。

編集部をフォローする
来月向上委員会