相続

生活

休眠口座持ってない?自分や親の財産が手にできないケースも

住所変更で金融機関から通知が届かず本人が気付かず家族も知らない休眠口座は多くあります。口座によっては一定期間経過後に没収扱いとなることもあります。高額な預貯金の存在を知らないまま相続にならないよう、休眠口座について知り対策しておきましょう。
冠婚葬祭

『墓じまい』~祖先のお墓と祭祀承継問題の対策方法と注意点

お墓の後継ぎである祭祀承継者がいなくて困っている人は「墓じまい」を考えます。しかしこの「墓じまい」、間違えた認識を持っている人が多いのです。祖先のお墓をどうするかは時間もお金もかかるため、知識や方法を知り、早めに考えておきましょう。
暮らし

30代40代の喪主が増えている!イザ困らないための葬儀知識

父のお葬式の喪主は母が行うはずなのに、その母が喪主をできる状態ではない。まさか自分が喪主になるなんて。そんなときに困らないよう、葬儀の流れのほか、ポイントや注意点を知っておきましょう。喪主にならずとも、家族のお葬式のときにも役立ちます。
暮らし

親が亡くなったときにやるべきこと~葬儀・相続・法要の全体像

親が死亡した直後から、葬儀、法要、遺産のこと、役所への届け出や相続手続きなど次々行うことがあります。当事者になったときのために、死亡直後から1年の間にどのようなことを行うのか、全体像についてお伝えしていきます。
生活

「おひとりさま」の頼る相手が”誰か”で変わる対策と注意点

「おひとりさま」でも身内がいる場合、頼りたくなくても頼らざるを得ない場面が出てくることがあります。甥や姪に依頼したいと思っても彼らは財産がもらえるかどうか気になるのが本心。頼れる身内がいる・いないそれぞれ今後どうすべきか整理してみましょう。
相続

妻の困り度が違う!子供がいない夫が選ぶべき遺言書の種類

子供も両親もいない夫の妻は、妻と夫の兄弟姉妹で財産を分けなければなりません。夫に遺言書を作成してもらうにしても、自筆証書遺言と公正証書遺言、どちらで作られたのかによって妻の負担が違うのをご存知ですか? 後で大変な思いをしないために、それぞれの遺言書種類のデメリットや死亡後の手続きを知っておきましょう。
相続

公正証書遺言を”専門家に依頼して”作成する流れ

公正証書遺言を作成しようと思っても、どのような流れで進められるのか分からないと不安ですよね。そこで今回は、専門家を間に入れて作成するケースについて、流れやポイント、注意点についてお伝えしていきます。
相続

公正証書遺言を”独りで公証役場に行って”作成する流れ

公証役場に行って公正証書遺言を作成しようと思っても、どうしたらよいのか、どのような流れで進むのかが分からないと不安ですよね。そこで今回は、自分で公証役場に行って作成するケースについて、流れやポイント、注意点についてお伝えしていきます。
冠婚葬祭

家族が危篤になったときにやること

大切な家族が危篤になったとき、パニック状態で何を行ってよいかわからないものです。そんなとき、頭の隅にでも、やることについての知識があれば、その記憶を頼りにできますし、何より今から準備しておくこともできます。
相続

自筆証書遺言が無効にならないために知っておきたい要件と理由

家族のためにと思って作成した自筆の遺言書、無効になったら嫌ですよね。ところが無効な遺言書が結構多いのです。ですから、自筆証書遺言を作成するなら必ず知っておきたい要件とやってはいけないことについて知り、有効な遺言書にしましょう。
相続

こんなケースなら遺言書が必要!遺産相続で困る9事例

相続人に大変な思いをさせるかどうかは遺言書を作成する本人次第です。遺言書なんて必要ないと思う前に、遺言書がなくて相続で大変な思いをする事例を知っておきましょう。
冠婚葬祭

お香典マナー~恥をかかないための香典金額と連名の注意点

お香典で恥をかかないために、お香典金額や連名でお香典を渡すときの注意点、香典返しの辞退の仕方など、一般常識として求められるお香典マナーについて知っておきましょう。
相続

遺留分で相続争い!財産ないなら考えておきたい遺産の行方

相続人には遺留分という最低限遺産をもらえる権利があります。この遺留分を巡って相続争いになるのは、我が家に財産なんてないと言う人が大多数。遺留分を知ることで今後の対策を考えるきっかけにもなります。
冠婚葬祭

あの世離婚!夫と同じ墓に入りたくない妻の今どきお墓選択

死亡してまで夫と一緒にいたくないという“あの世離婚”を望んでいるなら、実家のお墓に入れるのか、お墓を設けるとしてもどのようにお墓選びをすればよいのかなどを知っておき、対策できるようにしておきましょう。
暮らし

だから財産がもらえない!知っておきたい相続順位と相続ケース

誰が相続人になれるのかは相続順位で決められています。子供がいない、内縁などで財産がもらえない人、相続放棄で相続権が回ってきて借金や農地の相続で困る人。知らずに困らないようにしておきましょう。